【2022年7月】中国で実際に使えるおすすめのVPN5選を徹底比較!

VPN比較大学

種類が多すぎてどれが良いか分からない・・・。


この記事では中国で使えるおすすめのVPNをご紹介していきます。


▼中国で使えるおすすめのVPN10選

VPN比較大学

ExpressVPN
VyprVPN
Hide.me
Astrill VPN
PrivateVPN

ネット検閲をとにかく強化している中国ですが、おすすめVPNがあればサイトへのアクセスが決して不可能ではありません。

プライバシーが暴かれてしまうようなことだってなく、安全にネットを利用することができるでしょう。

厳しいネット検閲を前に役に立たないVPNも多数ありますが、おすすめ製品を選べば大丈夫です。

VPN比較大学

まずは中国で使えるおすすめのVPNの選び方を見ていきましょう!!

【裏技】VPNを使うことでYouTubeプレミアムが月額約127円になる方法

2022年3月現在は、VPNを利用しアルゼンチンサーバーから接続することでYouTubeプレミアムを最安で契約できます。

アルゼンチンであれば、業界最安のVPN利用料金のサービスを使うことが可能。

この方法でYouTubeプレミアムに登録すると、なんと月額約127円で利用できてしまいます!

>>VPNでYouTubeプレミアムを安くする方法はこちら

目次

中国で使えるおすすめのVPN|選び方

トップクラスのVPNを使用する

中国のネット検閲というのは世界一厳しいとされています。

だからこそ、多くのVPNが回避できなかったり全く歯が立たないということもあるのです。

ですがExpressVPNにAstillVPNなどトップクラスと称されるVPNであればグレートファイアウォールを回避することができます。

通信速度がとにかく早いものを選ぶ

中国ではインターネット通信自体が遮断される危険性は多々あります。

アプリもサイトもロードできない・空白ページしか表示されないといった状況に陥ってはいませんか。

そもそも通信速度の遅いVPNであれば、それが速度の問題なのか本当に遮断されているかの見極めなどすることができません。

サーバーがどこにあるかを確認して置く

中国はもちろん、香港や日本・シンガポールに台湾・ベトナムといった周辺の地域にもサーバーはありますか。

サーバー数が多いところはもちろん、少なくてもこれらの地域をカバーするVPNであれば、そこに接続して通信速度とパフォーマンスの安定性を確保することは十分可能なのです。

セキュリティ対策万全のものを選ぶこと

ただセキュリティ対策を行っていますといった程度ではだめで、軍事レベルともなるとにかく高度な暗号化が中国で使用を考えるVPNには必須なのです。

おすすめのVPN、いずれもAES256ビット暗号化によりデータは保護されていますが、これはアメリカ政府が使っているものなのです。

自動停止スイッチが付いているものを選ぶこと

インターネットサーフィンをしている途中で通信が途切れてしまう。

中国だとこういったトラブルが当たり前に起こるのです。

その際にデータも個人情報も漏洩させないために、自動停止スイッチがあるものを選ぶようにしましょう。

直ちに通信は遮断され、プライバシーを守ってもらうことができるのです。

VPN比較大学

次に、中国で使えるおすすめのVPNのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

中国で使えるおすすめのVPN|メリットとデメリット

中国で使えるおすすめのVPNのメリットとデメリットを紹介していきます。

デメリット

・地域によって規制の程度が異なる
・プロバイダによっても規制は異なる

メリット

・中国にいても厳しいネット検閲の網をくぐることができる
・中国にて高速でインターネットを利用することができる
・確実に接続することができる
・セキュリティ対策万全

VPN比較大学

それでは早速、中国で使えるおすすめのVPNを紹介していきます!!

中国で使えるおすすめのVPN|1番おすすめのVPN

ExpressVPN

ExpressVPNは、とにかく通信が早い、それにセキュリティ対策機能がしっかりしていて安心して使うことができます。

香港・日本・シンガポールを含め90か国に3000個以上のサーバーあり、どの国のサーバーに接続したとしてもとにかく高速であることはスピードテストの結果よりも明らかです。

中国で使えるおすすめのVPN|人気のおすすめ商品比較

VyprVPN

安全性に定評があるのがこちらです。

中国にてインターネットを利用したいという場合におすすめ、匿名性を確保することができます。

速度も上々、世界に700個以上のサーバーがありIPアドレス数は300000個以上、世界的に愛されているサービスなのです。

Hide.me

軍事レベルの暗号化が採用されており、徹底的にデータを隠してくれます。

サーバー数は40か国に2000個以上、常に速度が確保できます。

無料プランもあるもののドイツやオランダなど限られた地域のみ、中国だとあまりおすすめはできません。

いつもは通信が安定しているものの、時に遅いことはあるようです。

Astrill VPN

サーバー数は少なめな小規模なサービスですが、香港や日本・台湾など中国に近い地域にサーバーがありますから高速通信は期待できます。

自動停止スイッチあり、もしも接続が突然に途切れてしまったとしても情報が漏洩する心配はありません。

接続の不安定な中国で安心して使えます。

PrivateVPN

セキュリティ対策十分、高速通信もありとこの業界でも特に信頼されるVPNの一つです。

世界中に愛用者がいます。

サーバー数は200個、少なめですが中国各地の方が利用して安定した通信が得られることは確証済みです。

自由にサーバーを切り替えて、好みのサーバーが利用できます。

中国で使えるおすすめのVPN|まとめ

旅行や仕事で中国に出かけて行った際に、VPNがあれば快適なネット環境が保たれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる