【2022年9月】PCでおすすめのVPN5選を徹底比較!

VPN比較大学

種類が多すぎてどれが良いか分からない・・・。


この記事ではPCでおすすめのVPNをご紹介していきます。


▼PCでおすすめのVPN10選

VPN比較大学

ProtonVPN
hide.me
Hotspot Shield
Windscribe
TunnelBear

インターネットの接続時に改竄や情報の漏洩のリスクから守るための技術で、ルーターにvpn機能を搭載することで仮想の専用回線を構築することができるようになるからインターネット上での安全性が高まる。

vpnは安全に情報を送り届けるための装置だと思う。

VPN比較大学

まずはPCでおすすめのVPNの選び方を見ていきましょう!!

【裏技】VPNを使うことでYouTubeプレミアムが月額約127円になる方法

2022年3月現在は、VPNを利用しアルゼンチンサーバーから接続することでYouTubeプレミアムを最安で契約できます。

アルゼンチンであれば、業界最安のVPN利用料金のサービスを使うことが可能。

この方法でYouTubeプレミアムに登録すると、なんと月額約127円で利用できてしまいます!

>>VPNでYouTubeプレミアムを安くする方法はこちら

目次

PCでおすすめのVPN|選び方

安全に使える物

vpn機能を使う最大のメリットが安全にインターネット接続やインターネット上でのやり取りを行うことだと思うので、vpnを選ぶ上で安全面はすごく大切なことだなと思っています。

安全性を求めてvpn機能を使っているのに、そこから安全性を脅かされたら元も子もないのでしっかりと選ぶようにしています。

通信内容の暗号化ができる物

これもvpnに搭載されている機能のひとつですが、やっぱりvpn機能を使う上で必要なことだと思っています。

この機能がないと、インターネット上でのアクセス情報がわかってしまう危険性があるのですごく大切な機能だと思います。

この機能があるだけで安心感もあるのでおすすめです。

離れたところでも使える物

昨今、テレワークなどで自宅でインターネットを使用することも多いと思います。

そうした時に、自宅にvpn機能を搭載したルーターを設置することで自宅外にいてもLANを構築することができ、簡単にvpn機能を使うことができます。

物理的に離れていても使うことができるのでおすすめです。

情報統制国からでも使える

中国などではTwitterやInstagramは使えません。

なぜなら、政府の情報統制があるからです。

でも、vpn機能を使うことでインターネットの接続回線を暗号化することができるのでそういった国からでも安全に情報統制されたインターネットに接続することができます。

無料Wi-Fiにも接続できる

よく、街中にある無料Wi-Fiですが、不特定多数の人が使う物なので安全面に不安がありました。

でも、vpn機能を搭載することで街中にある無料Wi-Fiにも安全に接続できるようになります。

インターネットの接続回線を暗号化することができるので、情報漏洩のリスクが減ります。

VPN比較大学

次に、PCでおすすめのVPNのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

PCでおすすめのVPN|メリットとデメリット

PCでおすすめのVPNのメリットとデメリットを紹介していきます。

デメリット

基本的には有料
通信速度が遅くなるものもある

メリット

安全に使える通信内容の暗号化ができる。
離れたところでも接続できる。
情報統制国からでも使える

VPN比較大学

それでは早速、PCでおすすめのVPNを紹介していきます!!

PCでおすすめのVPN|1番おすすめのVPN

1番おすすめのVPNサービスは「NordVPN」

\ アプリダウンロード数No.1/

PCでの利用に1番おすすめなVPNサービスが「NordVPN」です。

ノーログポリシーが保証されているという安心があり、なおかつ通信速度も速いのが特徴です。

世界各地にサーバーがあるので、日本→海外サーバー、海外→日本サーバーという使用時にも快適です。

NordVPNでできること
  • 軍事レベルのセキュリティ
  • 世界各地のサーバーを利用できる
  • 通信速度も速く使いやすい

PCでおすすめのVPN|人気のおすすめ商品比較

TunnelBear

デザインのかわいらしさでついつい一目ぼれして選んでしまうという方は多いはずです。

日本語対応はしていないので注意は必要です。

また、利用するのにユーザー登録をしなければなりません。

1か月の無料通信量は500MBだけ、そのあたりを理解して使用しないと後悔します。

hide.me

30日間の無料期限があるため、まずは試してみて良かったら課金して使用するということにすればよいでしょう。

無料データ通信量1か月10GBとなっています。

使用する際にはユーザー登録をしなければなりません。

日本語対応しており、Windowsにandroid・Macなど対応OSも多数あります。

Hotspot Shield

ユーザー登録をしなくても使用することができます。

毎日500MBの無料データ通信量あり、ただし無料プランを利用するのであれば通信速度が2Mbpsと制限されているので注意が必要です。

また無料版の場合は、アメリカの1つのサーバーのみに接続することとなります。

Windscribe

端末数が制限されることがなく、Windowsにandroid・iOSにlinuxなど対応可能とされるOSも多いので使いやすいでしょう。

VPNサービス、使用するにはユーザー登録をしなければなりません。

無料でも使えるものの、それだと毎月のデータ通信量は2GBで速度も制限されます。

PCでおすすめのVPN|まとめ

安全にインターネットに接続することができるようになった。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる