ESPNを日本で見る方法はある?VPNを使った登録から視聴までの手順を解説

VPN比較大学

日本でもメジャーリーグやアメフトを観たい!

メジャーリーグ、アメフト、バスケットなど「アメリカの人気スポーツを、日本でも観戦したい人」は多いのではないでしょうか。

ESPNはアメリカで有名なスポーツ専門番組で、アメリカの人気スポーツを視聴できます。

ESPNを日本から視聴するためにはVPNサービスを利用する必要があります。

この記事を読んでわかること

日本からESPNを視聴する方法

ESPNでスポーツ番組を楽しみたい方は最後まで読んでください。

【裏技】VPNを使うことでYouTubeプレミアムが月額約127円になる方法

2022年3月現在は、VPNを利用しアルゼンチンサーバーから接続することでYouTubeプレミアムを最安で契約できます。

アルゼンチンであれば、業界最安のVPN利用料金のサービスを使うことが可能。

この方法でYouTubeプレミアムに登録すると、なんと月額約127円で利用できてしまいます!

>>VPNでYouTubeプレミアムを安くする方法はこちら

目次

ESPNはどういうチャンネル?

ESPNとは、「Entertainment and Sports Programming Network」の略で、アメリカで最も人気のあるスポーツ専門チャンネルです。

  • NFL(アメリカンフットボール)
  • NBA(バスケットボール)
  • MLB(野球)

などの人気のあるスポーツ中継は、とても多くの方に観られており、特にマンデーナイトフットボールは大変人気の番組です。

メジャーリーグは、日本人選手の活躍により観られる機会が増えましたが、アメリカンフットボール、バスケットボールは観られる機会は少ないですよね。

そのためスポーツファンにとってESPNはおすすめのスポーツ番組です。

ESPNは、アメリカからのみ視聴可能となっていますが、VPNサービスを利用すれば日本からでも視聴することができます!

VPN比較大学

アメリカのスポーツがスケールが違うので観てるだけで楽しめますよね!

日本でESPNを見るには?

VPNを使ってESPN Playerで見る

日本からESPNにアクセスしても「地域対象外」と表示され利用できません。

そのためVPN サービスを利用して視聴する必要があります。

VPNとは仮想のネットワークで、あたかも日本以外の別の場所からアクセスしたように見せかけることができます。

VPN接続後、ESPNにアクセスすると視聴が可能となります。

VPN比較大学

VPN接続はセキュリティ強化を目的に利用されることも多いです。

おすすめのVPNと登録方法

当サイトがオススメするVPNは、NordVPNです。

NordVPNは、通信速度が速くセキュリティも高いので安心して利用できます。

NordVPNは30日間無料トライアルがあるので、とりあえず使ってみても気に入らなければ解約すれば大丈夫です。

ここではNordVPNの登録方法について説明します。

STEP
公式サイトにアクセスしプランを選択

NordVPNメインページの「NordVPN を購入」を選択し、希望のプランを選んだ後「支払いに進む」を選択。

STEP
支払い方法とメールアドレス(アカウント)を入力

メールアドレスを入力し、お支払い方法を選択します。

最後に「続ける」をクリックしてください。

STEP
登録したアドレスに届いたメールからパスワード設定

NordVPNからメールが届くので、アクセスしてパスワードを設定してください。

STEP
NordVPNのダウンロード

パスワード設定を行うとダウンロードが開始されます。

「ファイルを保存」を選択肢、好きなダウンロード先を決めた後「Next」を選択。

STEP
NordVPNのインストール

インストール画面が出るので、「Install」をクリックします。

デスクトップにショートカットを作成したい場合、チェックボックスにチェックを入れ「Install」をクリック。

STEP
インストール完了

インストールが無事終了し、終了画面が表示されたら「Finish」を選択。

ログイン画面が表示されたら、設定したメールアドレスとパスワード入力しサインイン。

STEP
スマホやタブレッドで視聴する場合はアプリをインストール

スマホやタブレットで視聴する場合がアプリが必要です。

以下からのリンクからインストールできます。

NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する
NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する
開発元:Nordvpn S.A.
無料
posted withアプリーチ

NordVPNの使い方は以下の記事を参考にしてください。

VPN比較大学

年払いがお得ですが、不安という方は月払いからはじめてもいいかもしれません。

VPNを使ったESPN Playerの登録・視聴方法

【登録方法】

STEP
VPNサービスに接続

ESPNが視聴可能な地域のサーバーにアクセスします。

ESPNにアクセス可能なサーバー
  • ヨーロッパ
  • 中東
  • 南アフリカ
VPN比較大学

サーバーは複数用意されています。
繋がらない場合は、他のサーバーにアクセスしてください。

STEP
ESPN公式ページにアクセス

ESPN公式ページにアクセスしプランを選択します。

月払いもしくは年払いが選択でき、どちらも7日間無料で利用できます。

STEP
登録情報を入力

登録情報を入力します。

STEP
支払い方法の選択

支払い方法(クレジットカード、PayPal)を選択して「NEXT」をクリックします。

日本のクレジットカードが使えないとの情報はありません
NordVPNは30日間無料で使えるので、その間に支払いができるか確認することをおすすめします。

STEP
支払いが完了したら「CONTINUE」をクリック

支払いが完了すると「Success!」が表示されるので、「CONTINUE」をクリックしたら登録完了です。

【視聴方法】

ESPNのトップページアクセスし、上部メニューから視聴したい番組を選んでください。

VPN比較大学

VPNに接続すれば簡単に視聴できます。

他にもおすすめなVPN一覧

この記事でNordVPNを使った視聴方法について説明しました。

当サイトではNordVPN以外にも、以下のVPNサービスをおすすめしています。

どのサービスもノーログポリシー(閲覧履歴やIPアドレスの記録しない約束)を採用しているため、セキュリティ面で安心して利用することができます。

中でもNordVPNは通信速度にも定評があり、ストレスなく動画を視聴することができます。

VPN比較大学

迷ったらNordVPNにしておけば大丈夫です。

VPNを使う際の注意点

VPNは便利ですが注意していただきたいことがあります。

  • 無料のVPNサービスには注意が必要
  • VPNを正しく使う

それぞれについて詳しく説明します。

無料VPNは危険性が高い

VPNには無料のサービスもありますが、セキュリティが低く大切な情報を盗まれる可能性があります

VPNサービス会社は、VPNに接続中の情報を取得することが可能なため、悪用しとうと思えばいくらでもできてしまいます。

無料VPNはサーバーにお金をかけることができないので、セキュリティも脆弱なものが多いのも特徴です。

無料VPNは安く利用できる分、あなたの情報が悪用されるリスクが高いためやめておきましょう



本サイトがおすすめするNordVPNは、利用者も多く信頼性の高いVPNサービスです。

またノーログポリシーを採用しており、通信に使った情報を記録しないことを約束しています。

必要なときだけVPNに接続する

VPN比較大学

VPNって一体どんな場面で使えばいいの?

VPNという言葉に馴染みがない方は、このような疑問があると思います。

VPNが必要な場面とは、

  • 海外サイトの利用
  • リモートワーク
  • カフェなどのフリーWi-Fiに接続している

などの、主に「セキュリティ対策が必要」なときです。

VPNは仮想のネットワークを利用し、周りから情報を見えにくくする効果があります。

会社以外の場所で仕事する際、VPNに接続している方も多いのではないでしょうか。

自宅のWi-FiやカフェなどのフリーWi-Fiは、セキュリティ面に不安があり、場合によっては、支払いで入力したクレジットカード番号などの大切な情報が盗まれてしまう恐れも。

そんなときは、VPNサービスを利用することで安全にインターネットに繋ぐことが可能です!



しかしVPNにもデメリットがあり、VPNに接続すると通信速度が遅くなったり、スマホのバッテリー消耗が多くなったりします。

ですので、常時接続するのではなく、必要なときだけVPNに接続しましょう。

VPN比較大学

VPNは便利ですが、悪用される場合もあるので正しく利用したいですね。

日本にいながらESPNでスポーツ中継を楽しもう!

この記事では日本からESPNを楽しむ方法を紹介しました。

記事のポイントは以下のとおりです。

  • VPNサービスに申し込む
  • VPNに接続した状態でESPNにアクセス

VPNサービスを利用することで、ESPNを視聴することが可能です。

VPNの申込み方法は、以下の記事で紹介しているのでご覧になってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる