VPNとはどんな役割があるの?一般的なVPNの仕組みや個人向けVPNのおすすめを簡単に解説!

  • そもそもVPNって何?
  • VPNはどういうときに使うの?
  • VPNとはどんな仕組み?

海外出張によく行く人はVPNを使ったことがあるのではないでしょうか。

VPNという言葉は知っていても、具体的にどんなものか知らない人が多いと思います。

この記事を読んでわかること
  • VPNはどのようなものか
  • VPNの種類と特徴
  • VPNを利用する際の注意点
  • 個人で利用するおすすめVPNの紹介

この記事を読めば、VPNはどんなものか、おすすめのVPNについて分かります。

VPNを検討している方の参考になるので、ぜひ最後までご覧になってください。

【裏技】VPNを使うことでYouTubeプレミアムが月額約127円になる方法

2022年3月現在は、VPNを利用しアルゼンチンサーバーから接続することでYouTubeプレミアムを最安で契約できます。

アルゼンチンであれば、業界最安のVPN利用料金のサービスを使うことが可能。

この方法でYouTubeプレミアムに登録すると、なんと月額約127円で利用できてしまいます!

>>VPNでYouTubeプレミアムを安くする方法はこちら

目次

そもそもVPN接続とは?

VPN接続は特定の人だけが利用できる安全な通信技術の1つです。

VPNは仮想ネットワークで、通信を暗号化して外部から読み取れないよう通信網を構築します。

VPNとは

VPNは「Virtual Private Network」の略称

フリーWi-Fiなど公衆ネットワークはセキュリティが低く、情報を盗み取られるリスクが高いです。

公衆インターネット使用時にVPNを利用することでセキュリティリスクを軽減できます。

VPN比較大学

VPNを使えば安全にインターネットを利用できます。

VPNが必要になってくる理由

VPNが必要となる理由は主に2つあります。

  • 会社の情報を盗まれないため
  • 個人情報を守るため

それぞれについて詳しく説明します。

会社の情報を盗まれないため

VPNは専用のネットワークを利用するため、情報を盗み取られにくくなります。

会社以外の場所。自宅、カフェなど外出先ではセキュリティに不安があり、万が一会社で扱う大切な情報が盗まれたら大変です。

VPNは外出先でも社内ネットワークと同等の環境で通信が可能。

個人情報の漏洩を防ぐため

インターネットで買い物をする際、クレジットカード情報など個人情報を入力することがほとんどです。

しかし、パソコンで入力した情報は盗まれるリスクがあります。

特にカフェなどのフリーWi-Fiはセキュリティが低いため、情報漏えいが心配ですよね。

個人情報を守るためにもVPNの利用はおすすめです

大切な個人情報を守ることができる。



一般的に使われる4種類のVPNの仕組み・メリット・デメリット

VPN接続には4種類があります。

  • インターネットVPN
  • IP-VPN
  • エントリーVPN
  • 広域イーサネット

それぞれの特徴について説明します。

インターネットVPN

インターネットVPNは、インターネット上に仮想のネットワークを構築します。

インターネットの公衆回線を利用して接続するので、コストを抑えることが可能

公衆回線を利用するので、通信状況によっては速度が低下するなど通信品質に影響が出ることがあります。

また他のVPNと違い閉域網を使用しないため、安全性に劣るのが難点です。

閉域網とは?

インターネットから分離されたネットワークで、限られた利用者のみが使える通信網

NordVPNなど一般的に利用するサービスの多くはインターネットVPNです。

NordVPNは軍用レベルの256ビットAES暗号化を使用しているのでセキュリティが高い

IP-VPN

通信業者の閉域網を利用した接続方法です。

通信業者と契約者のみ利用でき、

  • 通信の安全性
  • 通信速度が遅くならない

というような特徴があります。

「安全性」「信頼性」が保証されますが、比較的高価なのが特徴です

エントリーVPN

エントリーVPNは、比較的安価な光回線を利用して閉域網に接続します。

通信事業者が回線を閉域網に接続するので、インターネットVPNより安全性が高いです。

ただし通信品質はインターネットVPNと同様で、通信速度はIP-VPNや広域イーサネットと比較して劣ります。

広域イーサネット

通信事業者独自の閉域網を利用するレイヤ2のVPN接続です。

レイヤ2で通信を行うと、物理的に離れたLAN同士を接続できるので柔軟性のあるネットワーク設計が可能となります。

IP-VPNよりも安全性、通信品質が高いですが、提供できる地域が狭く、回線費用が高いとうデメリットがあります。

VPN比較大学

企業、個人など利用する状況に応じた選択が必要です。


個人で使用する際のおすすめVPNと使い方

当サイトでおすすめしてるVPNはNordVPNです。

こちらではNordVPNの登録方法と使い方を説明します。

NordVPNと登録方法

STEP
公式サイトにアクセスしプランを選択

NordVPN公式ページにアクセスし「NordVPN を購入」を選択します。希望のプランを選んだ後「支払いに進む」を選択。

STEP
支払い方法とメールアドレス(アカウント)を入力

メールアドレスを入力し、お支払い方法を選択します。

最後に「続ける」をクリックしてください。

STEP
登録したアドレスに届いたメールからパスワード設定

NordVPNからメールが届くので、アクセスしてパスワードを設定。

STEP
NordVPNのダウンロード

パスワード設定を行うとダウンロードが開始されます。

「ファイルを保存」を選択し、好きなダウンロード先を決めた後「Next」を選択。

STEP
NordVPNのインストール

インストール画面が出るので、「Install」をクリックします。

デスクトップにショートカットを作成したい場合、チェックボックスにチェックを入れ「Install」をクリック。

STEP
インストール完了

インストールが無事終了し、終了画面が表示されたら「Finish」を選択。

ログイン画面が表示されたら、設定したメールアドレスとパスワード入力しサインイン。

STEP
スマホやタブレッドで視聴する場合はアプリをインストール

スマホやタブレットで視聴する場合がアプリが必要です。

以下からのリンクからインストールできます。

NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する
NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する
開発元:Nordvpn S.A.
無料
posted withアプリーチ

\ 今なら30日間無料!! /

NordVPNの使い方

以下の動画でも解説しているので参考にしてください。

YouTube
【VPNレビュー】2022年 最強のVPNはこれで決まり!?🔥【NordVPN】【ノードVPN】 2022 年のノードVPNについて深く考察を行ってみました。果たして、Nord VPNは2021年現在、最高のVPNプロバイダと言えるのか? 👉NordVPNはこちらからお得にゲット! ➜ http...
STEP
ログイン画面からサインイン

メールアドレスとパスワードを入力しサインイン。

STEP
利用したいサーバを選択

「国名を入力し検索」または「マップから探す」あるいは「QuickConnectを選択する」方法でサーバーを見つけ接続開始。

STEP
サーバーの切り替え

選択したサーバーの速度が遅い場合は、同国内にいくつもサーバーがある国であれば他のサーバーをSTEP2の方法で再度選択し接続。


個人でVPNを使うメリット

VPNは企業が使うものじゃないの?

このように思っている方もいるのではないでしょうか。

個人でVPNサービスを利用するメリット
  • 個人情報の保護
  • 海外の動画サイトでの視聴

個人でVPNを利用するメリットはあるので、こちらで詳しく説明します。

セキュリティの強化

近年は、買い物や銀行支払などインターネットでできるようになり、多くの個人情報をネット環境で送信しています。

フリーWi-Fiなどセキュリティが低い環境では、それらの個人情報が盗み取られるリスクがあります。

VPNを利用することで、個人情報を盗まれるリスクを軽減することが可能です

VPNは特定の人だけが使用する仮想ネットワークで、不特定多数の人が利用できないので、公衆ネットワークと比較し安全な環境と言えます。

VPNはフリーWi-Fiなどセキュリティが低い環境でも大切な情報を守ってくれる。

海外の動画サイトなども見られる

VPN接続すると、海外の動画配信サービスなどを利用することができます

  • 日本から海外の動画配信サービスなどを利用
  • 海外から日本のサービスを利用

各国で使用を制限しているサービスがあり、利用したいサービスが日本もしくは海外から利用できません。

VPNを利用することで、あたかもその国にいるかのように見せかけることができ、日本にいながら海外サービスを利用することが可能です。

VPNサービスを使った事例
  • 日本からアメリカや韓国などの動画配信サービスにアクセスし、最新ドラマを視聴
  • 海外から日本の動画配信サービス(アマゾンプライムビデオU-NEXT)などを視聴


VPNを使うときに覚えておきたいポイント

VPNを使い際に覚えおくべきポイントは以下のとおりです。

  • 安全なVPNサービスの利用
  • 無料VPNは安全性が低い
  • VPNが禁止されている国がある

それぞれについて詳しく説明します。

安全なVPNかをしっかり確かめる

VPNは安全にインターネットに接続できると説明しましたが例外があります。

「VPNサービス会社が通信履歴などを第三者に提供していた」といったケースが過去にありました。

無料VPNはセキュリティが脆弱なので避けるほうが無難です。


有料VPNでもノーログポリシー(通信情報を保存しない)を採用していないサービスは避けましょう

VPNサービスを選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 有料のVPNサービスを使う
  • 評判がいいものを使う(利用者が多いもの)
  • 通信記録を残していないVPNサービスを選ぶ
VPN比較大学

当サイトではNordVPNをおすすめしています。

無料VPNは危険性が高い

VPNには無料のサービスもありますが、セキュリティが低く大切な情報を盗まれる可能性があります

VPNサービス会社は、VPNに接続中の情報を取得することが可能なため、悪用しとうと思えばいくらでもできてしまいます。

無料VPNはサーバーにお金をかけることができないので、セキュリティも脆弱なものが多いのも特徴です。

無料VPNは安く利用できる分、あなたの情報が悪用されるリスクが高いためやめておきましょう



本サイトがおすすめするNordVPNは、利用者も多く信頼性の高いVPNサービスです。

またノーログポリシーを採用しており、通信に使った情報を記録しないことを約束しています。

違法行為目的でのVPN使用はしない

VPNの使用が認められた国でも、違法行為のためにVPNを利用したら当然違法となります

  • 不正ダウンロード
  • 不正アクセス

など一般的に認められていない行為はVPN使用有無に関わらず違法です。

VPN比較大学

VPNは正しい使用目的で使いましょう。

国によってはVPNの使用は違法

国によってVPNが禁止されています。

VPNが禁止されている国
  • 中国
  • ロシア
  • ベラルーシ
  • 北朝鮮
  • トルクメニスタン
  • ウガンダ
  • イラク
  • ベネズエラ
  • アラブ首長国連邦
  • オマーン

これらの国でVPNの使用は違法となります。

ただし実際には使用しているのが現状です。

VPN比較大学

禁止されている国があることだけは覚えておきましょう。


VPNを使って大切な情報をしっかり守ろう

この記事ではVPNについて説明しました。

記事のポイントは以下のとおりです。

  • VPNはセキュリティを向上させ安全にネットが利用できる
  • VPNサービスによっては安全でないものがある
  • VPNが違法の国がある
  • 海外の動画配信サービスを利用できる

正しく利用すれば「安全」「便利」にインターネットを利用することができます。

VPN選びに困ったらぜひ参考にしてください。

\ 今なら30日間無料!! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる