【こんなに便利なの?】首掛けスピーカーの『SONY SRS-WS1』をレビュー

SONY SRS-WS1 レビュー

最近テレビの音が聞き取りづらい・・・。
かといって音量上げると近所や家族から苦情が・・・。

 

SONY SRS-WS1はこんな悩みを解決してくれるアイテムです。

 

▼こんなメリットがあります

・ゲームや映画の迫力が出る
・声がハッキリ聞こえる
・耳が塞がらない
・遅延がない
・首掛けってまじで便利

 

音響を良くしたいけど、あまり音量を上げれない環境で困ってる方は多いんじゃないでしょうか?

 

SONY SRS-WS1は現状テレビ内蔵スピーカーを使ってる方にとっては、「音質」や「臨場感」が向上し、ながら作業にも使いやすいのでとても便利です。

 

結局のところ、サウンドバーって音量を絞るとセリフが聞き取りづらかったりするんですよね。

 

あまり音量を上げれない方にとっては、テレビ&首掛けスピーカーはかなりオススメな構成です。

 

それでは早速、SONY SRS-WS1をレビューしていきます!

 

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

肩にのせるだけ

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1はワイヤレスのスピーカーを肩にのせるだけの手軽さで、これまでにない音場と振動体感を実現。

アーチ形状とインナークッションにより、長時間の使用でも快適で安定した装着感です。

 

臨場感

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1はスピーカーから耳を包み込むように音が広がるので、臨場感たっぷりの映画やゲームを楽しめます。

 

パッシブラジエーター

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1は「パッシブラジエーター」を搭載し、映画やゲームなどのドラムやベース音と連動して振動が発生

耳に入る音と振動が一体になることで、まるでその場にいるかのようなリアルな感覚を味わえます。

 

ウェアラブルサウンド

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1は音が回り込むように響くスリット構造と、音の方向性を整えるスロープ形状のディフューザーの組み合わせにより、音に包まれるような臨場感をもたらします。

スピーカー下部には調音ダクトを配置することで、よりクリアな音質を実現。

 

2台まで同時接続可能

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1は1つの送信機に対してスピーカーは2台まで接続可能です。

 

特徴

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1は首にフィットするサイズ感で、7時間の連続使用が可能。

 

接続

SONY SRS-WS1|仕様と特徴

SONY SRS-WS1は付属のケーブルと送信機を接続することで、簡単に使用することができます。

Bluetooth接続ではないので、めんどくさいペアリングなどの作業も不要です。

*ケーブルを刺せばスマホにも使えますが、Bluetooth接続は一切できませんので注意が必要です。

 

▼付属品

・送信機
・充電台
・マイクロUSBケーブル2本
・専用オーディオケーブル
・光デジタルケーブル
・ACアダプター2個
・音声ケーブル

 

 

SONY SRS-WS1|レビュー

SONY SRS-WS1|レビュー

SONY SRS-WS1はヘッドホンやイヤホンより手軽に使えて、音量を上げることなく、しっかりとテレビや映画、ゲームなどを楽しめます。

型掛けスピーカーはストレスなく手軽に使えることが利点ですが、万能なアイテムではないので、用途に合うかしっかりとチェックしておきましょう!

 

良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!

 

使いやすさ

SONY SRS-WS1は首にかけるだけで、耳周りに一切ストレスがかからないのでとても快適です。

料理を作りながらでもしっかりとテレビの音を聞き取れますし、家族との会話も可能

ヘッドホンやイヤホンだと、せっかくリラックスして動画観てるのに、ポテチ食べるときの咀嚼音が不快なんですよね笑

ヘッドホンスタンドがあると、掛けたまま簡易スピーカーになりますし、充電の場所も取らないので便利です。

 

髪型も崩れない

 

音質

SONY SRS-WS1の音質は「テレビやスマホよりは断然良く」「同価格帯のヘッドホンなどには劣る」くらいです。

高音質で音楽を楽しむには向かないですが、テレビやゲームなどを楽しむには十分な音質です。

環境音と声がしっかりと分離されていて、声も聞き取りやすく、ゲームでは今まで分からなかった音も聞き取れます。

音楽鑑賞がメインで音質求めるなら、BOSEの首掛けスピーカーがおすすめです。

 

音質にこだわるなら、そもそもヘッドホン

 

サラウンド

SONY SRS-WS1はサラウンド感はありませんが、スピーカーと比較すると音の移動などはしっかりと聞き取れます

また、本体の先端から音が出る違和感が最初はありましたが、慣れてくるとしっかりと音の広がるを感じ、振動のお陰でかなりの臨場感を味わえます。

定位性はほぼないので、FPSよりモンハンみたいなゲームがピッタリです。

 

映画やアクションゲームが楽しくなる

 

遅延

SONY SRS-WS1は遅延が全くありません

Bluetooth接続ではなく専用の送信機を使用しているからですね。

BOSEの首掛けスピーカーは遅延が激しいので音楽鑑賞にしか使えないんですよね。

 

テレビやゲームに使うならSONYのやつ

 

音漏れ

SONY SRS-WS1は「耳元にスピーカーを置く」ような感覚なので、音は漏れまくりです。

ただ、音の分離がしっかりしているおかげで音量を上げなくても十分。しっかりとセリフなどを聞き取れます。

そもそも爆音派の方は用途が違うので、普通に使う分には問題ないレベルだと感じました。

 

これで「テレビの音がうるさい」って言われない

 

注意点・補足

光デジタルケーブルを使用するほうが音質が良くなりますが、PS4で使用する場合には、「音声出力設定」を「光デジタル出力」にしておきましょう。

音量を絞ると、振動も小さくなります。

本体が白いので、汚したくない方は専用カバー専用ケースを一緒に買うのもおすすめです。

 

説明書はこちら

 

総評

SONY SRS-WS1は現状テレビ内蔵スピーカーを使ってる方にとっては、音質も向上し、とても使い勝手のいいアイテムです。

耳周りの圧迫感がないことでとてもリラックスして使用でき、家族に煙たがられたり、近所迷惑になることもありません。

発売当初は人気で全く手に入らず5万円まで高騰してましたが、今では2万円程度で手に入るのも嬉しいですね。

 

新型・後継機も楽しみ

 

 

SONY SRS-WS1|メリットとデメリット

そんなQOL爆アゲなSONY SRS-WS1ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

・ヘッドホンの音質には劣る
・サウンドバーの迫力には劣る
・平置きだと地味に場所を取る

 

 

メリット

・振動で低音が強調されて迫力がある
・テレビがよりハッキリ聞こえる
・音の広がりが出る
・耳周りが塞がらない
・遅延と接続切れがない
・ながら作業にもピッタリ
・脱着不要でストレスがない

 

 

用途にハマるとまじで便利

 

 

SONY SRS-WS1|まとめ

SONY SRS-WS1|まとめ

個人的には家事をしながらでも、どこでもテレビや動画を楽しめるのがとても快適でした。

 

SONY SRS-WS1に慣れてしまうと、イヤホンやヘッドホンを「一旦外す」ことすらめんどくさく感じてしまいます笑

 

音質にもこだわりたい方はネックバンド型イヤホンがとてもおすすめです。

 

手軽にリラックスしながら、テレビやゲームを楽しむことができるスピーカーです。

 

▼こんな方におすすめ

・家族暮らし
・壁が薄い
・テレビの音が聞きづらい
・ヘッドホンが苦手
・ゲームが映画が好き

 

本日ご紹介したSONY SRS-WS1

テレビやゲームの音をもっと良くしたいんだよな~って方は是非チェックしてみて下さい👇

 

人気記事【まとめ】生活の質を向上するおすすめ贅沢家電

人気記事【まとめ】生活を快適にするおすすめ時短家電

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です