【レビュー】不具合は?SoundPeats H1の評価から使い方まで徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

余計な機能は要らないから、音質の良いイヤホンが欲しいなあ


SoundPeats H1はこんな悩みを解決してくれるイヤホンです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・無駄な機能はなく音質特化
・コスパ良し
・高級イヤーチップで装着感◎
・フィットするため遮音性◎
・生活防水で安心



SoundPeats H1は、上質な音とコスパの良さが特徴の、SOUNDPEATSのフラグシップモデルです。


デュアルドライバー搭載で、低域から中高域までバランスよく聞かせてくれます。


COMPLYのイヤーチップが標準で付属しており、お得感も◎です。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、SoundPeats H1をご紹介していきます!

SoundPeats H1|仕様と特徴

デュアルハイブリッドドライバー

SoundPeats H1は、Knowles社の高性能バランスド・アーマチュアドライバーと8.6mmのダイナミックドライバーを搭載。

通常のイヤホンはシングルドライバーですが、SoundPeats H1は、低域を得意とするドライバーと、中高域を得意とするドライバーの二基を搭載しています。

これにより、原音に忠実な再現性を実現しています。

独自のクロスオーバーシステム

SoundPeats H1は、SOUNDPEATSが独自開発した音質向上技術「クロスオーバーシステム」を採用。

種類が異なる2基のドライバーの特性にあわせて周波数帯域を分割し、高・中・低の三音域をバランスよく分離させることで、音質を飛躍的に高めています。

aptX Adaptive

SoundPeats H1は、aptX Adaptive対応で接続が安定。

その場の電波状況やデータ量に応じて転送ビットレートを可変させる技術を用いることで、安定して遅延の少ない接続環境を実現しています。

遅延がないため、ゲーム用途でもストレスフリーです。

超ロングバッテリー

SoundPeats H1は、たった1時間半でフル充電が完了し、最大40時間も使用できます。

イヤホン単体でも最大10時間使用でき、ケースの充電が満タンの場合、イヤホンは約3回のフル充電が可能です。

外出先でも、充電残量を気にせずにリスニングを楽しめます。

COMPLY メモリーフォーム

SoundPeats H1は、イヤーチップに「COMPLY メモリーフォーム」を採用。

イヤーチップ界のグローバルリーディングカンパニーCOMPLYの高級イヤーチップで、装着感はお墨付きです。

さぶろぐ
さぶろぐ

仕様を把握したところで、口コミや評判をチェック

SoundPeats H1|口コミと評判

良い口コミ・評判

【デザイン】落ち着いていて好きなデザインです
【高音の音質】きらびやかさはないですがシャリつかずそこそこ
【低音の音質】多少ボワついてるけど他の音を潰さない良い低音だと思います
【フィット感】外耳道が痛くもならないし落ちることもないので良いです
【外音遮断性】ノイキャンがないのでうるさい所では使えないです
【音漏れ防止】そんな大音量で鳴らさない限りほぼ気にならないと思います
【携帯性】ケースも結構大きいので携帯性は良いとは言えません
【総評】そこそこ音質が良く、バッテリー持ちもGOOD、ワイヤレス充電も出来てイヤホン自体は☆4かな。

価格.comより引用

2.5-3万円クラスと比べてしまうと、さすがに全体的な深みと中音域の瑞々しさが足りない。
ただ、同価格帯で売れ筋のANKERは、音質に限れば比較にもならない。
最近買ったTechnics EAH-AZ60と比べると、3分の1の値段なのにジャンルによってはほとんど差を感じないこともある。
どの音もクッキリとして方向と距離感も感じられ立体的、音楽にしろ映画にしろ躍動感があり、聞いていてワクワクする。
ノイキャンや外音取込はないが、音質重視で選ぶなら、他の有名メーカーの2万円以下はすべてスルーしてこれを買うべき。

価格.comより引用

DD+BAのダブルドライバーの割にお安めで新型チップで接続性能も良好だと思い購入しました。
8990円でしたが、この金額でこれなら個人的にはお買得でした。
2年近くで1万円までのTWSイヤホンを8個買いましたが、これが今の所一番音質は良いですね。
soundpeatsはこの後ANCのあるH2というのも買いましたが、あと半年程したら次は2万円までのランクアップしたTWSを買おうと今の所考えてます。
戻りますが、ANCなしで1万円以下で音質優先なら今の所これが良いのではと思います。

価格.comより引用

SoundPeats H1の良い口コミや評判を見てみると、「同価格帯では良い音質」「立体的で躍動感がある」「高音域がシャリつかない」と音質を評価する声が多数ありました。


ノイズキャンセリング機能等を省いて価格を抑えた分、音質には妥協しない、という製品コンセプトが評価されているようです。


「落ち着いたデザイン」「バッテリー持ちが良い」という点も好評でした。

さぶろぐ
さぶろぐ

肝心の音質を評価する声が多数ありました!


悪い口コミ・評判

ゲームモード。
まともにAptX Adaptiveでプレイ可能なアプリならほとんど効果は感じられません。
SBCやAAC接続時に効果を体感できます、が音質の劣化と接続安定性の低下がヤバいです。
接続の安定性も悪くなり、顔の前にスマホがあるのに途切れることもよくあります。

価格.comより引用

ケースは平均的な大きさです。
イヤホン本体はロングライフですが、ケースはあまり持たないような?
一発充電すると、ほとんどバッテリー残量がありません。
ケースは、USB-C PD充電機につなぎっぱなしになりそうです。
まあ、性能のわりにお安いので、予備機もまとめて買ってもよいと思います。

価格.comより引用

SoundPeats H1の悪い口コミや評判を見てみると、「ゲームモードでの接続安定性が悪い」という口コミがありました。


ゲーム用途に購入を考えている人は、使用環境に注意したほうが良さそうです。


「ケースのバッテリーがあまり持たない」という口コミもありました。

さぶろぐ
さぶろぐ

ゲームモードでは接続の不安定化や音質の低下を感じる人も


SoundPeats H1|レビュー

音質

SoundPeats H1は、とても良い音質で、同価格帯のものと比べてもコスパよく良い音が手に入るでしょう。

ドライバーを二基搭載しているため、低域から中高域までバランスよく鳴ってくれます。

シャリつきのない伸びの良い高音と、こもった感じのないキレの良い低音で、全体を通してクリアな音が楽しめます。

フィット感

SoundPeats H1は、コンプライ社製のイヤーチップが付属されています。

このイヤーチップは、イヤホンの装着感を高めるために数千円かけて別売りで購入する人もいるほど、人気のものなので、付属されているのはかなりお得です。

もちろんフィット感は抜群です。

接続について(ペアリング)

SoundPeats H1は、aptX Adaptive対応のため、通常使用において接続は安定しており、音切れも気になりません。

一方で、ゲームモードにすると少々音切れが気になるので、ゲームモードには過度の期待は禁物です。

遮音性(音漏れ)

SoundPeats H1は、アクティブノイズキャンセリング機能が無いため、無音とはいきませんが、イヤーチップの密閉性の良さから遮音性は高い方です。

その分音漏れもしづらく、大音量でなければ問題ないでしょう。

マイク性能

SoundPeats H1は、デュアルマイクノイズキャンセル機能(通話用のマイクとは別にノイズキャンセル用のマイクを内蔵)を搭載しており、クリアでノイズの少ない通話が可能です。

ビジネスシーンでの通話やオンライン会議にも活躍してくれそうです。

SoundPeats H1|使い方

ペアリング(接続方法)

ケースからイヤホンを取り出す

自動的に電源ONになります

タッチセンサーを6秒間長押しして、ペアリングモードにする

接続端末のBluetoothをONにして、「SOUNDPEATS H1」を選択する

PC接続

SoundPeats H1は、Bluetooth対応のPCであれば、接続が可能です。

Bluetooth非対応のPCの場合でも、Bluetoothアダプターを使用すれば接続することができます。

片耳使用

SoundPeats H1は、片耳使用が可能です。

片方を外しても、ミラーリングされたもう一方はスマホの接続を引き継ぐため、片耳使用ができます。

省エネの効果があるため、充電があまりないときにもオススメの使い方です。

初期化

SoundPeats H1のペアリングがうまくできなかったり、操作に不具合が生じたりした場合は、一度本機を初期化(リセット)しましょう。

初期化の手順は、以下の通りです。

イヤホンをケースに収納する
左右のマルチファンクションボタンを同時に10秒間長押しする

LEDインジケーターが白色に2回点滅したら、リセットは成功です

SoundPeats H1|よくある疑問

おすすめのイヤーピースは?

SoundPeats H1には、音質やフィット感が向上すると評判の、コンプライ社のイヤーピースが標準で付属されています。

こちらで十分に満足できるかと思いますが、どうしても耳に合わないという方には、SpinFit CP360などもオススメです。

不具合はある?

SoundPeats H1は、ゲームモードの場合、「ゲームの種類によって遅延や音質低下が起きた」という口コミがありました。

また、「片耳が聞こえない」「片耳の充電ができない」といった不具合を経験した人もいるようです。

メーカー保証が1年間付いているため、不具合が生じた場合は、メーカー問い合わせ窓口に連絡してみましょう。

ゲームモードやノイズキャンセリングはある?

SoundPeats H1には、ゲームモードがあります。

左耳側のマルチファンクションボタンを3回タップすると、ゲームモードに切り替わります。

アクティブノイズキャンセリング機能は付属していませんが、その分COMPLYのイヤーチップを採用することで、物理的に遮音性が高められています。

販売店はどこ?最安値は?

SoundPeats H1は、上記いずれでも同様の価格で購入できますが、なかでも、アマゾンギフト券へのチャージでポイント還元率の高いAmazonでの購入がオススメです。

説明書

SoundPeats H1の取扱説明書はこちらから閲覧できます。

SoundPeats H1|メリットとデメリット

音質良好なSoundPeats H1ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・ゲームモードの接続安定性△
・ケースの充電が持たない
・不具合の報告あり

メリット
・無駄な機能はなく音質特化
・コスパ良し
・高級イヤーチップで装着感◎
・フィットするため遮音性◎
・生活防水で安心

さぶろぐ
さぶろぐ

デザインも機能もシンプルで、無駄がないイヤホンだね!


SoundPeats H1|安く買うには?

Amazonって注文したらすぐ届くし本当に便利なんですよね。

せっかくならお得に買い物できるテクニックを使って欲しいアイテムを賢くゲットしちゃいましょう!

\ 1番お得な支払方法 /

アマゾンチャージを試してみる
さぶろぐ
さぶろぐ

Amazonでお得に買い物をする方法はこちらで解説しています。


SoundPeats H1|まとめ

SoundPeats H1は、コスパよく上質な音が手に入るとの評判を聞いて手に取りました。


今までカナル型イヤホンは耳穴に合わないことが多く、そのたびに別でイヤーチップを購入して付け替えていましたが、SoundPeats H1は、COMPLYのイヤーチップが付いていてお得ですね!


ノイズキャンセリング機能が無くても、イヤーチップのおかげで適度に外音をシャットダウンしてくれて満足です。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・イヤーピースにはこだわる
・多様なジャンルの音楽を聴く
・最新の機能にはこだわらない
・装着感は大事
・自然な音が好き


本日ご紹介したSoundPeats H1

上質な音とコスパの良さが好評のワイヤレスイヤホンに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【レビュー】ペアリングできない?ag TWS08Rの評価から使い方まで徹底解説!!【レビュー】ペアリングできない?Klipsch TRUE WIRELESSの評価から使い方まで徹底解説!!【レビュー】ペアリング方法は?MASTER DYNAMIC MW07PLUSの評価から使い方まで徹底解説!!【レビュー】ペアリングできない?Jabra Elite Sportの評価から使い方まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)