【徹底比較】子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない…..


この記事では子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルをご紹介していきます。


▼子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

ZOJIRUSHI 電気ケトル CK-DA08.10
Amadana 温度調節機能付き電気ケトル
アイリスオーヤマ Jar pot
ティファール ジャスティンプラス
Pigeon 調乳ポット かんたんミルクつくり
ZOJIRUSHI マイコン沸騰VE電気まほうびん 優湯生
タイガー わく子
リデケトル
SIROCA 温度調節電気ケトル
アイリスオーヤマ ガラスケトル

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルであると、子供が危ない思いをすることがないので安心して使うことができます。

子供はいろいろなところを触りたがるため、電気ケトルに関しても同じことが言えるのです。

安全性の高いものだと危険を回避できるので、子供が安心して使える電気ケトルを選んでみてはいかがでしょうか。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは、子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルの選び方を見ていきましょう!!

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル|選び方

早く沸騰できるものを選ぶ

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルの選び方としては、早く沸騰できるものを選ぶと便利です。

子育てをしている時にはちょっとした時間も大事にしたいですね。

そんな時お湯が必要と思う時に、さっと沸かせる電気ケトルがあると時間を有効に使うことができて助かります。

蒸気が外にでないものを選ぶ

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルの選び方としては、蒸気が外にでないものを選ぶことが大切です。

使っていて蒸気が出ていると、そこでやけどを知ってしまう危険性があります。

大人の場合は注意をすることができますが、子供が不注意が多いのでそんなことから蒸気がでないと安心です。

本体が熱くならないものを選ぶ

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルの選び方としては、本体が熱くならないものを選ぶことが大切です。

その本体を触ることもあるからです。

熱くなってしまうとそこに触りやけどをする恐れがあります。

本体をできるだけ子供の手が届かない場所におくことも一つですが、それプラスこのような機能があると助かります。

転倒した時に外にこぼれないものを選ぶ

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルの選び方としては、転倒した時に外にこぼれないものを選ぶことが大切です。

子供はいろいろなものを触ることがあり、動いていて電気ケトルに当たることもあります。

その時こぼれにくいものだと、それだけやけどのリスクを回避することができます。

機能がシンプルであるものを選ぶ

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルの選び方としては、機能がシンプルであるものを選ぶことが大事です。

複雑な機能である場合は子供が使うことができません。

また、複雑である、間違ってしまうことも考えられます。

シンプルに直ぐに理解しやすいものだと、さっと使えて便利ですよね。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル|メリットとデメリット

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・湯沸し時間が早い
・転倒した時にお湯がこぼれにくい
・本体が熱くない
・蒸気が外に出ない

デメリット

・値段が高い
・どこでも販売していない
・重たい
・保温時間が短い

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルと選び方を紹介していきます!!

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル|『さぶろぐ』のイチオシ

ZOJIRUSHI 電気ケトル CK-DA08.10

安全設計に清潔性をプラスしたケトルとして売り出されたこちらは、本当に子育て家庭に強い味方です。

注ぎ口がホコリをブロックしてくれて、安心なのはもちろんですが、子供が倒してしまった時やぶつかって落としてしまった際にお湯漏れ防止構造になっているのでもしもに備えられていい商品です。

お湯を作り忘れた際にも早く沸騰してくれます。

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル|人気のおすすめ商品比較

Amadana 温度調節機能付き電気ケトル

よくある商品とは違ってこの商品はなんと1度単位から温度調整が可能となっております!その幅は60℃〜100℃までで、ミルクを作る際の調乳時には70℃〜90℃で。

離乳食時期になったら60℃にして混ぜこめます。

何より電気ケトルなのに、シンプルでスタイリッシュなデザインがインテリアに馴染みます。

アイリスオーヤマ Jar pot

調乳ならこれがオススメです。

なんといっても沸騰殺菌してくれた後、70℃に保温してくれる機能付きです。

やや本体は重たいので子供がイタズラしにくいのも魅力的なポイントです。

2・2リットル入る大容量なのも素晴らしく、数度沸かさなくても一日に1回お湯を作ればササッといつでも70℃のお湯が出てきます。

ティファール ジャスティンプラス

お湯の容量は1.2リットル入り、そこそこ多いお湯を保温しておくことができます。

1番の魅力は空焚き防止機能がついていることです。

ついつい赤ちゃんが泣いていると後回しにして空焚きしてしまうこともあって、危険がありましたがこの機能があれば安心して赤ちゃんに向き合える時間が増えると思います。

Pigeon 調乳ポット かんたんミルクつくり

名前の通り調乳だけに適した電気ケトルです。

ただ、他の調乳ポットとは違い保温だけじゃなく、お湯をスイッチ1つで沸かすことができます。

これが結構有難くて赤ちゃんのお世話で時間が経ってしまい、「またお湯を温め直し…」なんてことが起きないのが特徴です。

ZOJIRUSHI マイコン沸騰VE電気まほうびん 優湯生

まず、お湯の保温温度が70℃、80℃、90℃、98℃で調整でき、100℃を超えるとミルクの栄養を壊すのでそれを防いでくれる設定があることです。

何より、ゆっくり給湯ボタンがあり、10ミリリットル事の少量ずつお湯をたさなければいけない調乳にとても活躍してくれます。

タイガー わく子

容量は600ミリリットルと少なめですが、ケトル自体が熱くなりにくい本体二重構造があり、もしも子供が触れてしまっても火傷しにくいので安心ポイントです。

そして、この商品は蒸気レスが特徴なので熱い蒸気が出ず、もしもの危険性を減らしてくれます。

リデケトル

この電気ケトルは50℃から100℃までの八段階の温度調節が可能で、調乳から離乳食への切り替え、その後のお料理等幅広く、長く使える電気ケトルです。

見た目がスタイリッシュで、注ぎ口が細くなっているので小さい口の哺乳瓶にとても注ぎやすい形状になっています。

SIROCA 温度調節電気ケトル

容量は800ミリリットルと少なめで、見た目は紅茶ポットに似ています。

温度調節はもちろんのこと自動的に保温してくれるので、ポットと違い放置できるのも魅力的なひとつです。

蓋が完全に取り外せるタイプなので、きちんと洗えて赤ちゃんでも安心して飲ませることができます。

アイリスオーヤマ ガラスケトル

お湯の容量が1.5リットルと超大容量なのが魅力的なケトルです。

沸騰と保温の両方を自動でしてくれて、なおかつ保温温度も60℃から95℃まで5℃刻みで細かく設定できます。

沸騰温度は60℃から100℃まで同じく5℃刻みです。

空焚き防止機能がついているのもいいですね。

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトル|まとめ

子供も安全に使えるおすすめの電気ケトルを選ぶと、危険を回避できる効果があります。