【口コミ】どれがおすすめ?リバーライトフライパンの評判を徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

鉄製で軽いフライパン無いかなぁ


リバーライトフライパンはこんな悩みを解決してくれる鉄製フライパンです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・鉄フライパンの<軽量>タイプ
・おいしく調理できる
・多少乱暴に扱っても平気

・さびにくい
・手入れが楽
・長く使える



リバーライトフライパン扱いやすさ・軽さにこだわって作られた鉄製のフライパンです。


オーソドックスで昔ながらの温かみがあり、機能の面でも優秀で、耐久性が高く長く使用できるのがメリット。


取っ手が外せるようになっていて、老朽したら新しく交換することが出来ます。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、 リバーライトフライパン をご紹介していきます!

リバーライトフライパン |仕様と特徴

鉄フライパンなのに軽量

リバーライトフライパン は扱いやすさにこだわった超軽量の鉄フライパンです。

24㎝サイズはわずか0.83kgで、20㎝においては0.558kgで500mlペットボトルとほぼ変わらない重さ。

レビューでも「今まで使ってきた鉄フライパンの中で一番軽い!」とのコメントもありました。

おいしく短時間で調理

リバーライトフライパン は鉄製のため、熱伝導率が良いのが特徴。

そのため食材の持ち味を生かし、食感良く短時間で調理することが可能です。

錆びにくい

リバーライトフライパン は錆を防ぐために窒素加工を施しています。

航空機にも使われる表面加工方法で、高い耐腐食性がありサビにくいです。

金属ツール使用OK

リバーライトフライパン はコーティングレス。

コート剤を施していませんので、金属製のフライ返しや菜箸も使用可能

持ち手が交換できる

リバーライトフライパン の持ち手は簡単に取り換えることが出来ます。

劣化したり汚れが気になってきたら、交換することが出来るので、汚れを気にせず長く使い続けることが出来ます

さぶろぐ
さぶろぐ

仕様を把握したところで口コミをチェック

リバーライトフライパン|口コミと評判

良い口コミ・評判

まず使う前に、油を湯水のごとくフライパンに注ぎ入れ、油ならしをしましょう。笑

これがキモだと思いました。
鉄なべをつかうのはハードルが高いと思い込んでおり、ずっと購入を躊躇していましたが、
いろんなテフロンを使っては捨て使っては捨てのループに嫌気がさし、意を決して試しに買ってみました。
油ならし、油かえしは必要ですが、この作業をしたせいか、不快感なく使えます。

卵焼きもおいしいです。

多少こびりついても湯沸かしの湯とササラでとれてます。
こんなに鉄フライパンが使いやすいとは。もっと早く使えばよかったです。

Amazonより引用

主人が鉄のフライパンがどうしても欲しいとの事で購入。

鉄のフライパンは手入れが大変というイメージでしたが全く違っていました。

油返しして使用して、使い終わったら熱いうちにサッサっと水洗いしてふきあげたら終了です。

このポイントさえ守ればいつも快適に使用できます。

何よりテフロン加工で調理したときとの出来上がりの差が格段にあがります。

はじめて炒め物をした時はびっくりするくらい美味しいと感じました。

また、このフライパンは鉄とは思えないほど軽いです。

ちょっと持ち手が太いかなっとは思いますが、全くこびり付かず

ギョーザも羽根つきで程よい焼きめで最高でした。

Amazonより引用

料理面での違いは、当初はそれほど感じられませんでした。
けれど数量の都合で大量のハンバーグを某〇〇コートフライパン(購入金額はリバーライトより高額)と一緒に焼いたのですが、ふっくら度が全然違いました。

そして見た目だけでなく、味も食べ比べると全然違いました。
日々の使用では気づけませんでしたが、同時に同じものを調理する事によって、鉄フライパンのチカラを感じることができました。

Amazonより引用

リバーライトフライパン の良い口コミや評判を見ていくと、軽さに驚いた、というコメントが多い印象。


また、初心者でも簡単に扱える手軽さが魅力という声もあります。


なにより料理が今までよりふっくらジューシーに美味しく出来た、と性能を絶賛する評価が多いです。

さぶろぐ
さぶろぐ

鉄とは思えない軽さ


悪い口コミ・評判

買って3カ月ほど経ちましたが、油が染み込んでいる様子は無いです。

勿論、たわしだけで洗っていますし、洗った後には油を薄く引いているのですが。

たまに、焦げ付く時が有るのは鉄フライパンを熱する時間と油投入が上手く出来ていないからでしょうか。

重さは鉄フライパンにしてはメチャ軽いです。

育てている感じが有るので買って良かったとは思います。

Amazonより引用

やはりちょっと重いです。

Amazonより引用

リバーライトフライパン の悪い口コミや評判を見ていくと、思ったより重い、という声がちらほらあります。


しかし16㎝タイプで重量400グラムからサイズ展開があり、重さが気になる方もサイズ選びを慎重にすることで快適に料理を楽しむことが出来ます。

さぶろぐ
さぶろぐ

使用前のお手入れで焦げ付きを防げます


リバーライトフライパン|使い方

効果的な使い方(初めてご使用になる前)

中性洗剤で内と外を洗います

リバーライトフライパンを中性洗剤を使い、スポンジで内側と外側を良く洗います。

すすいで火にかけ水分を飛ばします(中火)

リバーライトフライパン を水ですすぎ、中火にかけ水分を飛ばします。

油を入れます(中火)

リバーライトフライパン にお玉1杯分の油を入れて、フライパンを回し肌に馴染ませます。

少し油煙がたったら火を消します

十分に熱せられ、油煙がたったら火を消し、油をオイルポットに移し、サッと拭いて準備完了です。

おすすめレシピ

沢山のレシピ動画が公式サイトに掲載されていますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

お手入れ

使用後すぐお湯を入れます

リバーライトフライパン の使用後、すぐに給湯器等から熱いお湯を入れてください(火傷にご注意ください)

洗剤を使わず洗います

ある程度お湯で汚れを落とした後、たわしやスポンジで擦り洗いします。

水ですすぎ火にかけて水分を飛ばします

洗い終わったら水で良くすすぎ、フライパンを中火にかけて水分を半分程度飛ばします(残った水分は余熱で飛ばします)

熱が冷めたら収納します

リバーライトフライパン|おすすめの種類比較

16㎝

リバーライトフライパン 16センチは重量わずか400グラム、女性でもお子様でも扱いやすい軽さです。

20㎝

リバーライトフライパン 20㎝は重量は500mlペットボトルとほぼ同じ558グラムです。

24㎝

リバーライトフライパン 24㎝は 重量は649グラム 、2人暮らしの料理を作るのにおススメのサイズです。

結局どれがおすすめ?

  • 女性・お子様が使いやすい・サブ用フライパン・・16㎝
  • 1人暮らしの方・・20㎝
  • 1人~2人暮らしの方・・22㎝

リバーライトフライパン|よくある疑問

焦げ付く?

リバーライトフライパン は焦げ付きにくいフライパンだと口コミの多くが評しています。

焦げ付きを防ぐため、使用前の油ならしは必ず行ってください。

寿命は?

リバーライトフライパン など鉄フライパンは大事に使えば50年~100年もの長い間使い続けられます。

販売店はどこ?最安値は?

リバーライトフライパン 22㎝の最安値はAmazonで、しかも公式が扱っている商品ですので安心して購入できます。

取扱説明書は?

リバーライトフライパン の取扱説明書はこちらです。

最小限の手間と時間でおいしい料理を作るには?

献立を考えて、買い出しをし、下ごしらえして料理、余った物は保存・・・。

家事の中でも大きな割合を占める食事の支度は、毎日のことなのでかなりの負担ですよね。

そんな負担を軽くしてくれるのが、レシピと必要な食材がセットになった宅食サービスOisix

週に1~2回利用するだけでも心と身体の負担をぐっと減らしてくれるし、なによりおいしいんです。

初回限定お得なキャンペーンを随時行っているのでぜひお試しを!

リバーライトフライパン|メリットとデメリット

軽量の鉄フライパン リバーライトフライパン ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・使用前の準備が必要
・火の通りが早く目を離せない
・調理後は洗剤を使えない

メリット
・鉄フライパンの<軽量>タイプ
・ふっくらジューシーに調理できる
・多少乱暴に扱っても平気

・さびにくい
・手入れが楽

・持ち手が交換できる

さぶろぐ
さぶろぐ

扱いやすい一生ものの鉄フライパン


リバーライトフライパン|安く買うには?


Amazonって本当に便利ですが、なんとなく使っている方がほとんどなんですよね。

特にアマゾンギフト券でのポイント付与はあまり浸透してなくて、知らないうちに損してる方も多いはず。

初回限定で1000円貰えるキャンペーンも開催中なので、合わせてチェックしてみて下さい。

【1分でできる】アマゾンチャージで1000円分貰えるキャンペーン


リバーライトフライパン|まとめ

リバーライトフライパン はびっくりするほど軽く、調理も今までより格段に美味しく出来て感動です!ずっと使い続けます。


ある程度乱暴に扱っても大丈夫で 、しかも「ほんとうに鉄のフライパン?」と疑ってしまう程軽量なので、、毎日使い倒しています。


面倒かなと思っていた料理後のお手入れですが、お湯をかけて流して乾かすだけで良いので、今までの物より手入れが楽で、面倒くさがりな私には最適でした。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・軽い鉄フライパンを探している
・金属ツールをガシガシ使いたい
・フライパンの買いかえが面倒

・長く使い続けられるものが良い
・おいしい料理を食べさせたい
・手早く料理を作りたい


本日ご紹介した リバーライトフライパン

鉄製の軽量フライパンに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【口コミ】焦げ付く?RoyalVKB フライパンの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】最高の卵焼き!!レミパンの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】結局どれがおすすめ?ニトリのフライパンの評判を徹底解説!!【口コミ】くっつく??ビタクラフト フライパンの評判から使い方まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)