【ゲームをもっと楽しく】キルレが上がるRazer Krakenをレビュー

Razer Krakenをレビュー

どこから殺されたか分からん・・・。
足音や環境音を良くしてキルレを上げたい・・・。

 

Razer Krakenはこんな悩みを解決してくれるアイテムです。

 

▼こんなメリットがあります

・キルレが上がる
・音質が良い
・迫力、臨場感が出る
・マイクが良い
・フィット感がいい
・オシャレ
・蒸れにくい

 

Razer Krakenは気になってる方は、今まで安価なヘッドホンを使っていたり、なんちゃって7.1chにガッカリした方じゃないでしょうか?

 

7.1chって音質がめちゃくちゃ悪いんで、中途半端なのを買うと逆に定位性が落ちるんですよね。

 

Razer Krakenは5.1ですが、音質が良く、しっかりとゲームに最適化されているので、足音などの定位性も高いです。

 

コストに見合わない7.1chを捨てた、まさにコスパ重視のヘッドホンです。

 

それでは早速、Razer Krakenをレビューしていきます!

 

Razer Kraken性能と特徴

ドライバー

Razer Kraken性能と特徴

Razer Krakenはカスタムチューニングされた50 mmドライバで臨場感のある低音とクリアなサウンドを実現。

しっかりと足音を聞き取り、爆発音など迫力のあるシーンを臨場感たっぷりに再現します。

 

冷却ジェル注入型イヤークッション

Razer Kraken性能と特徴

Razer Krakenのイヤーパッドには冷却ジェルが注入されており、不快な蓄熱を抑えます

レザーレットのリムは優れた遮音性を実現し、楕円形の形状で耳に心地よくフィットします。

 

格納できる単一指向性マイク

Razer Kraken性能と特徴

Razer Krakenのマイクは単一指向性で、ボタンクリックやキーボードなどのカチャ音を抑制します。

マイクは格納式で調節が簡単、引っ張り出して距離と位置の調整が可能です。

 

アイウェアチャンネル

Razer Kraken性能と特徴

Razer Krakenは両側が圧縮タイプのイヤークッションになっているため、メガネをかけても痛くならず、頭部にも負担がかかりません。

 

パッド付きボーキサイトアルミ製フレーム

Razer Kraken性能と特徴

Razer Kraken のボーキサイトアルミ製フレームは軽量で柔軟性があり、非常に優れた耐久性です。

ヘッドバンドのパッドに厚みがあることで、頭部にかかる負担が減り、長時間の使用も快適です。

 

3.5mmヘッドフォン端子

Razer Kraken性能と特徴

Razer Krakenのマイクミュートや音量調整は、ケーブル上にあるインラインリモコンで簡単に素早く行えます。

接続は最も一般的な3.5mm(4極)ステレオミニヘッドフォン端子を使用しており、付属のスプリッターケーブルを使用すれば、ヘッドフォン、マイク個別に3.5mm端子を使用するパソコン等にも接続できます。

 

 

Razer Krakenレビュー

Razer Krakenレビュー

Razer Krakenがあればゲーミングライフが快適になり、キルレが上がるだけじゃなく、臨場感のあるゲームを楽しめます。

とはいえ安い買い物ではないので、用途に合ってるか事前にしっかりとチェックしておくのがおすすめです。

 

良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!

 

音質

Razer Krakenの音質は完全にゲームに最適化されていて、主に低音が強調されているので、足音や爆発音などがハッキリと聞き取れます。

どんな状況でもしっかりと足音を聞き分けれるようになるので、相手の位置を把握できますし、何より迫力が凄まじいです。

今まで安価なヘッドホンで済ませていた方にとって、ゲームがより楽しくなることは間違いないです。

ただ音楽鑑賞用のヘッドホンと比べると全体的にこもった印象で、高音は特に顕著です。

純粋な音楽鑑賞には向いていませんが、映画や動画なら観れるかなというレベルです。

 

やっぱりゲームには音が一番大事

 

マイク

Razer Krakenのマイクは単一指向になっているので、コントローラーやキーボードのカチャ音を拾いにくくなります

同価格帯のヘッドセットと比較するとマイク音質はとても良く、安価なものから切り替えた方は驚くほどマイクの音質が上がります。

コンデンサーマイクなどを使っていた方はイマイチに感じると思いますが、実用には問題ないレベルです。

 

配信するならマイクはこだわったほうがいいです

 

フィット感

Razer Krakenは780gとヘッドホンの中では結構重いです。

しかし実際につけてみると思ったより装着感は重くなく、イヤーパッドが大きくて、クッションが柔らかいため長時間つけていても痛くなりません

音楽鑑賞用のヘッドホンと、ゲーミングヘッドセットでは用途が異なるので、重さはそこまで重要ではないかなと感じました。

とにかく「長時間付けていられる」という視点で作られており、冷却ジェルも付けたときは分かりませんが、長時間つけていると「熱のこもり」が抑えられています

サイズを調整できるので、頭のサイズに依存せず、メガネをしていても問題ないのは嬉しいポイントです。

 

夏はほんとうに蒸れるんですよね

 

音漏れ

Razer Krakenはの音漏れは密閉型のヘッドセットということもあり、音漏れは少ないです。

爆音でゲームをしたりしない限り、特に問題ありません。

音量調整の位置がイマイチなところにあり、服に当たってボリュームが動いてしまうことがありますので、テープでMAX値に固定しています。

 

家族がいても大丈夫

 

ps4

Razer KrakenをPS4で使われる方も多いんじゃないでしょうか?

基本的に7.1chという環境はPCで起こるもので、THX USBオーディオコントローラはPS4には使えません。

PS4でも使える7.1chのヘッドセットが気になってる方もいるとは思いますが、めちゃくちゃ音質が悪くなるんですよね。

Razer Krakenを5.1chで使用して、グレードアップしたくなったらアンプを追加するのがおすすめです。

 

結果的に5.1chのほうが足音を聞き取りやすいということも

 

総評

Razer Krakenはこの価格帯では「音質」「定位性」「汎用性」と非常にバランスが良い、完成度の高いヘッドセットです。

グリーンの目を引くカラーがオシャレなのも素敵ですね。

今まで3000円程度の中国製のヘッドセットなどを使われいた方は、世界が変わるほどゲームの没入感が増します

雰囲気を楽しめるだけでなく、足音の定位性によりキルレまで上がるので、真っ先にお金をかけるべきところですね。

 

デバイス選びから試合は始まっている

 

 

Razer Krakenメリットとデメリット

Razer Krakenメリットとデメリット

そんな快適なゲーミングライフを約束してくれるRazer Krakenですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

・2~3万の高級品には劣る
・ボリューム調整の位置がイマイチ

 

 

メリット

・値段の割に音質が良い
・ゲームに最適化した音で臨場感が出る
・足音の位置が分かる
・フィット感がよく疲れない
・冷却パッドで蒸れにくい
・マイクの可動域が広い
・ヘッドセットとしてはマイク音質が良い

 

 

これだけ人気が出るのも納得

 

Razer Krakenまとめ

Razer Krakenまとめ

せっかく時間を割いて遊ぶなら、より楽しめる環境作りにもこだわりたいですよね。

 

映画館の臨場感や迫力って、「音」で演出されている部分がほとんどなので、ゲームもより迫力のある環境で楽しめます

 

もっとゲームを楽しみたい方にとって、まずは「音」を変えてみるのがコスパが良いですよ。

 

▼こんな方におすすめ

・ゲームが好き
・迫力と臨場感を出したい
・キルレを上げたい
・とはいえ安く済ませたい

 

本日ご紹介したRazer Kraken

ゲーミングライフをもっと快適にしたい方は是非チェックしてみて下さい👇

時短家電をまとめた記事もありますので、良かったらこちらもチェックしてみてください👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です