【コスパ最強】おすすめ SIMフリースマホ『OPPO Reno A』利点・欠点を徹底レビュー

OPPO Reno A
▼よくある疑問

・中国製で大丈夫?
・不具合は?
・デメリットは?
・スマホ選びのコツは?

スマートフォンはどんどん新しい機種が出るので、結局何が良いか分からないですよね。

 

今までhuaweiを使っていて機種変更を考えている方や、
安く済ませたいけど、中国製のスマホは少し心配という方も多いのではないでしょうか?

 

本日はスマホ選びに重要なポイントを押さえながら、
OPPO Reno Aがおすすめな理由を具体的に解説していきます。

 

 

POINT

・基本スペック
・カメラ性能
・防水性能
・機能性(お財布ケータイなど)
・画面のサイズ
・バッテリー
・容量
・操作のしやすさ

 

スマホの選び方

スマホの選び方
OPPO Reno Aの良さをご紹介する前に、スマホ選びのコツを解説していきたいと思います。

OSで選ぶ

iOSやAndroidでしか使えないアプリなどありますが、
その他にOSによって具体的にどんな違いがあるか比較していきましょう。

 

iOS

OSとハードの製造メーカーが同じなので、表記上のスペックが同じでも動作が早い

最適化されているため、操作感も良くバッテリーの持ちが良いのも特徴。
カスタマイズ性が劣る分、セキュリティが高い。

 

Android

セキュリティが劣る分、カスタマイズ性が高い。

様々なメーカーがハードを開発しているため、「当たり」機種のコスパが高い。
USB-TypeCやMicroSDカードが利用可能。

 

キャリアで選ぶ

 

Docomo

「VoLTE」など音質が良いのが特徴だが、他社と比べると少し割高な印象。
通信速度が安定して早いのも嬉しいです。

 

au

2年間でiPhoneを買い替えるプランがありますので、定期的にiPhoneを買い替えたい方にオススメです。

 

SoftBank

通話料金が他の大手2社と比べると安くなりやすいです。
大容量パケットプランもお得で、データ通信量を気にせず使いたい方にオススメです。

 

SIMフリー

SIMフリー端末とは、キャリアに関係なく使用できるスマホです。

海外旅行先で現地のSIMを使えるなどの利点もありますが、
割引や下取りなど、キャリアサポートを受けづらいのが特徴です。

 

▼こんな方にオススメ▼

・コスパ重視で選びたい
・格安SIMを使いたい
・キャリアに縛られたくない

 

 

『OPPO Reno A』とは


OPPO社から発売されている『Reno A』はスマホに最低限必要な性能を盛り込んだ、非常にコスパの高い製品です。

この価格帯で3Dゲームができるのは驚きです。

ゲームも余裕の大容量メモリー

OPPO Reno Aは64GBの大容量ストレージを採用しており、写真・アプリ・音楽などのデータをたっぷり保存できます。

Qualcomm Snapdragon710と大容量の6GB RAMとの組みあわせによって、OPPO Reno Aならゲームでも余裕のある快適な動作が可能です。

 

ゲームブースト2.0

 

ゲームも余裕
出典:OPPO

様々な機能を備えた「ゲームブースト2.0」が、OPPO Reno Aでの快適なゲーム操作を可能にします。

例えば、画面をタップしてから実際に反応するまでのわずかな時間を高速化する「タッチブースト」や、画面のカクツキを抑えて滑らかな描写を可能にする「フレームブースト」など、OPPO Reno Aはモバイルゲーマーの期待に応える様々な機能を搭載。

 

高いカメラ性能

 

高いカメラ性能

 

出典:OPPO

OPPO Reno Aではまるでプロのような写真クオリティを実現します。

OPPO Reno Aならいつでもどこでも驚くほど完璧なポートレート写真が可能。

奥行きにボケ効果をもたす写真も、色づかいが鮮やかな印象的な写真も、OPPO Reno Aの5つのフィルターを活用するだけで簡単に表現できます。

また色彩、彩度、輝度を自動で調整することであなたの自然な美しさを引き出すことができます。

 

おサイフケータイ対応

 

おサイフケータイ対応

 

出典:OPPO

OPPO Reno Aは、日常生活にかかせない「おサイフケータイ」を搭載。

外出の際、もう重たいお財布を持ち歩く必要はありません。

 

防水・防塵性能

 

防水性能

 

出典:OPPO

防水防塵(IP67)対応。

例えばOPPO Reno Aなら雨の中での電話や料理中の操作で、スマホに水がはねても心配する必要はありません。

 

スペック

 

商品名OPPO Reno A
OS種類 Android 9.0
CPUSnapdragon 670
CPUコア数オクタコア
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB
インターフェースUSB Type-C
バッテリー容量3000 mAh
カメラ画素数インカメラ:2500万
アウトカメラ:1600万
         200万
画面サイズ5.6 インチ
画面解像度2220×1080
パネル種類OLED
幅x高さx厚み70.1×151.3×8.2 mm
重量147 g
おサイフケータイおサイフケータイ
BluetoothBluetooth 5.0 + LE
無線LAN規格802.11 a/b/g/n/ac
LTE対応

 

 

 

『OPPO Reno A』レビュー

使ってみた感想
OPPO Reno Aの最大の特徴はこの価格にも関わらず、
プロセッサ「Snapdragon 710」が搭載されていることです。

これはミドルクラスモデルの最上位のスペックで、OPPO Reno Aを実際に使った感想レビューしていきます

 

画面表示

OPPO Reno Aは有機ELらしい高コントラストでとても素晴らしいです。
この価格帯で手に入るのはコスパ良すぎですね。

 

操作のしやすさ

OPPO Reno Aのタッチパネルは精度優先で少し遅延を感じました。
しかし多少水滴が付いたくらいでは誤作動を起こさないのには感心しました。
OPPO Reno Aのゲームモードではレスポンス優先に切り替わるようです。

快適にゲームができるので、OPPO Reno Aはゲームをする方にもおすすめです。

 

カメラの性能

OPPO Reno Aのインカメラが2,500万画素とアウトカメラが1,600万画素。

「ダブルカラーモード」をONにすると発色が豊かでとても鮮やかに写真を撮影できます。

日中の明るい場所などでの撮影は本当にキレイに映りますので、OPPO Reno Aがあれば撮影が楽しくなります。

 

サウンド

OPPO Reno Aの少し残念なところが、イヤホンジャックの性能がかなりイマイチです。
私はワイヤレスイヤホンしか使わないので問題ありませんが、有線の方はお気をつけください。

 

ゲームをやってみた

モンストのような2Dのゲームなら全く問題ないですし、PUBGやアクションゲームなども画質設定を落とせばサクサク動きます
OPPO Reno Aは低価格でゲームも楽しみたい方には非常にオススメです。

顔認証

OPPO Reno Aで特に驚いたのがこの顔認証で、本当に一瞬で認証されます。
今まで触ったことのあるスマホの中で一番早く感じるほどです。

私はOPPO Reno Aのこの機能がとても快適で気に入ってます。

 

『OPPO Reno A』まとめ

まとめ
OPPO Reno Aは間違いなくこの価格帯でのスペック的には最強ですが、独自OSに慣れる必要があるなといった印象です。

 

低価格かつ操作性が良く、カメラ性能も高く、ゲームとできるといった「まさに全部詰まっている」
OPPO Reno Aは非常にコスパの高い本当にオススメできる商品です。

 

▼こんな方にオススメ▼

ゲームも楽しみたい
・安く済ませたい
・画面のキレイさが大事
・カメラもこだわりたい
・イヤホンはワイヤレス

今回ご紹介したOPPO Reno A

格安SIMへの乗り換えなど、スマホの買い替えを検討されてる方は是非チェックしてみてください。

 

今回の記事は以上です。
お読み頂きありがとうございました。

レビューして欲しい商品などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

人気記事【最高クラスの音質】SONY『WF-1000XM3』ワイヤレスイヤホン

人気記事【定番の理由】おすすめモバイルバッテリー 『Anker PowerCore』

HUAWEI P40 lite 5Gをレビュー【あれ?思ったより不便じゃない】不遇の名機 HUAWEI P40 lite 5GをレビューHUAWEI P30 Liteをレビュー【型落ちでお得】ダントツで売れてるHUAWEI P30 Liteをレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です