【口コミ】充電方法は?ロジクール G703hの評判から使い方まで徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

プロが使うような高性能マウスが欲しいなぁ


ロジクール G703hはこんな悩みを解決してくれるでワイヤレスゲーミングマウスです。


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・高速ワイヤレス
・高性能センサー
・長時間使用でも疲れにくい
・右利き用
・有線に切り替え可能
・ストレスゼロ
・ゲームに集中できる



ロジクール G703hは、有線よりも早く反応する超高速ワイヤレスマウス。


超高速のLIGHTSPEEDを搭載しているため、ケーブルの煩わしさを感じずにストレスゼロで操作できます。


また、独自センサーHERO25Kにより最大DPI25600を実現し、高反応で思い通りのマウス操作が可能となっています。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、ロジクール G703hをご紹介していきます!

ロジクール G703h|仕様と特徴

HERO25Kセンサーによる強化

ロジクール G703hのHERO25Kは、1:1のトラッキング、400以上のIPS、100~25,600の最大DPI感度を誇る極めて高度なセンサー。

また、ゼロスムージング、ゼロフィルタリング、ゼロアクセラレーションを実現しました。

LIGHTSPEEDワイヤレス

ロジクール G703hは、プロレベルのパフォーマンス、感応度、接続性を誇るLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー。

デフォルトのLIGHTSYNC RGBライトを使用しながら、最大35時間連続でゲームをプレイすることができます。

POWERPLAYワイヤレス充電

ロジクール G703hは、バッテリーの心配が不要。

ワイヤレス充電システムのPOWERPLAYにより、休憩中もプレイ中もG703などの対応するGマウスを常に充電することができます。

快適性と品質、カスタマイズ性

ロジクール G703hは、快適なデザインとコントロール性能に優れたラバーサイドグリップにより、最高の快適性、耐久性、パフォーマンスと三拍子が揃っています。

10gウェイト(オプション)と6個のプログラマブルボタンにより、ゲーミング体験をカスタマイズすることができます。

いつでもトリガー

ロジクール G703hは、マウス左右のメインボタンに搭載された高度な金属バネのボタンテンションのおかげで、少ない力でボタンをトリガーできます。

ボタンをクリックするたびに優れた感触、感応度、一貫性を感じ取ることが可能です。

さぶろぐ
さぶろぐ

仕様を把握したところで、口コミや評判をチェック!

ロジクール G703h|口コミと評判

良い口コミ・評判

LEDライトがキレイなシンプルデザインで、ライトの色も明るさも変更できるのが良い。

ゲーミングにありがちですが、マクロをセットできるのが便利すぎます。

ゲーム以外でも使い勝手が良いので、普段から使用しています。

とても使いやすく、かぶせ持ちでしっかり手にフィット。

サイドボタンも大きくて押しやすく、お気に入りです。

総合的におすすめできるマウスだと思います。

価格.comより引用

Gマークが光ってかっこいいし、艶消しの黒のボディもかっこいい。

もともと安物のマウスを使っていたので、解像度が良いと体感中。

もう安いマウスには戻れません。

フィット感も私の手のサイズにちょうどいい。

持つと、マウスが吸い付いている感じがするほどです。

ボタンにマクロを割り当てることができる点も非常に便利。

コピペなど好きなボタンを割り当てることができ、作業効率が上がります。

価格.comより引用

ゲームのほか、仕事でCADを使っている方にもおすすめ。

フィット感や反応も問題なく、デザインも気に入っています。

ゲーミングという感じがしないスッキリとしたデザインですね。

ごつごつしたのが苦手な方には良いのでは。

オフィスでも使えます。

サイドボタンが親指側に大きめのものが2つあり、シンプルで使いやすい。

くせのないマウスで、入門編として良い選択をしたと思っています。

価格.comより引用

ロジクール G703hの良い口コミや評判を見ていくと「使いやすい」という声が多くありました。


ゲームのほか、仕事でも使えるという利便性の高さが好評のようです。


ボタンを好きに設定できたり、過度すぎないデザインも、人気の秘密となっているようです。

さぶろぐ
さぶろぐ

シンプルデザインが好きな人におすすめ!


悪い口コミ・評判

クリックでカーソルがぶれます。

クリックの連打などをしていると、カーソルがたまに動いてしまい、なかなか慣れません。

耐久性や読み取りなども問題ないだけに残念です。

価格.comより引用

サイズが少し大きめなので、つまみ持ちは無理です。

自分はつかみ持ちで、特に持ちにくさは感じていませんが、やはり被せ持ちが一番フィットすると思います。

手の小さい人には大きい。

価格.comより引用

ロジクール G703hの悪い口コミや評判を見ていくと「サイズが大きい」という声が多少見受けられました。


とはいえ、持ち方によってフィットするようなので手の小さい方でも、慣れれば使いこなせるようですよ。


普段使いでも問題なく使用できるため、ゲームと仕事で兼用したい方は検討してみましょう!

さぶろぐ
さぶろぐ

かぶせ持ちが一番フィットするかも


ロジクール G703h|レビュー

握り心地と持ちやすさ

ロジクール G703hは、エルゴノミクスデザインを採用しており、人間工学に基づいた設計となっているので、長時間使用しても疲れません。

かぶせ持ちで使用すると、さらにフィット感が増します。

調節できる10gのウエイトも効果的で、お好みにより重りを追加してゲームプレイも可能です。

メインボタンのクリック感

ロジクール G703hは、マウス左右のメインボタンに搭載された高度な金属バネのボタンテンションのおかげで、少ない力でボタンをトリガーできます。

ボタンをクリックするたびに優れた感触、感応度、一貫性を感じ取ることができるでしょう。

サイドボタンの押しやすさ

ロジクール G703hのサイドボタンは2つです。

大き目なボタンはとても押しやすい仕様となっています。

また、右手専用マウスなので、右面にはサイドボタンがありません。

ホイールのスクロール感

ロジクール G703hのホイールは区切りが浅く、割とコロコロとなめらかにスクロールしてくれるのが特徴です。

滑りやすさと止まりやすさ

ロジクール G703hはHERO25KセンサーとLIGHTSPEEDにより、ちょっとの動きでもマウスが反応する高精度が特徴です。

反応速度もととても速く、繊細な手の動きを忠実にマウスが再現しますので、FPSゲームの激しいプレイにも対応できます。

また、サイド面はラバー調になっていて滑りにくいようになっています。

ロジクール G703h|使い方

接続方法

ケーブルの一端をパソコンに接続する

ケーブルの一端をパソコンに接続し、もう一端をUSBアダプターおよびレシーバーに接続します。

マウス底面にあるスイッチでマウスをオンにする
充電するには

ケーブルからアダプターを外しマウス前面に接続します。

パソコンに直接接続すると、マウスはいつでも有線モードで動作します。

パソコンのUSBポートに接続した場合、空の状態からのフル充電には約2時間かかります。

充電方法

ロジクール G703hのバッテリー残量が少なくなったら、同梱のUSB充電ケーブルを使ってマウスを接続します。

接続すると、マウスは有線モードにシームレスに切り替わります。

また、ロジクールG POWERPLAYワイヤレス充電システム(別売)にも対応しています。

設定方法

ロジクール G703hの各設定は次の通りです。

  • ドライバ:無料で配布されているソフトウェアが必要です。
    ダウンロードはこちらから無料でできます。
  • ボタン:ソフトウェアを立ち上げた状態で、マウスを選び該当するボタンの右側にある↓矢印をクリックすることで簡単に設定できます。
  • DPI:DPIは100~12,000までの間で最大5段階まで設定することが可能です。
    それぞれ設定した後は、ホイールの手前にあるDPI切り替えボタンを押すことで切り替えができます。
  • :固定、ブリージング、サイクルと3パターンあり、固定とブリージングに関してはRGBそれぞれ255パターンから選べるため、合計1,680万色の組み合わせが可能です。
  • 電力:消費電力を基準としてパターンを選択することができます。
    その他にも、デフォルト設定に戻せたり、マウスの残り電池量を見れたりします。

ソフトウェア

ロジクール G703hは、ロジクール ゲーミング ソフトウェアを使って、G703の3種類のオンボードプロファイルをカスタマイズすることができます。

これらの設定には、表面調整、ボタンのプログラミング、ライトの色、ライト効果、レポートレート、およびトレッキング動作があります。

また、1つのプロファイルにつき最大5種類のDPI設定が可能で、デフォルトの状態でオンボードプロファイルが1つ設定されています。

設定内容
  • DPI:400、800、1600、3200
  • RGBライト:カラーサイクル
  • レポートレート:1ms

ロジクール G703h|よくある疑問

G703との違いを比較

ロジクール G703hは旧型G703に比べ、以下の点がアップグレードしています。

  • センサーが「PMW3366」から「HERO16K」へアップグレード
  • 重量が15g以上軽量化
  • ロジクールの新しいソフトウェア「Logicool G HUB」に対応
  • バッテリー持続時間の向上

重さは?

ロジクール G703hの重さは95gです。

付属のウェイトを底面のフタにはめることで、10gの重量アップが可能となっています。

たった10gですが、実際に操作すると別のマウスになったような感覚を味わえますよ。

販売店はどこ?最安値は?

ロジクール G703hは上記の販売店で取り扱いがあり、Amazonが最安値でした。

ギフトカードにチャージして購入すると還元率が上がって、さらにお得に購入できるのでおすすめです!

説明書

ロジクール G703hの取扱説明書はこちらからご覧になれます。

ロジクール G703h|メリットとデメリット

手にフィットするロジクール G703hですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・汚れが付きやすい
・右利き専用
・充電する手間がある

メリット
・高速ワイヤレス
・高性能センサー
・長時間使用でも疲れにくい
・右利き用
・有線に切り替え可能
・ストレスゼロ
・ゲームに集中できる

さぶろぐ
さぶろぐ

ライトの色も明るさも変更できるシンプルなデザイン!


ロジクール G703h|安く買うには?

Amazonって注文したらすぐ届くし本当に便利なんですよね。

せっかくならお得に買い物できるテクニックを使って欲しいアイテムを賢くゲットしちゃいましょう!

\ 1番お得な支払方法 /

アマゾンチャージを試してみる
さぶろぐ
さぶろぐ

Amazonでお得に買い物をする方法はこちらで解説しています。


ロジクール G703h|まとめ

ロジクール G703hは、無線マウスでありながら有線マウスよりも早く反応するので、ケーブルが煩わしいと思っていた私には最強の無線マウスです。


反応が早いため、FPSゲームでも問題なく操作可能で、ケーブルの摩擦がなく有利にゲームプレイができます。


手にもフィットし、バッテリーの持ちも良いので、有線から乗り換えて良かったと思っています!


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・ロジクールが好き
・ゲーム用のマウスが欲しい
・ワイヤレスマウスが欲しい
・高性能マウスを探している
・ノンストレスなマウスが良い
・無線マウスデビューしたい
・思い通りのマウス操作したい


本日ご紹介したロジクール G703h

使い勝手の良いワイヤレスゲーミングマウスに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【口コミ】接続方法は?basilisk x hyperspeedの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】充電時間は?razer basilisk ultimateの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】使いやすい?razer viperの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】発売日は?ロジクール g903の評判から使い方まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)