【仕事こそゲーミングマウス】コスパ最強のLogicool G304をレビュー

Logicool G304をレビュー

ワイヤレスマウス買ってみたけど遅延ひどすぎ・・・。
安くて使いやすいワイヤレスマウスないかな・・・。

 

Logicool G304はこんな悩みを解決してくれるアイテムです。

 

▼こんなメリットがあります

・とにかく安い
・やっぱりワイヤレス
・軽くて快適
・充電の手間がない
・フィット感◎
・遅延がない
・接続が簡単
・レシーバー収納が便利

 

コスパ最強と名高いG304ですが、繊細なマウス操作を要求されるゲーミングマウスだからこそ、日常使いにピッタリなんですよね。

 

PCを使う場合、カーソルを合わせる精度が作業効率に直結しますからね。

 

基本的にBluetooth接続のワイヤレスマウスは控えめに言ってゴミなんで止めておきましょう。

 

ゲームをやる方はもちろん、PCでの作業効率を上げたい方にピッタリです。

 

それでは早速、Logicool G304をレビューしていきましょう!

 

Logicool G304|外観とデザイン

パッケージ

Logicool G304|外観とデザイン

定番の青いパッケージ

 

本体

Logicool G304|外観とデザイン

本体はふっくらした卵型

 

側面

側面

側面はつるっとしていて、くぼみがありません。

 

コンパクト

コンパクト

小型ですが、しっかりと高さがあるので握りやすいです。

 

ホイール

コンパクト

G303よりノッチ感があり、軽くて押し込みやすい。

 

裏側

裏側

センサーはしっかりと中央にあり、スイッチボタンがあります。

 

光ったりしないので、仕事でも使いやすい。

 

 

Logicool G304|仕様と特徴

LIGHTSPEED

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304はLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーを搭載。

多くの有線ゲーミングマウスを上回る、「1ms」という優れた反応速度を実現。

 

HEROセンサー

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304はHEROセンサーを搭載。

MAX12,000DPIと400IPSの優れた精度と反応性に加えて、最大10倍の電力効率を実現しました。

 

電池

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304はソフトウェアの設定で「持続モード」に切り替えることで、電池1本で最長9か月まで使用できます。

「パフォーマンスモード」でも使用最大250時間連続のゲームプレイが可能。

 

電池残量

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304は電池残量が15%になると赤で点滅するバッテリーインジケーターライトを搭載。

 

持ち運びに便利

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304は超小型レシーバーをマウス本体に収納可能

小型で丈夫なので持ち運びしやすく、ノートPCでの利用にもおすすめです。

 

プログラム可能な6個のボタン

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304は6個ボタンを専用のソフトウェアで自由に設定できます。

ゲーム内アクションやPCでの作業を簡素化し、素早いアクションが可能です。

 

延長ケーブル

Logicool G304|仕様と特徴

Logicool G304本体とレシーバーの距離は30cm程度までが理想ですが、付属のケーブルを使えば延長可能です。

 

 

Logicool G304|レビュー

Logicool G304|レビュー

Logicool G304があれば日々のPC作業が快適になることは間違いないです。

コスパ最強とはいえ、やはり気になる点もありますので、用途に合うかしっかりとチェックしておくのがおすすめです。

 

良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!

 

フィット感

Logicool G304|レビュー

Logicool G304はコンパクトですが、小さすぎることもなく、とても気持ちよくフィットします。

表面もザラザラした加工になっており、吸い付くような感触があります。

ふっくらした卵型なので、「つまみ持ち」「掴み持ち」「被せ持ち」のどんな持ち方でもしっくりきます。

ただ小型ということもあり、手が大きい方には少し指が余りそうです。

 

左右対称でクセのない握りごこち

 

サイドボタン

Logicool G304|レビュー

Logicool G304のサイドボタンは細めなので、好みが分かれそうです。

個人的にはサイドボタンは押しやすさよりも、誤クリックの少なさのほうが重要なので気に入ってます。

Chromeで文章を打ち込んでいて、「戻る」を押してしまったときの絶望感たるや・・・。

 

どちらかというと、少し固めなクリック感です。

 

レシーバー

Logicool G304|レビュー

Logicool G304はレシーバーを刺すだけなので、ドライバーインストールの手間もなく、接続がとても簡単です。

PCだけでなく、PS4も刺すだけでそのまま使用でき、事前にソフトウェアで設定しておけばサイドボタンなどの設定もそのまま。

遅延も全くなく、さすがLogicoolのゲーミングマウスです。

 

Bluetooth接続はできないので注意

 

ソール

Logicool G304|レビュー

Logicool G304のソールですが、本体が軽いということもあって、結構滑るなという印象です。

FPSなどガチでやる方にとっては、もう少しひっかかりがあるほうがAimしやすいかなと思います。

摩擦が大きいマウスパッドの方が相性良さそうです。

 

少しリコイルしづらく感じました。

 

軽量化

Logicool G304はわずか99グラムの超軽量マウスです。

スペーサーを使うことで、単4電池を使うことができるので、更に軽量化できます。

長時間使っても疲れることがなく、低センシの方にもピッタリです。

エナジャイザーを使うと電池がめちゃくちゃ長持ちするので、こちらもおすすめです。

 

結局慣れると軽さが正義

 

総評

Logicool G304はコスパ最強と言われるだけあって、この価格帯では間違いなくトップレベルの性能です。

形状だけは好みが分かれるますが、左右対称型に抵抗がない方にとっては、まさに神マウスといえます。

マウスっていずれはチャタリングを起こしますし、結局のところ消耗品なので、日常使いとしてはこのくらいがちょうどいいんですよね。

 

最強の事務マウス

 

 

Logicool G304|メリットとデメリット

Logicool G304|メリットとデメリット

そんな神マウスのLogicool G304ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット 

・電池式なので重心が偏る
・手が大きい人には小さい
・ソールがちょっと微妙
・ガチFPSゲーマーには物足りない

 

 

メリット 

・とにかく安い
・やっぱりワイヤレスは快適
・DPIが色で分かる
・電池切れても入れ替えればすぐ使える
・ザラつきある表面加工がGOOD
・軽さは正義
・メリハリのあるクリック感が心地いい
・省電力モードだとめっちゃ電池持つ
・作りがしっかりしている
・レシーバー収納が便利

 

 

迷ったらとりあえずG304買っとけばいいまである

 

Logicool G304|まとめ

Logicool G304|まとめ

やっぱりコードでごちゃごちゃするのって嫌なんですよね。

 

とはいえ安いワイヤレスを買うと遅延が酷くて使い物にならないことも・・・。

 

Logicool G304はコスパ最強のゲーミングマウスと言われるだけあって、安いのにめちゃくちゃ性能が良いです。

 

安価にコードのストレスから解放されたい方にはピッタリです。

 

▼こんな方におすすめ

・コードレスにしたい
・PCでの作業が多い
・遅延がないほうがいい
・予算が5000円以内
・ゲームも楽しみたい

 

本日ご紹介したLogicool G304

ワイヤレスマウス探してるよ~って方は是非チェックしてみて下しさい。

 

人気記事【まとめ】生活の質を向上するおすすめ贅沢家電

人気記事【まとめ】生活を快適にするおすすめ時短家電

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です