【レビュー】ワイヤレス化できる?KZ S2の評価から使い方まで徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

派手なサウンドのイヤホンが欲しい


KZ S2はこんな悩みを解決してくれる完全ワイヤレスイヤホンです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・ハイブリッド型イヤホン
・コスパ抜群
・タッチセンサーで簡単操作
・長時間連続使用可能

・ハンズフリー通話可能
・オシャレなデザイン



KZ S2は、中華の人気オーディオメーカーのKZ社が販売しているBluetooth5.0対応の完全ワイヤレスイヤホンです。


学生にもやさしい価格で、高品質なサウンドとKZらしさのあるオシャレなデザインに仕上がっています。


高域をしっかり味わいつつ、迫力ある重低音も楽しみたい方やコスパも重視したい方におすすめの一品と言えそうです。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、KZ S2をご紹介していきます!

KZ S2|仕様と特徴

1BA+1DD ハイブリッド イヤホン

KZ S2は、7mmダブルマグネティックダイナミック、30095バランスドアーマチュアユニットを搭載したハイブリッド型イヤホンです。

クリアな高音と迫力満点の重低音を楽しむことができ、KZらしいドンシャリサウンドを堪能したい方におすすめです。

ゲームに適した「高性能モード」

KZ S2の本体センサーをゲームプレイ時に3回タップすると、音の遅延を限りなく少なくしてくれる高性能モードにすることができ、より快適なパフォーマンスを提供してくれます。

簡単接続とタッチ操作

KZ S2は本体をケースから取り出すと電源が入り、2回目以降のペアリングは自動的にペアリングを行うことができます。

また、本体にはタッチセンサーが搭載されており、音楽再生やハンズフリー通話、Siriの起動等の機能を簡単に使用することができます。

  • 音楽再生/停止
    軽くタッチ
  • 前の曲/次の曲
    左右のイヤホンをダブルクリック
  • Siri起動
    2秒間長押し
  • 通話応答/終了
    軽くタッチ
  • 電話拒否
    長押し

人間工学に基づいたボディ

KZ S2は、人間工学に基づいた設計がされており耳にしっかりとフィットするデザインとなっています。

そのため、外部のノイズの影響を物理的に抑えてくれます。

また、ツヤ感のある樹脂ボディは、価格を抑えつつも安っぽさを感じさせない魅力的な仕上がりとなっています。

その他の特徴

KZ S2の魅力的なその他の特徴として、防水・防汗機能と長時間連続再生可能な点が挙げられます。

IPX5の防水・防汗機能を備えており、雨天時や運動時での使用も安心して使用することができます。

また、本体は2時間の充電で最大4時間の音楽再生が可能であり、付属ケースのバッテリーも使用することで、最大18時間以上の使用が可能となっています。

さぶろぐ
さぶろぐ

仕様を把握したところで、口コミや評判をチェック

KZ S2|口コミと評判

良い口コミ・評判

3980円でこの音なら大満足。
機能も最低限抑えてるしええわ。

Twitterより引用

ワイヤレスイヤホン買い替えたんだけどKZ-S2くっそいい音だわ。

Twitterより引用

イヤホンと相性の悪い自分の耳穴でも完璧なフィット感なのもとてもいい

Twitterより引用

KZ S2の良い口コミや評判を見ていくと、コスパの良さに高い評価を得ている印象。


音質やその他の機能面は価格以上に優秀なモデルと言えそうです。


KZシリーズはドンシャリ感が特徴といえるので、迫力満点の重低音などを感じたい方などにおすすめの一品です。

さぶろぐ
さぶろぐ

苦手なサウンドと感じる人もいるかも


悪い口コミ・評判

Bluetooth4.2でつないで楽しんでいますが、音質は良いのですが何せ混信に弱い

Twitterより引用

デバイスによってホワイトノイズの量にかなり差がある

Twitterより引用

KZ S2の悪い口コミや評判をみていくと、環境によっては音飛びがみられることやノイズが気になるという意見がちらほらみられました。


音飛びなどはBluetoothのバージョンの影響を受けるとも言われているため、バージョン5.0での使用が望ましいと思われます。


また、ホワイトノイズを気にしやすい方にとっては、音楽等に集中しきれないこともあるかもしれません。

さぶろぐ
さぶろぐ

ノイズキャンセリング機能は期待できなそう


KZ S2|レビュー

音質

KZ S2は高域から低域まで幅広く対応するハイブリッド型イヤホンです。

中でもKZシリーズはドンシャリサウンドが特徴であり、クリアな高域と迫力満点の重低音を楽しめる仕上がりとなっています。

フィット感

KZ S2は人間工学に基づいた設計で、多くの人の耳にフィットするデザインとなっており、運動時でも外れにくいモデルといえます。

接続について(ペアリング)

KZ S2は、ケースから本体を取り出す/戻すだけで電源のオン/オフが可能であり、それに伴って2回目以降は自動的に接続/解除が可能です。

遮音性(音漏れ)

KZ S2は、カナル型イヤホンで遮音性に特別問題はないと言えるでしょう。

マイク性能

KZ S2のマイク性能に関する有益な情報は見つかりませんでしたが、特に言及されていないことから問題なく使用可能と思われます。

KZ S2|使い方

ペアリング(接続方法)

ケースから本体をとり出す

ケースから本体をとり出すだけで自動的に電源が入りペアリングモードとなります

デバイスのBluetoothリストから接続開始

リストから「KZ S2」を選択し、接続

2回目以降は自動接続

デバイスのBluetoothをオンにしておけば、本体をケースから本体をとり出すだけで自動接続されます

PC接続

KZ S2のPCでの使用は、Bluetooth対応PCであれば接続が可能です。

デバイスによってはホワイトノイズが強くなるとの意見もみられるため、音質には個体差がでる可能性があります。

片耳使用

KZ S2は片方の本体をとり出すことで、片耳での使用も可能です。

初期化

KZ S2の初期化(ペアリングをリセット)する方法は以下になります。

  1. 本体をシャットダウン
    タッチセンサーを6秒長押し
  2. ペアリングモードを開始
    タッチセンサーを7秒長押し(本体のランプが点滅)
  3. 本体をリセット完了
    本体のランプが点滅中に左右のタッチセンサーを4回押す

KZ S2|よくある疑問

おすすめのイヤーピースは?

KZ S2には、付属のイヤーピースがありますが、万が一耳に合わないという場合は、遮音性やフィット感に優れたフォームタイプのイヤホンがおすすめです。

ワイヤレス化できる?

KZ S2は完全ワイヤレスイヤホンです。

販売店はどこ?最安値は?

KZ S2の購入を検討される際は、アマゾンギフト券をチャージして購入すると還元率が高くなるAmazonのご利用がおすすめです。

説明書

KZ S2の取扱説明書は、本体と共に付いてきますが、ネット上では残念ながらみつかりませんでした。

YouTubeにて動画で使用方法がまとめられていますので、下の動画をご確認ください。

KZ S2|メリットとデメリット

低価格で優秀な性能をもつKZ S2ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・個体差がある可能性あり
・音質は好みが分かれる
・あくまで値段の割に優秀

メリット
・ハイブリッド型イヤホン
・コスパ抜群
・タッチセンサーで簡単操作
・長時間連続使用可能

・ハンズフリー通話可能
・オシャレなデザイン

さぶろぐ
さぶろぐ

ドンシャリサウンドを求めている方におすすめ


KZ S2|安く買うには?

Amazonって注文したらすぐ届くし本当に便利なんですよね。

せっかくならお得に買い物できるテクニックを使って欲しいアイテムを賢くゲットしちゃいましょう!

\ 1番お得な支払方法 /

アマゾンチャージを試してみる
さぶろぐ
さぶろぐ

Amazonでお得に買い物をする方法はこちらで解説しています。


KZ S2|まとめ

KZ S2はワイヤレスの中でも低価格で機能面にはあまり期待していませんでしたが、思っていたよりも音質も機能も良く大満足です。


自分の好きな曲やEDMなどの重低音をしっかりと味わえて、テンションが上がります。


デザインも十分カッコいいので、普段使いにピッタリなアイテムだと思います。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・日常的にイヤホンを使う
・ドンシャリ感を味わいたい
・コスパを重視したい
・使い勝手の良いものがいい
・デザインも気にしたい


本日ご紹介したKZ S2

KZシリーズならではの迫力あるサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホンに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【レビュー】ペアリングできない?Jabra Elite Sportの評価から使い方まで徹底解説!!【レビュー】片耳しか聴こえない?QCY T5の評価から使い方まで徹底解説!!【レビュー】ペアリングは?Creative Outlier Airの評価から使い方まで徹底解説!!【レビュー】充電できない?JBL UA SPORT WIRELESS FLASHの評価から使い方まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)