【徹底比較】価格の安いおすすめ電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない….


この記事では価格の安いおすすめ電気ケトルをご紹介していきます。


▼価格の安いおすすめ電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

ティファール(T-fal) ジャスティン プラス KO340175
タイガー魔法瓶 わく子 PCM-A080WM
ティファール(T-fal) アプレシアプラス BF805170
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ケトル IKE-D1000-W
ティファール(T-fal) 電気ケトル KO1548JP
ティファール(T-fal) 電気ケトル KO340178
象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル PCJ-A081
ニトリ 電気ケトル ラマーレ4 SN-3228
ニトリ ラマーレ 3SN-3228RE
miyoshi co.,ltd 折りたためるトラベルケトル MBE-TK02

価格の安い電気ケトルを購入すると、金銭的な心配が和らぐと思います。

また、購入した後に後悔するポイントが生じてしまったとしても、高価な商品を買ってしまったよりは気持ちが軽いかなと思います。

高価なものより安価なものは機能が少ない分シンプルな操作のことが多いので、お年寄りなども使いやすいかもしれません。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは価格の安いおすすめ電気ケトルの選び方を見ていきましょう!!

価格の安いおすすめ電気ケトル|選び方

複雑ないろいろな機能が必要か、お湯を沸かすことだけの機能を求めて購入

一回に沸かす量がどのくらい必要か、短時間でないとけないかとか、保温時間は長時間必要かどうか考えて購入します。

デザインはその次です。

予算の中で好みのデザインがなくても、沸かすお湯の自分が求めている容量に合っていて沸かす機能がきちんとあるかどうかを見て購入します。

ブランドやメーカーで選ぶより、安くていいものもある

象印みたいに保温機能に特化したメーカーの商品はとても優秀で、機能もいい機能がたくさんついていると思いますが、ニトリとかのようにいろんな商品を売っていて、安価を売りにしているメーカーは機能もよい商品が多いと思います。

メジャーでない無名のメーカーの商品は機能だけでなく、コスパも良いのでおすすめです。

容量の小さいものを選ぶ

容量が小さいものは価格もその分安く沸騰時間も短いので、設置場所や沸騰に要する時間、使用頻度やいつ何人分をどのように必要かを考えて最低限の使用量で購入します。

沸騰にかかる電気代も少なくて済むし、一人暮らしの方は設置場所にも困りません。

使用頻度は季節によってもかわるので、購入する季節も考えます。

夏に買う

夏に購入した方が、型落ちした商品が出るのではないかと考えます。

冬はお湯を使う頻度が多いですが、夏になると暖かい飲み物を飲む機会は冬より減ると思うので購入する人も減ってセール品になったりすると思います。

7〜9月に新モデルが発売されることが多いようなので、その時期に型落ち商品が安くなることもあるかもしれないのでチェックしてみてくださいね。

ネット検索

私はアマゾンか楽天市場で予算設定のあと、検索しレビュー投稿を見て購入します。

ネットだとレビューが多く見れて、とにかく安さを求めている場合は価格順に検索もできるので安い順番で検索します。

ネットだと最新の商品の発売が一般店頭より早いことも多くて、その分安くなった商品を見つけることもしやすいです。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、価格の安いおすすめ電気ケトルのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

価格の安いおすすめ電気ケトル|メリットとデメリット

価格の安いおすすめ電気ケトルのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・価格を下げることで、その予算をほかに使うことができる
・予算を下げて商品を探し購入することで、良い商品に出会うことができる
・価格が安いものは大衆的なので、レビューを前もって確認できることが多い
・購入した人の感想を前もって知っておける
・単純な操作でわかりやすく使える

デメリット

・使える機能が少ない場合がある
・電気代が高かったり、エコ機能がない場合がある
・壊れやすい

・保証が少ない

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、価格の安いおすすめの電気ケトルと選び方を紹介していきます!!

価格の安いおすすめ電気ケトル|『さぶろぐ』のイチオシ

ティファール(T-fal) ジャスティン プラス KO340175

カップ一杯(140ml)なら約59秒で沸とうするので、急な来客や朝の忙しいときにもぴったりです。

また、本体の両側にあるメモリで、湯量もひと目で確認できます。

固定されたフタは片手で開けられ、給水もしやすい設計になっているので、飲み物はもちろん、料理の際にも役立ちます。

価格の安いおすすめ電気ケトル|人気のおすすめ商品比較

タイガー魔法瓶 わく子 PCM-A080WM

転倒お湯漏れ防止構造を採用しているので、倒してもやけどしにくく安心。

「本体二重構造」により、外側が熱くならないので触っても問題ありません。

蒸気量を約90%カットした「省スチーム設計」で、置く場所にも困らず便利。

ワンタッチで、フタを外せる設計でお手入れや給水もしやすくなっています。

ティファール(T-fal) アプレシアプラス BF805170

500mlのペットボトルとほぼ同じの重さなので、誰でも扱いやすい電気ケトルです。

カップ1杯分(140ml)は、約50秒で沸かせます。

場所を取らないコンパクトサイズでキッチンにも置きやすい。

また「注ぎ口カバー」も付いているので、ほこりの侵入を防ぎ清潔に使えます。

さらに、注ぎ口は湯切れが良く、お湯が漏れにくくなっています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ケトル IKE-D1000-W

高級感のあるステンレス製の電気ケトル。

水を入れたら、ボタンを押すだけの簡単操作でお湯が沸かせます。

また、沸いたら自動で電源が切れるので付けっぱなしにする心配もありません。

コードレスなので、場所を選ばずお湯を注げます。

注ぎ口のフィルターは、取り外し可能で、お手入れしやすい設計です。

ティファール(T-fal) 電気ケトル KO1548JP

カップ1杯分のお湯が約1分で沸かせます。

コンパクトな0.8リットルのほか、1.5リットルの大容量モデルも揃っており、用途に合わせてサイズの選択が可能です。

自動電源オフやフタロック機能搭載で、安全面も配慮されています。

値段もリーズナブルです。

ティファール(T-fal) 電気ケトル KO340178

シンプルでスピーディーな湯沸かし機能に、空焚き防止機能や自動電源オフの安全機能を搭載した電気ケトルです。

容量は1.2Lで、一度にたっぷりお湯を沸かせます。

好みやキッチンの雰囲気に合わせて、5種類のカラーバリエーションから選べるのも魅力です。

ニトリ 電気ケトル ラマーレ4 SN-3228

パステルカラーが愛らしいニトリの電気ケトル「ラマーレ4 SN-3228」。

容量は1.2Lとたっぷりで、本体重量は0.59kgと軽量で扱いやすくなっています。

2,000円以下と他社の電気ケトルと比較しても低価格さが最大の魅力です。

空焚き防止機能・自動電源オフ機能と、基本的な機能は搭載されています。

miyoshi co.,ltd 折りたためるトラベルケトル MBE-TK02

家庭での利用はもちろん、コンセントがある場所なら旅行先のホテルや、アウトドアでも活用できます。

冷めると自動で再沸騰して温める「保温機能」で、飲み物の温かい状態をキープできます。

電圧切替式で、国内だけでなく海外でも使用できるのも嬉しいポイントです。

ニトリ ラマーレ 3SN-3228RE

本体が通電ベースと一体化されており、場所をとらずに設置できます。

間口が広く、給水しやすいフタストッパーが付属。

非常にシンプルな作りですが、可愛いデザインと価格の安さで人気を集めているモデルです。

低価格ながらも、空焚き防止・自動電源オフ機能は搭載されています。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル PCJ-A081

内部に搭載した蒸気キャッチャーにより、蒸気が外に出ない蒸気レスの電気ケトルです。

その他にも、転倒時のお湯漏れ防止や自動電源オフ、空焚き防止など安全機能を多数搭載しており、リーズナブルですが安全に使用できます。

お湯がどれぐらい入っているか目盛りで確認することができます。


価格の安いおすすめ電気ケトル|まとめ

変化は特にありません。

変化をもし求めるとしたら購入金額ではなく、機能・性能に重点を置いて購入した場合だと思います。