【徹底比較】タイガーのおすすめ電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない…..


この記事ではタイガーのおすすめ電気ケトルをご紹介していきます。


▼タイガーのおすすめ電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

PCL-A120WM
PCJ-A081-H
PCM-A060
PCM-A080
PCH-G080
PCI-G100
PCJ-A101-R
PCL-A100CS
PCL-A100-AS
PCK-A080-KM

コーヒーやスープ、カップ麺などお湯を注ぐ時にすぐにお湯が沸かせるのはとても良い機能だと思います。

すぐに食べたい、飲みたいのにお湯が沸くのに時間がかかるとストレスですよね。

沸かす時間が短いとすぐに口にできるのが良いと思います。

また、火を使わないので安全です。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずはタイガーのおすすめ電気ケトルの選び方を見ていきましょう!!

タイガーのおすすめ電気ケトル|選び方

お湯の使用量で決める

一人暮らしや二人暮しなら0.6リットルか0.8リットルの1人~3人用のファミリー層なら1リットル?1.2リットルの2人~5人用のものを選ぶと良いとしています。

小さいものから大きいものまでたくさん種類があるので、自分ので生活スタイルに合わせた大きさを選択すると良いと思います。

お湯の沸く早さ

商品によってお湯を沸かせる時間はバラバラです。

その分消費電力も変わってきます。

より早くお湯を沸かしたいなら、消費電力が高いものを第一に選ぶと良いと思います。

1200W以上の電気ケトルは消費電力が高いのでお湯が早く沸く傾向があるので、消費電力に注意して探すと良いと思います。

そそぎ口のタイプ

くちばしのような三角口、細口が主流ですが、鶴口タイプもあります。

三角口は一度に大量のお湯を注ぐことができます。

カップ麺やお茶などに使う人は最適だと思います。

また、コーヒーなどを飲む時に使いたい人は鶴口や細口タイプが良いとされています。

コントロールしやすいのでドリップに最適です。

本体の素材

一番スタンダードなプラスチックは本体重量が軽く、側面の熱伝導率が比較的低いので、使い勝手が良いです。

反対にガラス製のケトルはインテリアとしても優秀で中のお湯の状態が確認できるところも魅力の一つです。

しかし、プラスチックに比べて本体重量が重いし、落とすと割れてしまうところが難点です。

機能性

転倒してもお湯がこぼれないようロックがかけられるもの、二重構造で本体の外側に熱が伝わりにくくしているもの。

また、蒸気による火傷を防ぐための蒸気レス機能、空焚きを感知して自動的に電源を切ってくれるような機能など、様々な機能があるので安全機能もしっかりチェックして選ぶことが大事だと思います。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、タイガーのおすすめ電気ケトルのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

タイガーのおすすめ電気ケトル|メリットとデメリット

タイガーのおすすめ電気ケトルのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・沸かす時間が短い
・種類が豊富で選びしろがあります
・安心、安全な機能付き
・蒸気があまり出ない

デメリット

・機能つきのものを買うと値段が高い
・種類が豊富なので迷う
・たくさんの量は沸かせない
・消費電力が多い

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、タイがーのおすすめの電気ケトルと選び方を紹介していきます!!

タイガーのおすすめ電気ケトル|『さぶろぐ』のイチオシ

PCL-A120WM

本体が二重構造になっており、沸かした後の保温性が高く作られています。

沸かした後少し時間が経ってしまっても、再度沸とうさせる手間が省けます。

また樹脂製のため本体が熱くなりすぎないところも魅力です。

忙しい朝にバタバタするキッチンで、万が一手が当たってしまってもやけどの心配が少ないです。

タイガーのおすすめ電気ケトル|人気のおすすめ商品比較

PCJ-A081-H

お湯が沸くまでの時間がとにかく短いのが特徴です。

カップ1杯分のお湯がなんと45秒で沸くのです。

これは業界で最速と言われています。

忙しい朝でも、急な来客時でも、家事の合間にでも、飲みたい時にすぐに飲み物を用意することが出来るのはとても魅力です。

PCM-A060

小ぶりなサイズ感と、くすみカラーがおしゃれです。

キッチンのカップボードに出しっぱなしにしても馴染んでくれます。

0.6Lだと少ないかなと思いますが、家族4人が飲むコーヒーを入れるには十分です。

足りなくても、沸くまでの時間がカップ1杯分で60秒と短いため追加で沸かせば間に合います。

PCM-A080

本体がシェルピンクというカラーでかわいらしいです。

コンパクトな作りになっていますが機能は抜群です。

ふたに給湯ロックボタンがついているため、万が一倒してしまった時にもお湯の漏れを抑えてくれます。

複雑な作りではなくワンタッチでロックを解除することが出来るところも魅力です。

PCH-G080

「蒸気レス」という構造が一番魅力的です。

ふたの内側に搭載された蒸気キャッチャーの構造が、外に蒸気が漏れるのを防いでくれます。

蒸気が出ないため、ご自分の好きな場所に置くことが出来ます。

また、沸かしている時に出てくる湯気でやけどをする心配もないため、小さなお子さんがいるご家庭にぴったりです。

PCI-G100

自動通電オフの機能がついています。

これはお湯を沸かす際にスイッチを入れ、沸とうすると自動で電源をオフにしてくれるものです。

ガスでお湯を沸かす時と違って、消し忘れがないところがいいと思います。

沸かしている間にその場を離れることも出来るので、忙しい朝に最適といえます。

PCJ-A101-R

家族が多い方にオススメの大容量です。

一度で1.0L湧くので、家族みんな同時に熱いお茶を飲むことが出来ます。

また本体のカラーがレッドというところもオススメポイントです。

なかなか電気ケトルでこのようなはっきりとしたカラーのものはないと思いますが、アクセントカラーになっておしゃれです。

PCL-A100CS

電気ケトルはすぐにお湯を沸かすことが出来るため、使用していない時の収納も大切です。

こちらは土台の部分にコードを巻き付けて収納することが出来る作りになっていますので、コンパクトにすっきりしまっておけます。

ご自宅のコンセントの位置に合わせてコードの長さを調整出来るので、使い勝手が良いです。

PCL-A100-AS

注ぎ口からお湯が細くなめらかに出る作りになっています。

ドリップのしやすさがウリなので、コーヒーにこだわって飲みたいという方にもオススメ出来る商品です。

持ち手の下の部分が本体から切り離されているため、手の大きな方でも使いやすく工夫されています。

PCK-A080-KM

ふたをはずした口の部分が12cmと広い作りになっているのが特徴です。

お水を上から入れる際に入れやすいのはもちろんですが、中までしっかり洗える作りになっているため衛生的に使用することが出来ます。

本体とふたが完全に別になっているため手入れのしやすさも抜群です。

タイガーのおすすめ電気ケトル|まとめ

忙しい朝などにすぐにお湯を沸かせることができたり、電気ケトルで起こる事故や怪我などを未然に防ぐことができると思います。