【徹底比較】白湯作りにおすすめの電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない…..


この記事では白湯作りにおすすめの電気ケトルをご紹介していきます。


▼白湯作りにおすすめの電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

Re・De Kettle (リデケトル) – BLACK
アイリスオーヤマ 電気ケトル ドリップケトル
HAGOOGI(ハゴオギ) 電気ケトル ガラス 二重構造
スマイル 電気ケトル クックケトル
Russell Hobbs(ラッセルホブス)Tケトル
シービージャパン ウォーター サーバー Mlte
[山善] 電気ケトル 1.0L 沸騰自動OFF機能付き
dretec(ドリテック) 電気ケトル 1.0L
温度調整電気ケトル T Kettle(Tケトル) ホワイト
ヒロ・コーポレーション 電気ケトル

白湯はたくさんの体のお悩みを解決してくれます。

痩せやすい体を作ることや、健康な体を作ることはもちろん、白湯は小さなお子様や赤ちゃん、そしてお年寄りや病気を抱える方にもとっても良いものとされています。

白湯づくりの電気ケトルでは温度もちょうどよく作られるので、すぐに飲むことができます。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは、白湯作りにおすすめの電気ケトルの選び方を見ていきましょう!!

白湯作りにおすすめの電気ケトル|選び方

保温機能があること

保温機能があることによって、何度も沸かさずに済むので電気代の節約や時間の短縮にもなります。

朝の忙しい時間や起きたばかりなどには、とっても良い機能だと思います。

また、沸かすときの電気代も結構かかってしまうので、一度で済めばとってもお得な感じがします。

デザインの良いもの

電気ケトルは、毎日使うものです。

気分をあげるためにも、デザインも重視したいところです。

そして、いつも目に付くところに置きたいので、部屋に合った色やかたち、デザインにもしたいところですね。

ただ、どうしても、コードの部分が黒になってしまうので、そこは気になるところだとおもいます。

簡単に作れるかどうか

白湯作りの電気ケトルは、基本的に普通のケトルにくらべて押すスイッチが多いです。

温度の設定や保温などです。

忙しいときにでも忘れずにスイッチを押してくださいね。

毎日飲みたい白湯ですので、いかに簡単に作れるかということが大きく重視されるところだと思います。

作れる量について

白湯を飲むときに一人で飲む場合も多くあると思いますが、保温ができるとしたらたくさんの量を作って一度でみんなの分を作りたいですね。

もちろん何回かに分けて沸かしてもいいと思いますが、出来ることならば一回で沸かしたいところなので、沸かせる量も重要になりますね。

メーカー

たくさんの電気ケトルがあると思いますが、有名なメーカーを選んでしまいます。

長く使うためや安全のためにも、メーカーは重要なところですよね。

電機メーカーでも電気ケトルを選ぶときは、ポットのメーカーを選ぶのもいいかもしれません。

よく耳にしたり、目にするものがいいのかもしれませんね。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、白湯作りにおすすめの電気ケトルのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

白湯作りにおすすめの電気ケトル|メリットとデメリット

白湯作りにおすすめの電気ケトルのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・短い時間で沸騰した白湯を作れる
・保温機能がある
・離乳食などにもおすすめ
・温度を決められる

デメリット

・ケトル本体に熱を持ってしまう
・蓋が開けにくい
・普通のケトルより作業が多い
・デザインが悪いものがある

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、白湯作りにおすすめの電気ケトルと選び方を紹介していきます!!

白湯作りにおすすめの電気ケトル|『さぶろぐ』のイチオシ

Russell Hobbs(ラッセルホブス)Tケトル

『ゆったりと、スマートに』を叶える、モダンな温度調整電気ケトル。

モダンな暮らしにふさわしいデザイン。

安定したグリップ感のアーチハンドル、しっとりとしたマットな質感のボディ、タッチパネルの温度調整機能付きのボトムは、デザインの調和だけでなく、スマートな機能を搭載し、暮らしに、ゆとりのひとときをもたらします。

>>T ケトル| | ケトル | Russell Hobbs(ラッセルホブス)のレビュー記事はこちら

【口コミ】寿命は?ラッセルホブス ケトルの評判から使い方まで徹底解説!!

白湯作りにおすすめの電気ケトル|人気のおすすめ商品比較

[山善] 電気ケトル 1.0L 沸騰自動OFF機能付き

ハイパワーですぐに沸騰し、ボタンひとつで手軽に操作可能です。

安全機能付きなので、沸騰後は自動でセンサーOFFになるので安心して使えます。

>>[山善] 電気ケトル 1.0L 沸騰自動OFF機能付きのレビュー記事はこちら

山善の電気ケトルをレビュー【口コミ】温度調整できて便利な山善の電気ケトルをレビュー

Re・De Kettle (リデケトル) – BLACK

温度設定から保温まで、2つのボタンを押すだけのシンプル設計。

また、50℃〜100℃まで、細やかに温度調節ができる。

もちろん、各種飲みものの最適な温度にも対応。

デザインもおしゃれめ尚且つ持ち手の大きさもちょうど良く使い勝手がいいです。

ちょっとしたプレゼントや、束の間のコーヒータイムなどにも活用できると思います。

アイリスオーヤマ 電気ケトル ドリップケトル

階温度調節付 保温設定付 沸騰後自動電源OFF が付いていて、一目でわかる満水容量は視認しやすく使いがってが良いです。

ノズルも細口のため、コーヒーを入れる時や紅茶を入れる際にも活躍すると思います。

沸騰とコーヒーと日本茶と三段階にメニューが選べてそれぞれに適した温度調整が可能なところも魅力的です。

HAGOOGI(ハゴオギ) 電気ケトル ガラス 二重構造

二重構造でポットは熱くないから、火傷を防ぎます。

厚い高硼珪酸ガラスの素材で透明で中が見え、重金属も変な臭いもなく耐久性にも優れています。

耐高温-50~200℃の冷熱温度差があっても割れません。

304ステンレスの底部と内蓋、健康素材で安全安心に使えますよ。

スマイル 電気ケトル クックケトル

調理ができる新しいケトル。

容器がガラス製で中が見えるので、安心して使うことができます。

また、茶こしとつぼ型容器ポット付きなので、お茶の濃さも料理中に確認。

ガラス製で臭い移りがなく、お湯への臭い移りもありません。

他にも、汚れが確認しやすいのでいつでも綺麗に保つことができますよ。

シービージャパン ウォーター サーバー 瞬間 湯沸かし 5段階 温度調整 ペットボトル 対応 フラッシュウォーマー Mlte

約2秒でお湯が出るので、ウォーターサーバー感覚で手頃に使うことができます。

水入りのペットボトルをセットしてボタンを押すだけで、約2秒でお湯が出るのでとても便利です。

50℃、70℃、80℃、90℃、95℃の5段階に温度調整が可能なので、お茶やインスタントコーヒーをすぐに楽しむことができますよ。

dretec(ドリテック) 電気ケトル 1.0L

どこでも沸かせる快適さが特徴で、火を使う必要がないためテーブルの上などコンセントがある場所であればキッチン以外でも使用できます。

家族での使用や職場、一人暮らしの方でも使いやすい1.0Lタイプ。

コーヒーやお茶、カップ麺などちょっとお湯が必要な時に対応できます。

さらに、電気ポットよりも電気代を節約できて、経済的です。

温度調整電気ケトル T Kettle(Tケトル) ホワイト

モダンな暮らしにふさわしいデザインで、安定したグリップ感のアーチハンドル、しっとりとしたマットな質感のボディが特徴です。

タッチパネルの温度調整機能付きのボトムは、デザインの調和だけでなくスマートな機能を搭載し暮らしにゆとりのひとときをもたらします。

7段階の温度調整で、お好みのお湯加減をスマートにフィックス&キープができます。

ヒロ・コーポレーション 電気ケトル

沸騰後は自動でセンサーoff メモリが大きく視認しやすいリーズナブルでお手頃。

デザインも丸くて可愛らしいところもポイント高いです。

一人暮らしのかたにもお勧めできます。

ワンタッチでお湯が沸く必要な分だけ、ワンタッチで手軽にお湯が沸かせる。

2~3人分の飲み物を作るのにぴったりの1Lタイプです。

白湯作りにおすすめの電気ケトル|まとめ

白湯はとっても健康に良いので簡単に白湯が飲めるようになることは、みんなが健康で長生きできることと思います。