本日限定!Amazonセールを見る

【徹底比較】海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない…..。


この記事では海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器をご紹介していきます。


▼海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器10選

さぶろぐ
さぶろぐ

タイガー JKT-W18W
象印 NP-HLH10-XA
日立 RZ-D10XFY
タイガー JKW-A10W
東芝 RC-DX10H-R
象印 NS-ZCC18
タイガー JPD-A06W
象印 NS-YMH18-TA
日立 RZ-WS2Y-N
パナソニック SR-SSS

日本人の主食はやはりお米、海外対応旅行に持っていける炊飯器があれば、白米が食べたいときにお米が炊けない、和食料理店がない、白米が食べられないなどの悩みが解決できます。

また日本なら使えるものの、海外では電圧の関係で利用できないことがありますが、海外でも対応可能な炊飯器ならその問題も解消です。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは、海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器の選び方を見ていきましょう!!

海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器|選び方

旅行先の電圧を調べる

電圧の関係でご飯を炊けないトラブルが勃発しないためにも、海外旅行に持参する炊飯器選びでは、旅行する地域にマッチした電圧の炊飯器を選ぶことです。

120Vのものをチョイスるのはアメリカをはじめ、カナダやグアムやハワイなど、東南アジアやヨーロッパに中国なら220から240Vを選びます。

内釜の構造にも注目する

土鍋の内釜はそれだけでも美味しく炊けそうな印象、遠赤外線効果と高い蓄熱効果を持つのが、土鍋の素材だからです。

2.3mm以上の内釜の厚みがあるのは、圧釜と言われるタイプ、熱を抱え込むように炊き上げるのも美味しく炊ける秘訣になります。

厚釜か多層釜なのか真空釜か、どんな構造かまで調べて比べます。

何人で使用するか考える

1人や2人なら0.5合から3合が炊飯可能範囲となる3合炊き、3人から5人のファミリー向けは1合から5.5合が炊飯範囲の5合炊きです。

炊飯器の中でも最も大きいのは、6人以上のたくさんの人数で食べられる1升炊きであり、1合から1升というたっぷりのご飯を炊くことができます。

釜の素材を考えて選ぶ

銅色の外側全体も印象的なのは銅鍋であり、熱伝導率が高く釜全体を素早く加熱します。

ムラなく短時間で加熱できるのは炭、甘みのあるお米が炊けるタイプです。

じっくり火を通す土鍋は美味しいご飯を炊き上げるのが強み、ステンレス製より強い火力で発熱性にも長けているのは鉄です。

こうした素材の特徴を把握して、選ぶこともできます。

機能性や炊飯器の特徴からも、海外旅行対応可能な炊飯器選ぶ

白米だけではなく海外でも、玄米や炊き込みなど、様々なタイプのご飯を食べたいと思う人はいるはず、そんな人に向いているのは、炊き分け機能付きの炊飯器です。

最初から炊き分け機能付きだと、希望のご飯をベストな状態で炊き上げることができます。

自分で水分量を微調整したりことなく、ボタンを選んで押すだけなら簡単です。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器のメリットとデメリットを見ていきましょう!!

海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器|メリットとデメリット

海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・持ち運びに便利
・海外でも使用できる
・電圧切り替えが自動式
・機能性が高い

デメリット

・大きサイズでかさばる
・対応可能な電圧に限度がある
・旅行向けは小型が主流になる
・家電製品なので重さがある

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器を紹介していきます!!

海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器|『さぶろぐ』のイチオシ

タイガー魔法瓶 剛火IH 土鍋IH炊飯ジャー 1升炊き JKT-W18W-KZ

タイガー魔法瓶 剛火IH 土鍋IH炊飯ジャー 1升炊き JKT-W18W-KZは、分解ができてお手入れしやすい炊飯器として好評な1台です。

吸水にかける時間を2倍にし、高火力で加熱することで、旨味のある味わい深いごはんが炊きあがる極うまメニューがあります。

対応電圧は220Vなので、電圧が220V以下の国・地域で利用が可能です。

【口コミ】まずい??タイガーの炊飯器の評判から使い方まで徹底解説!!

【口コミ】まずい??タイガーの炊飯器の評判から使い方まで徹底解説!!

海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器|人気のおすすめ商品比較

象印マホービン IH炊飯ジャー 極め炊き 5.5合炊き NP-HLH10-XA

象印マホービン IH炊飯ジャー 極め炊き 5.5合炊き NP-HLH10-XAは、IH炊飯器の強火で一気に加熱をすることで、おいしいご飯が炊ける炊飯器です。

強い火力で炊飯することで、内釜本体が発熱するので熱効率がよく、また、内釜が均一に温められるので、炊きムラがありません。

対応電圧は220〜230Vなので、電圧が230V以下の国・地域で利用が可能です。

【毎日の贅沢】圧力IH炊飯器『象印 極め炊き NW-JU10』 レビュー | メリット デメリット

象印 極め炊き NW-JU10【毎日の贅沢】圧力IH炊飯器『象印 極め炊き NW-JU10』 レビュー | メリット デメリット

日立 極上対流黒厚釜 マイコン炊飯ジャー 5.5合炊き RZ-D10XFY

日立 極上対流黒厚釜 マイコン炊飯ジャー 5.5合炊き RZ-D10XFYは、ごはんとおかずを同時に調理できる便利な炊飯器です。

新5層構造の内釜を使用し、ご飯をふっくらと炊きあげることが出来ます。

多彩な炊飯メニューがあるので、玄米、雑穀米、もち米なども美味しく炊飯することが出来ます。

対応電圧は220〜240Vなので、電圧が240V以下の国・地域で利用が可能です。

【口コミ】おいしくない!?結局どれがおすすめ??日立 炊飯器の評判をチェック!!

【口コミ】おいしくない!?結局どれがおすすめ??日立 炊飯器の評判をチェック!!

タイガー魔法瓶 IH炊飯ジャー 炊きたて 5.5合炊き JKW-A10W-CUZ

タイガー魔法瓶 IH炊飯ジャー 炊きたて 5.5合炊き JKW-A10W-CUZは、日本製にこだわった、高品質保証の炊飯器です。

海外向け炊飯器ならではの長粒米に対応しており、専用の炊飯コースで炊き上げればスピーディーに、ふっくらと調理することが出来ます。

こだわりの3層遠赤釜は、熱をむらなくお米に伝えご飯を美味しく炊き上げます。

対応電圧は220Vなので、電圧が220V以下の国・地域で利用が可能です。

【口コミ】まずい??タイガーの炊飯器の評判から使い方まで徹底解説!!

【口コミ】まずい??タイガーの炊飯器の評判から使い方まで徹底解説!!

東芝 IH炊飯器 5.5合炊き RC-DX10H-R

東芝 IH炊飯器 5.5合炊き RC-DX10H-Rは、「東芝」独自の羽釜でかまど炊きを再現した炊飯器です。

底面からの蒸気を増やす「釜底WAVE」加工を採用し、熱を釜全体へ行き渡らせるので、ふっくら、もちもちしたお米を炊くことが出来ます。

なお、取扱説明書は日本語・英語・中国語対応しています。

対応電圧は220Vなので、電圧が220V以下の国・地域で利用が可能です。

【口コミ】音がうるさい??まずい!?東芝 炊飯器の評判をチェック!!

【口コミ】音がうるさい??まずい!?東芝 炊飯器の評判をチェック!!

象印マホービン マイコン炊飯器 1升炊き NS-ZCC18

象印マホービン マイコン炊飯器 1升炊き NS-ZCC18は、アメリカ、ハワイ、カナダ、中南米などの120V地域で使える炊飯器です。

釜全体に均一に熱を伝えることができる「黒まる厚釜」を採用し、ふっくら、もちもちしたお米を炊くことが出来ます。

取扱説明書は英語のほか、日本語、中国語、韓国語にも対応しています。

対応電圧120Vなので、電圧が120V以下の国・地域で利用が可能です。

【毎日の贅沢】圧力IH炊飯器『象印 極め炊き NW-JU10』 レビュー | メリット デメリット

象印 極め炊き NW-JU10【毎日の贅沢】圧力IH炊飯器『象印 極め炊き NW-JU10』 レビュー | メリット デメリット

タイガー魔法瓶 可変W圧力土鍋IH炊飯ジャー 3.5合炊き JPD-A06W-WEZ

タイガー魔法瓶 可変W圧力土鍋IH炊飯ジャー 3.5合炊き JPD-A06W-WEZは、土鍋ごはんを海外でも楽しめるという炊飯器です。

「熱流&熱封土鍋コーティング」で土鍋に近い炊き上げ方を再現することで、ふっくらしたご飯が炊き上げることが出来ます。

液晶はホワイトバックライトで見やすく、直感的に操作出来る点も好まれるところです。

対応電圧220Vなので、電圧が220V以下の国・地域で利用が可能です。

【口コミ】まずいって本当??タイガー 炊飯器の評判をチェック!!

【口コミ】まずい??タイガーの炊飯器の評判から使い方まで徹底解説!!

象印マホービン マイコン炊飯ジャー 1升炊き NS-YMH18-TA

象印マホービン マイコン炊飯ジャー 1升炊き NS-YMH18-TAは、中国、東南アジア、ヨーロッパ、ロシアなどで使用できる炊飯器です。

強火で炊き続け、うまみ引き出すので、芯までふっくら、ほかほかしたごはんを炊くことが出来ます。

取扱説明書は日本語・英語・中国語・韓国語に対応しています。

対応電圧220〜230Vなので、電圧が230V以下の国・地域で利用が可能です。

【毎日の贅沢】圧力IH炊飯器『象印 極め炊き NW-JU10』 レビュー | メリット デメリット

象印 極め炊き NW-JU10【毎日の贅沢】圧力IH炊飯器『象印 極め炊き NW-JU10』 レビュー | メリット デメリット

日立 打込鉄釜 おひつ御膳 IH炊飯ジャー 2合炊き RZ-WS2Y-N

日立 打込鉄釜 おひつ御膳 IH炊飯ジャー 2合炊き RZ-WS2Y-Nは、おひつ部分が取り外すことができるので、食卓テーブルまで楽に運ぶことができる炊飯器です。

おひつ状態では、約2時間、約65℃で保温することができるので、炊きたてご飯をそのままの状態でお召し上がりいただけます。

対応電圧220〜230Vなので、電圧が230V以下の国・地域で利用が可能です。

【口コミ】おいしくない!?結局どれがおすすめ??日立 炊飯器の評判をチェック!!

【口コミ】おいしくない!?結局どれがおすすめ??日立 炊飯器の評判をチェック!!

パナソニック Wおどり炊き ダイヤモンド竈釜 IH炊飯ジャー 5.5合炊き SR-SSS105-RK

パナソニック Wおどり炊き ダイヤモンド竈釜 IH炊飯ジャー 5.5合炊き SR-SSS105-RKは、お米の芯まで熱と水を浸透させながら高温で炊き上げることができる炊飯器です。

可変圧力釜を採用し、一気に圧力を抜いてお米を底からかき混ぜつつ、炊きムラを抑え、ふっくらともちもちしたお米を炊くことが出来ます。

対応電圧が220V、対応周波数は50Hzですので、電圧が220V、電源周波数が50Hzの国・地域でご利用が可能です。

【口コミ】まずい!?結局どれがおすすめ!?パナソニック 炊飯器の評判をチェック!!

【口コミ】まずい!?結局どれがおすすめ!?パナソニック 炊飯器の評判をチェック!!

海外対応旅行に持っていけるおすすめの炊飯器|まとめ

海外でも日本人の主食となるご飯をどこにいても食べられますから、和食を恋しく思い辛くなるということがありません。

食が満たされることで、お腹も心も満たされます。

【徹底比較】一升炊きのおすすめ炊飯器10選【徹底比較】アイリスオーヤマのおすすめ炊飯器10選【徹底比較】車中泊におすすめの炊飯器10選【徹底比較】東芝のおすすめ炊飯器10選