【2万円が9000円台!?】Jabraのイヤホンが型落ちで鬼安い。ELITE 65tをレビュー

ELITE 65t レビュー

イヤホンって種類多すぎる・・・。
1万円でコスパ最強のやつ頼む・・・。

 

Jabra ELITE 65tはこんな悩みを解決してくれる完全ワイヤレスイヤホンです。

 

▼こんなメリットがあります

・圧倒的お得感
・とても音質が良い
・抜群のマイク性能
・かっこいい
・ケースが小さい
・マルチポイント対応
・物理ボタン◎
・接続安定◎

 

2018年に25,000円で発売され、新作が出たことで、先月までは13,000円で発売されていた『ELITE 65t』

 

改めて確認すると、10,000円台まで値下がりしており、購入時には更に10%のAmazonポイントが・・・。

 

安い。安すぎる。

 

ハイエンドモデルとして発売されただけあって、「音質」「機能性」「フィット感」「携帯性」など、全ての性能において実質9,000円台で手に入るとは思えない完成度です。

 

1万円以内でコスパ重視。特に利便性を優先したい方にはとてもおすすめな完全ワイヤレスイヤホンです。

 

それでは早速、Jabra ELITE 65tをレビューしていきます!

 

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

パッケージ

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

値段が戻る前に脊髄反射で購入。ハイエンドモデルだっただけあって、少しリッチな雰囲気

 

内箱

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

内箱がオシャレで少しテンションUP

 

付属品

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

Jabra ELITE 65tは付属品はとてもシンプル。

 

ケース

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

最初はケースが固くて開けにくいと思ってたんですが、実はケースの側面を押すだけで簡単に開きます

慣れてしまえば勝手に開くことがなくてむしろ便利。

 

イヤホン本体

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

Jabra ELITE 65tはパッと見は大ぶりなサイズですが、耳へのフィット感が抜群

女性の方や耳が小さい方には相性悪そうです。

 

充電端子

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

Jabra ELITE 65tの充電端子はMicroUSB

2年前の製品なのでさすがにType-Cというわけにはいかないですね。

 

サイズ

Jabra ELITE 65t active|外観とデザイン

Jabra ELITE 65tはケースのサイズが小さいのも特徴。全体的に利便性に優れた製品です。

 

さすがの質感。ビジネスマンって感じあります。

 

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

4マイクテクノロジー

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

Jabra ELITE 65tは4マイクテクノロジーを採用。

これにより周りの雑音は拾わず、しっかりと声は拾います。

また、30度にカーブしたマイク先端のデザインがウィンドノイズを低減させます。

 

外音取込

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

Jabra ELITE 65tはボタンをタッチするだけで、外音取り込みが可能

 

安定した接続

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

Jabra ELITE 65tはNFMI接続を導入し、安定した通話とクリアなサウンドを実現。

Bluetooth 5.0に対応していることで、スムーズな接続が可能です。

 

アプリ

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

Jabra ELITE 65tは専用アプリ「Jabra Sound+」を使って、様々な設定を最適化できます。

音声アシスタントの選択 やイコライザーを使った音楽プロファイルのカスタマイズなど、まさに自分好みのイヤホンにできます。

 

バッテリー

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

Jabra ELITE 65のバッテリー持続時間は1回の充電で最大5 時間と、充電ケースで10時間。

合計で最大15時間の音楽視聴が可能で、出張や旅行などにもピッタリです。

 

音声アシスト

Jabra ELITE 65t active|仕様と特徴

Jabra Elite 65tは「Alexa」「Siri」「Google Assistant」に対応。

音楽の再生だけでなく、スケジュールの設定やメッセージの読み上げなど、必要な情報をすばやく取得できます。

 

スペック

商品名Elite 65t
タイプ*1カナル型
発売日2018年5月14日
音圧感度103 db
インピーダンス16 Ω
再生周波数帯域20Hz~20kHz
ドライバサイズ6 mm
充電端子microUSB
BluetoothVer.5.0
充電時間2時間
対応コーデックSBC
マルチペアリング
防水・防滴性能IP55
重量6.5 g
ハイレゾ×
外音取り込み
自動電源ON機能
防水・防滴性能IP55

 

 

Jabra ELITE 65t active|使い方

Jabra ELITE 65t active|使い方

ペアリング

Jabra ELITE 65tのペアリングは以下の手順で行えます。

 

1.イヤホンをケースから取り出す
2.イヤホンをオフにする
(赤点滅するまでボタンを長押し)
3.右イヤホンが青点滅するまで5秒長押し
4.スマホと接続
5.左イヤホンの音量ダウンを1秒長押し

 

リセット

Jabra ELITE 65tのリセット方法は以下の通りです。

 

1.紫点滅するまで、イヤホンを10秒長押し

 

説明書

説明書をなくした方は、公式サイトからPDFで取扱説明書をDLすることが可能です。

 

保証

保証期間は1年間ありますので、故障や初期不良などにはこちらからサポートに問い合わせできます。

口コミではサポートの対応に時間がかかるような書き込みが多く、Amazonで返品処理してしまうほうが手っ取り早そうです。

 

 

Jabra ELITE 65t active|レビュー

Jabra ELITE 65t active|レビュー

Jabra ELITE 65tはノイズキャンセリングは搭載していないものの、価格からは考えられないクオリティです。

とはいえ、安い買い物ではないので、しっかりと用途に合うかしっかりとチェックしておきましょう!

 

良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!

 

音質

Jabra ELITE 65tは価格からは考えられないほど音質が良く、低音から高音まで気持ちよく音が出ます

特に中音がしっかり出ている印象で、ボーカル域がとても聞き取りやすいですが、今どきのイヤホンと比べると低音は控えめ。

ハイエンドモデルのイヤホンと比べると、ホワイトノイズが少し気になります

とはいえ、安物のイヤホンにありがちな「作った音」のような違和感はなく、とてもクリアに聞こえます。

ざっくり言ってしまうと、5000円以下の有線イヤホン程度の音質で、1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしては抜群に優れた音質です。

 

いくらなんでも安くなりすぎ

 

接続

Jabra ELITE 65tはNFMI接続により接続が早く、とても安定していてます。

また、aptXに対応はしていないんですが、遅延が少ないのも特徴。

どうしても安いイヤホンだと、動画などで音ズレが発生してしまうので違和感があります。

Jabra ELITE 65tなら音楽だけでなく、動画や映画などの視聴にも最適です。

 

2台同時接続のマルチポイントもかなり便利

 

フィット感

Jabra ELITE 65t active|レビュー

Jabra ELITE 65tは絶妙な曲線がとても耳にフィットする形状。

運動しても全く落ちる気配がなく、どんな用途にも使えます。

IPX55対応ということでお風呂でも使えるんですが、装着しながらシャワーを浴びても外れることはありませんでした。

フィット感は抜群に良いんですが、長時間付けていると耳が痛くなりがちなので、1時間以上の使用には不向きかなと思います。

 

見た目以上に納まりが良いです。

 

遮音性

Jabra ELITE 65tはアクティブノイズキャンセリング機能を搭載していないので、カナル型イヤホンなりの遮音性です。

とはいえフィット感が良いため、音漏れなどの心配はなく、まずまずの密閉感があります。

外音取り込みはないよりは全然マシですが、AirpodsProレベルの性能を期待するとガッカリします。

とはいえ、3m程度の近距離であれば、人の声などは取り込んでくれます。

 

ノイキャンはないものと思ったほうが良いです。

 

通話

Jabraはマイク性能を強みとした製品を多く取り扱うメーカーなだけあって、さすがのマイク性能

AirpodsProなどと比較してもかなりクリアに聞こえるようで、仕事の通話や会議などの使用にも最適です。

 

会議用ヘッドセット代わりとして買うのもオススメ

 

注意点

コンプライなどのイヤーピースに付け替えると、ケースのフタが閉まらなくなってしまうので、基本的には付属の中から選ぶことになります。

また、フタが開けにくいという口コミをよく見かけますが、ケースの側面をつまみましょう。簡単に開けられます。

 

コツを知らないまま落として紛失する方も

 

総評

Jabra ELITE 65tは特出した個性があるというより、全体的に非の打ちどころがない、とても無難なイヤホン。

どんな用途にも使えるので、万人にすすめることができます。

強いて言うならガンガンに低音を効かせて音楽を楽しみたい方には相性が悪そうです。

定価で買う価値はないかなと思いますが、1万円以下で手に入るのはかなりヤバイ

 

新作が出た今がねらい目

 

 

Jabra ELITE 65t active|メリットとデメリット

Jabra ELITE 65t active|メリットとデメリット

そんな爆発的なコスパを誇るJabra ELITE 65tですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

・フィットしすぎて長時間は少し痛い
・ノイキャンはほぼない
・外音取り込みはおまけ程度
・そもそも定価が割高感ある

 

 

メリット

・とはいえ安すぎる
・クリアで解像度の高い音質
・抜群のマイク性能
・ケールがコンパクトで軽い
・マルチポイント接続が便利
・デザインがかっこいい
・物理ボタンで操作しやすい
・接続が早くて安定
・風切り音が少ない
・音声アシスト対応
・イコライザで設定可能

 

 

この価格帯には付いてないような機能がいっぱい

 

Jabra ELITE 65t active|まとめ

Jabra ELITE 65t active|まとめ

Jabra ELITE 65tはまさに「これ1つでOK」なイヤホン。

 

あんまり高いイヤホンは失くすのが怖いし、防水性能がイマイチだと雨の日は使えなかったりしますよね。

 

Jabra ELITE 65tは元々ハイエンドモデルということもあって、全ての性能が高水準でありながら、爆発的な安さ。これが9000円台はまじでヤバイ・・・。

 

イヤホンは消耗品。コスパ重視で選びたいという方にはピッタリです。

 

▼こんな方におすすめ

・会議で使いたい
・スポーツで使いたい
・コスパ重視
・風呂でも使いたい
・動画も楽しみたい
・イヤホンは1台で済ませたい

 

本日ご紹介したJabra ELITE 65t

コスパ重視のお得感で選びたい方は是非チェックしてみて下さい👇

 

人気記事【まとめ】生活の質を向上するおすすめ贅沢家電

人気記事【まとめ】生活を快適にするおすすめ時短家電

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です