【2023年1月】ダイキンのおすすめ加湿器10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない・・・。


この記事ではダイキンのおすすめ加湿器をご紹介していきます。


▼ダイキンのおすすめ加湿器10選

さぶろぐ
さぶろぐ

ACK70X
MCK55W
ACM55X
MCK70W
MC55W
MC55Y
MCK70X
MC55X
MCK50Y
MCK70Y

家電量販店にも、ズラッとダイキンの加湿器が並んでいます。

口コミや評判、最新人気ランキング、さらにスペック比較などによって、どの加湿器を選んでよいのか悩んでしまいます。

さらに、ダイキンのおすすめ加湿器なら、フィルター掃除のお手入れが難しいなどの悩みも解決できます。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずはダイキンのおすすめ加湿器の選び方を見ていきましょう!!

ダイキンのおすすめ加湿器|選び方

空気清浄機能つきにするかどうか

ダイキンの加湿器といっても、単品のみは数が限られています。

最近では、ほとんどの機種で加湿器と空気清浄機を組み合わせた製品になっています。

もちろん、これなら2台置かなくてよくなるため、場所の節約にもなります。

寝室などの限られた場所に設置する際に便利ですし、空気清浄機能付きなら臭いも抑制できます。

アプリに対応しているかチェック

ダイキンの空気清浄機能付きの加湿器のなかには、スマートフォンから操作ができるものがあります。

専用アプリをインストールすることにより、部屋の空気の状態をチェックすることも可能です。

遠隔操作できる利便性の高い機能付きです。

もちろん、無くても不便でないなら非対応を選ぶようにすると、価格も抑えられます。

必要畳数で選ぶ

ダイキンの加湿器を選ぶなら、設置する場所の畳数で選ぶようにしましょう。

空気清浄機能付きを例にした場合、19畳まで、25畳まで、31畳までに適応し、大きくなれば出力も上がります。

また、地域や設置する環境によっても、畳数よりも大きいものを選んだほうがよい場合もあります。

最新機種と旧モデルで選ぶ

加湿器は、他の家電と違って、比較的旧製品と新製品が市場に多く出回っている製品になります。

新製品が出ても、旧製品の在庫があれば、併売されています。

大きく形や機能性が変わることがないのも加湿器です。

ですので、手頃な旧製品を選んでも機能的に差し支えないことも多いと思います。

デザイン性

加湿器を選ぶ時には、機能性よりもデザイン性で選ぶといったこともポイントになります。

スタイリッシュなデザインのものがダイキン製品には多いのですが、周りのご家庭の加湿器のデザインとかぶらないものを取り入れるのもおすすめです。

機能は変わらず、デザインだけリニューアルされるパターンもあります。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、ダイキンのおすすめ加湿器のメリットとデメリットを見ていきましょう!!

ダイキンのおすすめ加湿器|メリットとデメリット

ダイキンのおすすめ加湿器のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・加湿してくれる

・機能性が高い

・通年快適

・スタイリッシュ

デメリット

・カビが発生

・価格が高い

・加湿以外の機能付き

・本体が重たい

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、おすすめのダイキンの加湿器と選び方を紹介していきます!!

ダイキンのおすすめ加湿器|『さぶろぐ』のイチオシ

ACK70X

・ツインストリーマとTAFUフィルターを兼ね備えた、高機能な空気清浄機です。

・通常の2倍のストリーマ機能を有しているため、花粉やPM2.5といった有害物質や、匂いを素早く分解除去することができます。

・スマートフォンのアプリを導入することで、遠隔操作も可能です。

【2023年1月】脱臭機能付きのおすすめ空気清浄機10選

【2023年1月】脱臭機能付きのおすすめ空気清浄機10選

ダイキンのおすすめ加湿器|人気のおすすめ商品比較

MCK55W

・加湿量が1時間当たり500mlと多く、パワフルな加湿力を有します。

・運転音が従来と比較して30%低減しているので、寝室でも使用しやすいです。

・加湿した空気の吹き出し時、温度の低下を抑える「ダブルバスキング方式」を導入しているので、風も冷たく感じません。

【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選

【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選

ACM55X

・本体の高さがわずか50cmと、従来品に比べコンパクトなため、省スペースが可能です。

・10年間交換が不要の「TAFUフィルター」で、手入れの手間が格段に減りました。

・花粉症の方やペットを飼っていらっしゃるご家庭でも、十分安心な機能性を有しています。

【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選

【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選

MCK70W

・「ツインストリーマ」機能搭載で通常の2倍のストリーマ機能を有しているため、花粉やPM2.5といった有害物質や、匂いを素早く分解除去することができます。

・スマートフォンのアプリを導入することで、遠隔でもオンオフや運転モードの切り替えなどの操作を行うことができます。

【2023年1月】ほこりを除去できるおすすめの空気清浄機10選

【2023年1月】ほこりを除去できるおすすめの空気清浄機10選

MC55W

・ペットを飼っていらっしゃるご家庭、喫煙者のいらっしゃるご家庭でも安心な、脱臭力の強いモデルです。

・もちろん、花粉やPM2.5といった微粒子のろ過にも優れています。

・加湿機能は搭載していません。

・高さが32.9cmと低いため、小さい空気清浄器機をお探しの方に最適です。

【2023年1月】消臭機能付きおすすめの空気清浄機10選

【2023年1月】消臭機能付きおすすめの空気清浄機10選

MC55Y

・「TAFUフィルター」を搭載しており、花粉やウイルス、カビを99.97%捕捉可能な高性能モデルです。

・加湿機能は搭載されていないので、空気清浄の機能だけ欲しい方におすすめです。

・匂い粒子をフィルターに吸着させ、ストリーマで分解するので、高い匂い除去能力を発揮します。

【2023年1月】花粉症対策におすすめの加湿器10選

【2023年1月】花粉症対策におすすめの加湿器10選

MCK70X

・「ツインストリーマ」搭載で、従来に比べて2倍の脱臭力を有します。

・同時に、「TAFUフィルター」も搭載しており、花粉やほこりの吸着力が落ちにくいです。

・小林製薬株式会社と共同開発した抗菌技術を用いた、抗菌加湿フィルターを有しています。

・加湿器を清潔に使い続けたいと感じる方におすすめします。

【2023年1月】20畳タイプのおすすめ空気清浄機10選

【2023年1月】20畳タイプのおすすめ空気清浄機10選

MC55X

・「TAFUフィルター」搭載で、花粉やほこり、ウイルスを99.97%吸着することができます。

・10年間手入れをする必要がありませんので、メンテナンス性が良いです。

・「アクティブプラズマイオン」機能も搭載しており、ペットやたばこの匂いを力強く脱臭します。

【2023年1月】おすすめの業務用空気清浄機10選

【2023年1月】おすすめの業務用空気清浄機10選

MCK50Y

・従来のように加湿用の水タンクが本体の裏や側面にあるのではなく、上部に設置されているので、水の交換が簡単にできます。

・「HEPAフィルター」を搭載しており、花粉やPM2.5の除去から、カビやウイルスの除菌まで可能です。

・本体のサイズが奥行き、幅ともに27cmとスリムなので、スタイリッシュな見た目です。

【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選

【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選【2023年1月】ダイキンのおすすめ空気清浄機10選

MCK70Y

・2022年に発売された、最新モデルです。

・直線基調の洗練されたデザインでインテリアとしても良いです。

・加湿量が1時間あたり700mlと大容量です。

・「ツインストリーマ」搭載で、従来に比べて2倍の脱臭力を有します。

・同時に、「TAFUフィルター」も搭載しており、花粉やほこりの吸着力が落ちにくいです。

【2023年1月】花粉症対策におすすめの加湿器10選

【2023年1月】花粉症対策におすすめの加湿器10選

ダイキンのおすすめ加湿器|まとめ

ダイキンの加湿器は、乾燥しがちな冬の時期に大活躍します。

ウイルスなどは乾燥しがちな部屋が好きなので、加湿しておくだけで、ウイルス対策にも繋がります。

また、空気清浄機能付きなら、臭いや菌、ハウスダスト対策にも繋がります。

【2023年1月】衛生的なおすすめ加湿器10選【2023年1月】かわいいデザインのおすすめ加湿器10選【2023年1月】楽天で買えるおすすめの加湿器10選【2023年1月】コスパ抜群のおすすめ加湿器10選