【徹底比較】rmkのおすすめのファンデーション10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない….。


この記事ではrmkのおすすめのファンデーションをご紹介していきます。


▼rmkのおすすめのファンデーション10選

さぶろぐ
さぶろぐ

rmkリキッドファンデーション
コンシーラー
パウダーファンデーション
プレストパウダー
クリームファンデーション
フェイスパウダー
クッションファンデーション
ジェルファンデーション
カラーファンデーション
ベースファンデーション

ジェルとクリームのファンデーションなので、ジェルで透明感を出してくれるので肌がつやつや見えます。

クリームでカバー力をしてくれるので、肌を綺麗に見せてくれます。

いろいろな保湿成分が配合されているので、乾燥から肌を守ってくれます。

カバー力がそれなりにありますが、厚塗り感が出ることはないです。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは、rmkのおすすめのファンデーションの選び方を見ていきましょう!!

rmkのおすすめのファンデーション|選び方

マットな肌にするか、つや感がある肌にするか

店頭で実際に自分の肌に試してみるのが一番ですがマットな肌にしたいときは、リキッドタイプ等のファンデーションを選ぶことが多いです。

つや感がある肌にしたいときは、ジェルが含まれているファンデーションかクッションファンデーション等を選ぶことが多いです。

夏はマットな肌に、冬はつや感がある肌にすることも選び方の一つだと思います。

日焼け止め成分が含まれているかどうか

日焼け止めの成分が含まれているファンデーションを選ぶことが多いです。

私はズボラなので、日焼け止めを塗ることを忘れてしまいます。

化粧下地もそうですが、ファンデーションに日焼け止め成分が含まれていたら春夏秋冬忘れずに日焼け対策ができるからです。

梅雨が一番紫外線が強いのも太陽が出ていなければ安心というわけでもありません。

カバー力

できもの等の肌悩みがあるときは、カバー力が高いものを選ぶことが多いです。

肌の調子がいい時は、ナチュラルにカバーしてくれるものを選ぶと肌に負担をかけずに肌を綺麗に見せてくれると思います。

好み等個人差はありますが、お肌のことを考えるとナチュラルにカバーできるファンデーションを選びます。

保湿力

ファンデーションを肌に塗っているということは、多少なりとも肌に負担がかかります。

冬の乾燥の時期も肌が乾燥しやすいので、冬に使用する際は保湿してくれるファンデーションを選びます。

ファンデーションを塗って乾燥すると、せっかく化粧していても崩れてしまい意味がなくなってしまいます。

カラー

肌の色・肌の悩みに合わせて、ファンデーションのカラーを選びます。

私は肌が明るめなので、ピンクベースのものを選びますが、くすみが気になる方はイエローベース等肌に合わせた色の選び方があります。

赤みが気になる方はグリーンベースの下地を使用してからファンデーションを使用してもいいと思います。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、rmkのおすすめのファンデーションのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

rmkのおすすめのファンデーション|メリットとデメリット

rmkのおすすめのファンデーションのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・保湿力
・つや感
・ナチュラルなカバー力
・フィット感

デメリット

・強力なカバー力
・少し値段が高め
・長時間持続しない
・マスク崩れ

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、rmkのおすすめのファンデーションと選び方を紹介していきます!!

rmkのおすすめのファンデーション|『さぶろぐ』のイチオシ

rmkリキッドファンデーション

rmkリキッドファンデーションは、とても自然な仕上がりになります。

どちらかというと、薄づきなほうだと思います。

薄くついて、よくのびるので、ナチュラルメイクには最適だと思います。

もう少し、カバー力が欲しいときには、コンシーラーを気になるところにだけつけると、良いです。

【口コミ】色選びは?RMK ファンデーションの評判から使い方まで徹底解説!!

【口コミ】色選びは?RMK ファンデーションの評判から使い方まで徹底解説!!

rmkのおすすめのファンデーション|人気のおすすめ商品比較

コンシーラー

rmk スーパーベーシックコンシーラーパクトは、優秀だど思います。

自然な仕上がりになるので、雨水メイクが好きな人や、ナチュラルメイクが好きな人に、向いていると思います。

Tゾーンや、鼻筋や、目の下につけると、とてもきれいに仕上がります。

下地の前につけたほうがよれずにつけることができます。

パウダーファンデーション

rmk UVパウダーファンデーション リフィルは、リキッドファンデーションとはちがい粉状なので、油性タイプの肌の方にはとても有効です。

油分を押さえることができて、カバー力もあるので、リキッドファンデーションよりも、よりしっかりとしたメイクがしたいというかたには向いています。

プレストパウダー

rmk シルクフィットプレストパウダーは、パウダーファンデーションよりもかなり薄づきです。

パウダーファンデーションとはちがい、ナチュラルです。

通常は、リキッドファンデーションをつけたあとに、テカりなどを押さえるためにはたいてつけます。

下地にプレストパウダーだけつける方法もあります。

クリームファンデーション

rmkクリーミィファンデーションは、リキッドファンデーションよりも、濃く、しっかりしたクリームのファンデーションになります。

リキッドファンデーションよりも、しっかりとしたメイクがしたい人に向いています。

より自然に見えるのは、リキッドファンデーションだと思います。

フェイスパウダー

rmk シルクフィットフェイスパウダーは、いわゆるお粉のことです。

ラメ入りなど、いろいろなものがあり、メイクの仕上げにラメをいれたりするためにつかったり、カラーを超絶するためにつかったり、します。

肌に自信がある人は、下地にフェイスパウダーをはたくだけで、とてもナチュラルなメイクになります。

ジェルファンデーション

rmk ジェルクリーミィファンデーションは、ジェルタイプのファンデーションです。

リキッドファンデーションよりもしっかりとしたカバー力もあり、クリームファンデーションよりも、薄づきで、自然な仕上がりになります。

リキッドファンデーションでは、カバー力がものたりない人におすすめのファンデーションです。

カラーファンデーション

rmk カラーファンデーションは、補正効果のあるファンデーションです。

下地をつけたあとに、はだのいろを補正するためにつけます。

明るく見せたい人はピンク色、白く見せたい人はグリーンなど、目的によって、カラーを選びます。

保湿の効果もあるのでしっとりとされてくれるような効果もあります。

ベースファンデーション

rmk メイクアップベースは、ベース用のファンデーションです。

チューブタイプになっています。

下地を塗ったあと、ファンデーションを塗る前につけておくことによって、化粧くずれを防ぐという効果があります。

よれにくくなったり、透明感が出てきたりします。

つけると仕上がりが違ってきます。

クッションファンデーション

クッションファンデーションは、ねりタイプのファンデーションです。

コンパクトに練った状態のファンデーションが入っていて、スポンジでつけます。

パウダーファンデーションよりも、水分を含んでいてしっとりするので、乾燥肌の人にはおすすめです。

手軽にリキッドファンデーションのような仕上がりにすることができます。

rmkのおすすめのファンデーション|まとめ

rmkのファンデーションは、冬は保湿してくれるので絶対に使用するようにしています。

この商品なしでは乾燥していまうので化粧をしないより肌にいいと思います。

【口コミ】色選びは?アネッサファンデーションの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】偽物に注意! ディビュースクッションファンデーションの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】結局どれがおすすめ?プチプラファンデーションの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】色選びは?エクラスセラムファンデーションの評判から使い方まで徹底解説!!