【買う前に知りたいデメリット】電動歯ブラシは結局どれがおすすめ!?口コミや評判をチェック!!

さぶろぐ
さぶろぐ

手磨きでの面倒くさいし、
しっかりとブラッシングしたい・・・


電動歯ブラシは直接カラダに触れるものなので、しっかりとデメリットを把握した上で購入したいですよね。


▼こんなデメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・思ったより汚れが落ちない
・替えの歯ブラシが高い
・振動形式が1種類しかない
・歯に負担がかかる
・慣れるまでは磨きにくい
・本体の買い替えが必要
・連動動作時間が短い


電動歯ブラシは、歯ブラシ部分は取り換え可能となっており、寿命が来ても取り換えれば使い続けられる電動歯ブラシです。


はじめはやや強めの音波振動ですが、歯茎の表面がつるつるすることが実感できるので、着色や歯垢が気になる方におすすめ。


歯科医院でも推奨されている電動歯ブラシが多く、手動より綺麗になるので、手動の歯ブラシで歯の汚れに不安がある方にピッタリ。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、 電動歯ブラシ のデメリットをご紹介していきます!


【初回2000円引き】買い出しと献立を丸投げできるサービスが神だった【2021年】おすすめの調理家電!!買ってよかった調理家電を紹介!!

電動歯ブラシのデメリット①思ったより汚れが落ちない

電動歯ブラシのデメリット①思ったより汚れが落ちない

電動歯ブラシ は、メーカーによって洗浄方式が変わってきます。


その方式を理解していないと、思ったよりも汚れが落ちないと感じてしまうかもしれません。

さぶろぐ
さぶろぐ

汚れが落ちないとガッカリ・・・

電動歯ブラシのデメリット②替えの歯ブラシが高い

電動歯ブラシのデメリット②替えの歯ブラシが高い

電動歯ブラシの替えブラシは、3ヶ月に一度交換といっても普通のブラシと比べたらとても高いです。


またメーカーによっては、替えのブラシは歯科医院かネットでしか買えないため、予備はストックしておかないといけません。

さぶろぐ
さぶろぐ

予備がなくなると不安

電動歯ブラシのデメリット③振動形式が1種類しかない

電動歯ブラシのデメリット③振動形式が1種類しかない

機種によって電動歯ブラシの振動のパターンは1種類しかありません。


若干強めの振動だと感じてしまうこともありますが、振動はかえられないので、あまり強くこすると出血してしまいます。

さぶろぐ
さぶろぐ

あくまで振動で落とすカンジ

電動歯ブラシのデメリット④歯に負担がかかる

電動歯ブラシのデメリット④歯に負担がかかるので時間をかけて磨けない

電動歯ブラシは、普通の歯ブラシと違って電動歯ブラシは歯に負担がかかる為、時間に追われながら磨くのはストレスを感じてしまうかもしれません。


そういう場合は、ふつうの歯ブラシも使って、上手いこと併用していくとよいでしょう。

さぶろぐ
さぶろぐ

個人差があるので自分なりの歯磨きの仕方を考えよう

電動歯ブラシのデメリット⑤慣れるまでは磨きにくい

電動歯ブラシのデメリット⑤慣れるまでは磨きにくい

電動歯ブラシは、今まで自分で動かして磨いていたので慣れるまでは電動歯ブラシは磨きにくいです。


ブラシを垂直にやさしく当てることがポイントになってくるので、普通の歯ブラシとの違いに気を付けて使用するとよいでしょう。

さぶろぐ
さぶろぐ

慣れるまでは気をつけよう

電動歯ブラシのデメリット⑥本体の買い替えが必要

電動歯ブラシのデメリット⑥数年で本体の買い替えが必要

電動歯ブラシは、長期間使用しているとバッテリーが弱るので数年毎に買い替えた方が良いでしょう。


メーカーや使用条件によっても変わってきますが、 電動歯ブラシ の寿命はだいたい3年から5年だといわれています。

さぶろぐ
さぶろぐ

ふつうの歯ブラシと比べるとお金がかかる⤵

電動歯ブラシのデメリット⑦連動動作時間が短い

電動歯ブラシのデメリット⑦連動動作時間が短い

電動歯ブラシの機種によっても変わってきますが、歯茎保全のため、途中でも一度停止してしまいます。


とはいえ、実際にはもう少し長く連動してほしいと感じてしまう方もいるでしょう。

さぶろぐ
さぶろぐ

急いでいるときは早く歯を磨きたいのに

電動歯ブラシ|口コミと評判

良い口コミ・評判

今までは手磨きで力が強く歯茎が少しずつ擦り減っていっていましたが、 この商品だと力が強いと振動が変わり教えてくれるので、今までの磨き方が強かったのだと再認識出来ました。

時間毎にバイブで教えてくれる機能がありますが、自分は2分では磨ききれないです。 合計4分で磨ききるようにしてます。

Amazonより引用

痛いくらい振動が強い。

振動には慣れますが調整も出来るので良いですね。

今までの歯磨きがバカらしくなりました。

ブラシは硬くないので歯間ブラシも併用することをお勧めします。

トゥルットゥルになります!

Amazonより引用

歯磨きに対する意識が変わりました。

磨いた後、舌で歯を舐めた時の感触が全然違います。

Amazonより引用

電動歯ブラシの良い口コミや評判をみていくと、「歯磨きに対して意識が変わった」「ふつうの歯ブラシと全然違う」といった好印象の口コミが多くありました。


たしかに、慣れるまでは普通の歯ブラシと違いますが、使い始めるとその変化に驚きますよね。


歯磨きの時間が楽しくなったという方もいらっしゃいましたよ。

さぶろぐ
さぶろぐ

歯垢、汚れ落としの効果ばつぐん!


悪い口コミ・評判

使用方法は至って普通で、落としたり変な衝撃を与えるなどもなく使用していましたが、1ヶ月ちょいで振動がヘッドに全く伝わらなくなりました。

モーター?が動いている音はしますが、接続部の金属が根本震動せず、内部の接触不良なのか、金属部を少し触ると振動するようになる事もありますが直ぐに無振動になってしまいます。

購入から1ヶ月ちょい経っているため返品も出来ず、この値段で訳の分からない故障で、金を無駄にしました。

故障がなければいい商品ですが、購入される方は故障する事も踏まえて検討した方がいいかと思います。

Amazonより引用

これまでの電動歯ブラシ同様、太くて歯ブラシホルダーに立てられないのは変わらないのですが・・・

今まで電動歯ブラシの充電は2~3日に1回で、それ以外は洗面所のミラー収納台(ミラーを開くと中に歯ブラシや小物を収納できる、よくあるアレです)に寝かせて収納しているのですが・・・

この歯ブラシは長すぎて、替えブラシを毎回バラさないと収納できない(汗)

引き抜くだけとはいえ、ちょっと面倒(汗)

Amazonより引用

電動歯ブラシの悪い口コミや評判をみていくと、初期不良ではないものの使用していてしばらくすると使えなくなったという口コミが何点か目立ちました。


メーカーや機種によっても違ってきますが、長めに保証期間をとってくれている商品もありますので、初期不良に不安を感じている方は保証期間が長めのものを選ぶとよいでしょう。

さぶろぐ
さぶろぐ

壊れてしまうとショック・・・


電動歯ブラシ|どんな人におすすめ?

初めて電動歯ブラシを使う人

電動歯ブラシに興味があるんだけどなかなか買えずに普通の歯ブラシを使っている人にはおすすめ。


〔上位モデルに付属されるもの〕

  • 歯垢除去用
  • 歯周ポケット用
  • ステイン(着色汚れ)除去用

など付属ブラシが増えていくので、まずはブラシが1~2種類くらいの少なめのエントリーモデルのものを選ぶとよいでしょう。

ツルツルの歯・白い歯を目指したい人

ツルツルの歯・白い歯を目指したい人

電動歯ブラシは、普通の歯ブラシのヨコ磨きだけでは取れないしつこい歯垢もパワフルに落とせるためおすすめです。


ツルツルの歯・白い歯になって笑顔の口元が気にならなくなりたい方は、電動歯ブラシにするとよいでしょう。

電動歯ブラシ|おすすめモデル

フィリップス ソニッケアー 電動歯ブラシ エキスパートクリーン

フィリップス ソニッケアー 電動歯ブラシ エキスパートクリーン

フィリップスの電動歯ブラシは、電動歯ブラシのエントリーモデルとしては最適。


初めて電動歯ブラシを使ったときの「今まで全然磨けてないじゃん!?」という衝撃は忘れられなくなりますよ。


以前の記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

フィリップス ソニッケアーをレビュー【買って後悔】もっと早く使えばよかった!フィリップスの電動歯ブラシをレビュー

Atmoko 142AW 音波歯ブラシ

Atmoko 142AW 音波歯ブラシ

Atmoko 142AWは、それほど有名ドコではないのですが、高コスパで満足度が高い電動歯ブラシです。


その上、保証期間が丸2年あるので初期不良や故障に不安がある方は検討してみてもよいかもしれません。

電動歯ブラシ|よくある疑問

電動歯ブラシと手磨きはどっちがいいの?

電動歯ブラシは、手で動かす歯ブラシよりも圧倒的に効率が良いです。


普通の歯ブラシではどうしても落とせない汚れも、たくさんの振動を歯に与えることができ、つるつるピカピカの歯にしてくれます。

歯茎が下がるの?

歯茎が下がるの?

電動歯ブラシは、間違った方法で歯みがきすると、歯のエナメル質がすり減り、歯根の表面が露出してしまう原因になってしまいます。


そのため、ただなんとなく 電動歯ブラシ を当てるのではなく、きちんと垂直にやさしくブラシを当てることに気をつけましょう。

歯が削れる?

歯が削れる?

電動歯ブラシでつかう歯磨き粉は、研磨剤が入っていない電動歯ブラシ用歯磨き粉を使うようにしましょう。


普通の歯磨き用の歯磨き粉は、研磨剤が入っていて、着色汚れを落とす効果が期待できます。


しかし、電動歯ブラシで同じ歯磨き粉を使うと力が強すぎて逆に歯を傷つけてしまう可能性があります。

効果ない?

電動歯ブラシは、普通の歯磨きでは落としづらい歯垢を取り除いてくれたり、歯磨きの時間が短くすることができるなど、便利です。


しかしその一方、雑に歯磨きしたり短時間で済ませてしまおうとしてしまうと、普通の歯磨きよりも効果が薄くなってしまいます。


電動歯ブラシ本来の効果を発揮するためにも、日頃からきちんと丁寧に歯磨きをしていきましょう。

電動歯ブラシ|メリットとデメリット

時短にもつながる便利な電動歯ブラシですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・思ったより汚れが落ちない
・替えの歯ブラシが高い
・振動形式が1種類しかない
・歯に負担がかかるので時間をかけて磨けない
・慣れるまでは磨きにくい
・数年で本体の買い替えが必要
・連動動作時間が短い

メリット
・歯磨きの効率がよくなる
・誰でも簡単に歯垢が落とせる
・使っていて疲れない
・普通の歯ブラシより磨ける
・歯科医院でも推奨されている
・歯茎の表面がつるつるにかわる
・歯磨きした後にスッキリする

さぶろぐ
さぶろぐ

値段は高いけど時短につながる


電動歯ブラシ|安く買うには?


Amazonって本当に便利ですが、なんとなく使っている方がほとんどなんですよね。

特にアマゾンギフト券でのポイント付与はあまり浸透してなくて、知らないうちに損してる方も多いはず。

初回限定で1000円貰えるキャンペーンも開催中なので、合わせてチェックしてみて下さい。

【1分でできる】アマゾンチャージで1000円分貰えるキャンペーン


電動歯ブラシ|まとめ

電動歯ブラシに関するデメリット まとめ

電動歯ブラシで磨いた後は下前歯の裏側がツルツルになり、それが自分でもハッキリと分かります。


ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使っていても、手動の時より綺麗にすることができますよ。


もし抱えている下前歯に歯垢が溜まるという悩みがあっても、かなり改善されるかもしれません。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・歯磨きが嫌い
・歯磨きに時間をかけれない
・歯科医院に行くのが嫌い
・健康意識が高い
・唾液分泌量が多い
・しっかり歯磨きをしたい
・着色が着きやすい物が好き
・タバコを吸う
・歯周病で困っている


本日ご紹介した 電動歯ブラシ

健康的な食生活の維持に興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【口コミ】効果なし!?ブレスマイルウォッシュの特徴とレビューを解説!!【口コミ】効果なし??スーパーホワイトLVの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】白くならない・・?コナナノカの評判をチェック!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)