【加湿器はカビの温床】手間いらず『象印 EE-RP35』メリット・デメリット徹底レビュー

象印 EE-RP35
▼よくある疑問

・カビ生えるの?
・そんな掃除いる?
・そもそも加湿器っているの?

乾燥・健康・暖房効率などを考えると加湿器は必須なんですよね。

しかし手入れが大変でとてもカビが発生しやすいのが欠点。

 

カビを巻き散らしてしまうと健康被害も大きく、きちんとした手入れが大切です。

今回は加湿器選びに重要なポイントを押さえながら、
手入れが簡単象印 EE-RP35を実際に使ってみた感想をレビューしてきます。

 

POINT

・加湿器の種類
・適用畳数
・タンク容量
・電気代
・手入れ

加湿器について

乾燥肌

 

そもそも設置する事でどんなメリットがあるのでしょうか?
改めて考えると、加湿器ってめちゃくちゃコスパ良いんです。

 

▼こんなメリットがあります

・ウイルスを不活性化
・鼻と喉の粘膜を保護
・肌荒れ防止
・体感温度UP
・暖房費削減

 

掃除が大変

手入れを怠った場合、部屋中に細菌やカビを巻き散らすことになります。

「加湿器病」と呼ばれるものもあり、加湿器による菌感染は大きな問題です。

特にお子様がいらっしゃる家庭では特に注意が必要です。

健康のための加湿が、菌感染を起こしてしまっては本末転倒ですよね。

▼お掃除項目一覧

  • タンク清掃
  • フィルター清掃
  • トレイ清掃
  • 内部清掃
  • 外部清掃
  • クエン酸洗浄(月1回程度)

 

そんなに!?
流石にめんどくさい・・

 

設置する際の注意点

  • 床から30㎝以上の高さに設置
  • 部屋の中央に設置
  • 換気扇や出入り口付近は避ける
  • 窓の近くは結露に要注意
  • エアコンの吸入口付近に設置

 

効果が高いほうがいいですよね
全部は無理でもなるべく意識してみましょう

 

様々な種類

加湿器比較

タイプ別の特徴やメリットとデメリットなど、
具体的にどんな方にオススメか比較していきましょう!

 

スチーム式

ヒーターによる加熱でお湯を沸かすので、常に殺菌され衛生的です。
最も加湿力が高く、手入れが簡単なのが特徴です。
一方で、消費電力が高いのがデメリットです。

 

▼こんな方にオススメ▼

・とにかく掃除が苦手
・乾燥肌でカサつく
・喉が弱く冬が辛い

 

超音波式

超音波によって微細な粒子に変化させ、それを巻くことで加湿します。

電気代もそこまでかからず、本体価格も安め
小型で場所も取らず、オシャレなモデルが多くメリットばかり。

しかし、最大の欠点は「掃除が大変」です。週に1度は清掃が必要。

 

▼こんな方にオススメ▼

・とにかく安く済ませたい
・置く場所が限られている
・実は掃除が好き

 

気化式

水に空気を送り、蒸発させることで加湿します。
消費電力がとても安いのが特徴です。

他のタイプと比べると加湿力が弱いのがデメリットです。
こちらもフィルターの清掃が必要になります。

 

▼こんな方にオススメ▼

・多少の掃除なら大丈夫
・加湿は適度で良い
・電気代を抑えたい

 

ハイブリット式

スチーム式と気化式の組み合わせで、「電気代」と「加湿力」の両タイプの欠点を補っています。

フィルターがあるので清掃は必要ですが、高温で殺菌されますので、純粋な気化式よりは手入れが楽です。

 

▼こんな方にオススメ▼

・結局どれが良いか分からない
・バランス重視の無難な商品で良い

『象印 EE-RP35』レビュー

レビュー

ズボラな私がイチオシする、象印 EE-RP35を実際に使った感想をご紹介します。

 

『象印 EE-RP35』の加湿能力

『EE-RP35』はスペック表の記載が木造和室6畳とありますが、10畳以上でも全然余裕です。

 

『象印 EE-RP35』の静音性

『EE-RP35』は沸騰音はしますが、さほど気になりません。

「ひかえめモード」もありますので、特に問題ではないかと思います。

 

『象印 EE-RP35』の手入れ

なんといってもこれが目的で買いました。

『EE-RP35』は掃除どころか、そもそもフィルターありませんからね。

常に衛生的で「買って良かった」です。

 

『象印 EE-RP35』の使いやすさ

『EE-RP35』はタイマーが「2時間」と「6時間」しかないのが少し不便かなと思います。

タンク容量が2.2Lありますので「ひかえめモード」ですと丸1日持つのが助かります。

噴出し口が熱くなりますので、『EE-RP35』はお子様がいらっしゃる家庭では注意が必要です。

 

『象印 EE-RP35』のスペック

 

商品名象印 EE-RP35
適用畳数(木造和室)6 畳
適用畳数(プレハブ洋室)10 畳
タンク容量2.2 L
加湿量/h350 mL
連続加湿時間強:約6時間、弱:約27時間
消費電力985 W
コードの長さ1.2 m
幅x高さx奥行240x275x260 mm
重量2.3 kg

『象印 EE-RP35』まとめ

美肌

・面倒くさがり
・汚れが苦手
・乾燥肌
・喉が弱い

 

こんな私に『象印 EE-RP35』はまさにピッタリの商品でした笑

 

お陰様で風邪を引く機会も減ったように感じます。

『象印 EE-RP35』のお陰で肌荒れも改善が改善されたのも嬉しいですね。

今回ご紹介した象印 EE-RP35

「加湿器の掃除がめんどくさいな~」って方は是非チェックしてみてください。

 

 

人気記事【電気代削減】サーキュレーターとは? おすすめ『アイリスオーヤマ pcf-hd15n-b』

人気記事【花粉対策】リビング用 空気清浄機『シャープ プラズマクラスター』

VALVE Index【ゲーマー御用達】VRゴーグル最高峰のVALVE INDEXをレビューinstax mini 8+をレビュー【思い出に+α】その場で写真になるオシャレなinstax mini 8+をレビューブリタの浄水器 ポット【水が美味しい】より清潔に使えるポット型のブリタの浄水器をレビュー|口コミ【勝手にピカピカ】拭き掃除がくそ楽チンなブラーバ390jの口コミ レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です