【口コミ】結局どれがおすすめ??デロンギ ケトルの評判を徹底比較

 
さぶろぐ
さぶろぐ

ケトルって何選べばいいのかな


デロンギ ケトルは何を選べばいいか分からない人にこそおすすめの電気ケトルです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・手軽に、短時間でお湯が沸く
・火を使わない
・ガス代不要
・料理の下準備にも使える
・低価格なのにおしゃれ


デロンギ ケトルは安くておしゃれ、しかも高機能な電気ケトルです。


お湯が早く沸くのはもちろん、デロンギらしいおしゃれなデザインなので、インテリアにこだわりたい人におすすめ。


もしまだケトルを持っていないなら、もし適当に選んだケトルを使っているなら、ぜひ検討してみてください。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、デロンギ ケトルをご紹介していきます!

デロンギ ケトル|仕様と特徴

お湯が沸くまで最短約1分!

デロンギ ケトルの沸騰時間は76秒(200ml)。

朝一のコーヒーも、夜食のカップラーメンを食べるときも、お湯が沸くまでのストレスはほとんどありません。

満水容量は1Lあるので、家族のコーヒーも1回で入れられますよ。

シンプル・ミニマルでおしゃれなデザイン

デロンギ ケトルのデザインは、シンプルかつおしゃれ。

ツヤ感のあるボディに、随所にあしらわれたステンレスがアクセントになっています。

キッチンにすんなりと馴染むので、インテリアにこだわりたい人にもおすすめですよ。

隠された豊富な機能性

一見シンプルに見えるデロンギ ケトルですが、機能性も豊富です。

例えば、片手でオープンできるボタン・空焚き防止・お湯が湧いたら自動で電源がオフになる機能を搭載しています。

利便性はもちろん、安全面にも気を使われています。

使いやすい工夫がたくさん

デロンギ ケトルの本体側面には、水量計がついています。

1目で水の量が分かるので、料理のときにも活躍してくれそうです。

また取外し可能なフィルターがついているので、万が一ケトル内にゴミが入っていても混入しません。

カラバリは3色。デロンギシリーズで揃えてもおしゃれ

デロンギ ケトルのカラバリは、レッド・ホワイト・ブラックの3色。

ブラック・ホワイトで家電と揃えるのもおしゃれですが、レッドを差し色にしてもかわいいですよ。

また、シリーズとして同デザインのコーヒーメーカー・トースターが販売されているので、揃えて購入すると、キッチンに統一感がでてグッとおしゃれになりますよ。

さぶろぐ
さぶろぐ

リーズナブルでいいね!

デロンギ ケトル|口コミと評判

良い口コミ・評判

ワンタッチで蓋が開く電気ケトルに絞って商品を探し、中でも1番カッコイイので購入しました。
ツヤツヤの真っ黒で(ブラックを購入)、ロゴもハッキリしててカッコイイ!
外側もそれほど熱くならない。
以前もデロンギのケトルでしたが、外側がかなり熱くなるタイプだったので、小学生の子どもが使うときは気をつけるように毎回伝えていました。

あとは、軽量で蓋を閉めるときも軽い力で閉まる。
加熱スイッチのレバー?も軽いし、ライトが素敵♪
価格もお手頃!
超絶満足ケトルです!

Amazonより引用

他のポットといろいろ検討して選びました。

デザイン・容量・安全性・価格…最終的にはスタイリッシュで落ちついたデザインと「デロンギ」なら、という信頼度です。

一度、テーブルから床に落としてしまった時も、外見も性能も損傷なく変わらずに活躍しています。

朝一番に「白湯」を飲む習慣があるのですが、ベランダの植木の水やりの間に少量でも空炊きの心配無く沸かせるのは助かります。

長く愛用したい製品です。

Amazonより引用

いろんなメーカーからいろんな電気ケトルが出ているので、時間をかけて機能面やデザイン、価格などを調べ、最終的にこちらを購入しました。

我が家はお湯を沸かす頻度が高く、毎回やかんでやっていたのですが、やかんの笛の部分が壊れてしまったので空焚きが怖くて電気ケトルにかえました。

結果大正解!

やかんよりはたくさん沸かせないけど、沸くのは早いし、火を使わないので子供にも使わせられるようになりました。

見た目もかわいくて大満足です。

Amazonより引用

デロンギ ケトルの良い口コミや評判を見ていくと、特にデザイン面に満足している人が多い印象でした。

デロンギというブランドへの信頼感も高く、ケトルの性能面や細やかな機能面に関しても、毎日使っていると便利!と感じるようです。

価格を考慮した際の満足感も高いようで、ほとんどの人が満足しているようでした。

さぶろぐ
さぶろぐ

5000円以下で買えるのは嬉しい・・!


悪い口コミ・評判

1年以上使ってますが、しょっちゅうお湯が沸いても電源が切れずに取っ手の所にアルミみたいなのが多分デザインで貼ってあって、ここがめちゃくちゃ熱くなりとうとう昨日手のひらを火傷しました。

お水を入れる所も小さいので、手を入れて中を洗う事が出来無いです。

注ぐ時も結構横からこぼれます、上品な方はゆっくり入れるので良いのかもですが、朝に使うので忙しい時に電源が切れないわ、溢れるわ、洗え無いのは買い換えしたいけど、1年では悩みます。

デザインがカッコいいので残念過ぎです。

Amazonより引用

悪い点
・沸くのが遅すぎる。
真冬に満タンの1リットルを沸かすのに5分30秒掛かりました。以前のTigerのケトルの消費電力は1300wで体感約半分の時間で沸きました。本ケトルの消費電力は1200wですが、100wの違いでこんなにも時間差があるとは思いませんでした…。
・蓋が小さく口が小さいので中が乾きにくい。
・お手入れがしにくい。

初めて電気ケトルを使用する方にはデザインもお洒落でおすすめできますが、以前使用していていて比較対象がある方や、ヘビーユーザーには厳しいかもしれません。

Amazonより引用

デロンギ ケトルの悪い口コミや評判を見てみると、中には不良品がある印象でした。

数はあまり多くなく、また1〜2年前のレビューがほとんどですが、取っ手が熱くなる不良品があるようです。

万が一そういった商品にあたってしまった場合は、カスタマーセンターに連絡して交換してもらいましょう。

また、高級なケトルと比べると、沸くのが遅いと感じる人もいるようです。

とはいえ、価格を考えれば十分高スペックという印象なので、ヘビーユーザー以外は気にならないでしょう。

さぶろぐ
さぶろぐ

最小限の機能で十分って人に◎


デロンギ ケトル|使い方

ケトルを電源ベースから外して必要量を入れる

2日以上使用しなかった場合は、軽く内部をすすぐのがおすすめ

カチッと音がするまで蓋を閉める

軽い力で閉まります

電源ベースにセットしてスイッチ(つまみ)を下げる

電源がつくとライトが点灯します

お湯が湧いたら電源ベースから外して注ぐ

湧いたタイミングでライトが消え、つまみが上がります

温度調整

今回紹介する「アクティブシリーズ」には、温度調整機能はありません。

もし温度調整機能があるケトルがほしいなら、アイコナシリーズがおすすめです。

保温

「アクティブシリーズ」には、保温機能はないので、沸かすときに都度温め直す必要があります。

温度調節機能同様、保温機能がほしいならアイコナシリーズがおすすめです。

お手入れ

基本的にお手入れは必要ありません。

ただし、衛生面の観点から、使うごとに中の水は出しておくのがおすすめです。

また2日以上使用しなかった場合は、使う前に軽く中を注いでおきましょう。

デロンギ ケトル|種類比較

デロンギ ケトル アクティブシリーズ

アクティブシリーズは、デロンギケトルの中で最もリーズナブルなモデルです。

保温機能や温度調節機能はありませんが、インスタントコーヒーやカップラーメンを作るぐらいならアクティブシリーズがおすすめです。

デロンギ ケトル アイコナシリーズ

アイコナシリーズは、高い機能性が魅力。

保温機能があるので、ポットのような使い方もできますし、コーヒーを頻繁に飲む人には便利。

温度調節機能もできるので、温度にこだわってお茶やコーヒーを入れたい人も重宝するでしょう。

お値段は1万円〜とやや高くなりますが、ヘビーユーザーならぜひ検討してみてください。

なお、温度調節の有無は選ぶことが可能です。

おしゃれなヴィンテージ風デザイン(温度調節は無し)の「アイコナ・ヴィンテージ」も選べるので、カフェ風のインテリアが好きな人にもおすすめです。

デロンギ ケトル ディスティンタ・ペルラ・コレクション

ディスティンタ・ペルラ・コレクションは、アクティブシリーズとスペックはほとんど変わらないものの、デザインに一層高級感があるモデルです。

つや消しのマットな質感と、ぷっくりした可愛らしいデザイン、優しい色味がおしゃれなので、デザイン面重視の人におすすめです。

結局どれがおすすめ?

デロンギ ケトル|よくある疑問

電気代はどのくらい?

デロンギ ケトルの電気代は、1回あたり(1Lのお湯を沸かす場合)3〜5円程度。

1日5杯以上飲むヘビーユーザーでも安心です。

外側は熱くならない?

デロンギ ケトルの外側は、ある程度熱くなります。

プラスチック製なので、ステンレス製のやかんやケトルと比べると熱くなりにくいのですが、お子さんが触れるような場所には置かないほうがいいでしょう。

販売店はどこ?最安値は?

デロンギ ケトルの販売店は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング・公式サイトの4つ。

送料を考慮するとどのサイトでも4500円〜という印象でしたが、Amazonなら4482円とほんのわずかに安いので、Amazonで買うのがおすすめです。

故障した場合の修理は?

デロンギ ケトルには保証書がついているので、その保証書さえあれば修理は可能です。

購入してから1年間、通常使用の範囲で故障が起きた場合は、無料で修理をしてもらえます。

デロンギ ケトル|メリットとデメリット

リーズナブルでおしゃれなデロンギ ケトルですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・お湯が沸くのが遅い
・機能は最小限
・掃除がしにくい
・初期不良がある場合も

メリット
・5000円以下で購入できる
・シンプルかつおしゃれなデザイン
・価格を考えれば十分お湯が早く沸く
・空焚き防止・自動電源オフなど高機能
・使いやすい工夫がたくさん

さぶろぐ
さぶろぐ

初めてのケトルにもおすすめ!


デロンギ ケトル|安く買うには?


Amazonって本当に便利ですが、なんとなく使っている方がほとんどなんですよね。

特にアマゾンギフト券でのポイント付与はあまり浸透してなくて、知らないうちに損してる方も多いはず。

初回限定で1000円貰えるキャンペーンも開催中なので、合わせてチェックしてみて下さい。

【1分でできる】アマゾンチャージで1000円分貰えるキャンペーン


デロンギ ケトル|まとめ

デロンギ ケトルはおしゃれで安くて、本当になんでもっと早く買わなかったんだろうなあと思います。

カップ麺を作る・インスタントコーヒーを飲むぐらいの自分にとっては何の不満もありません。

お湯が沸くのは十分早いし、いちいちヤカンで沸かす手間が省けるし、お手入れもほとんど不要なので、毎日大活躍してくれてます。





▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・安いケトルがほしい
・シンプルなデザインがいい
・機能は必要最低限でいい
・使い勝手重視
・どのケトルがいいか分からない


本日ご紹介したデロンギ ケトル

コスパ重視でケトルをお探しの人は是非チェックしてみて下さい??

【徹底比較】保温機能付きおすすめの電気ケトル10選【徹底比較】デロンギのおすすめ電気ケトル10選【徹底比較】白湯作りにおすすめの電気ケトル10選【徹底比較】ドリップできるおすすめの電気ケトル10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)