【徹底比較】クーピーのおすすめ色鉛筆10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない・・・。


この記事ではクーピーのおすすめ色鉛筆をご紹介していきます。


▼クーピーのおすすめ色鉛筆10選

さぶろぐ
さぶろぐ

クーピーペンシル 単色
・手がよごれないクーピーペンシル単色
・クーピーペンシル12色
・シンカンセン クーピーペンシル12色
・すみっコぐらし クーピーペンシル12色
・小学生専用クーピーペンシル12色+3色
・クーピーペンシル100色 ブラックパッケージエディション
・クーピーペンシル30 カラーオンカラー
手がよごれないクーピーペンシル12色
・さんかくクーピー8・12

クレヨンだと手や床につくと落ちにくく掃除が大変です。

洋服につくと洗濯してもなかなか落ちにくいです。

後片付けのことを考えると、使うのを躊躇してしまします。

クーピーは汚れにくいので、小さい子供でも安心して思いっきり遊ばせてあげられます。

大人も一緒に楽しめます。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずはクーピーのおすすめ色鉛筆の選び方を見ていきましょう!!

クーピーのおすすめ色鉛筆|選び方

年齢に応じて「色のセット」を選びましょう。

子供さんが2,3歳くらいなら最初は6色セットから、成長に合わせて色を12色、24色と増やしていきましょう。

お子さんが色を組み合わせて新しい色を発見できます。

最初から数が多いと、作るということをしなくなります。

お子さんの感性を育てるためにも最初は少ない数を用意しましょう。

「手がよごれない」ものを選びましょう

サクラクレパスからは手が汚れないクーピーを販売しています。

クーピーはグリップ部分も全て芯になっています。

そのため、クーピーは手が汚れにくい作りになっていますが、中にはベタついたり、手やクーピーが汚れてしまうものもあります。

お子さんが汚れを気にせず安心して遊べるクーピーを選びましょう。

「発色」の良い物を選びましょう。

クーピーは色鉛筆やクレヨンに比べると発色が良くありません。

ですが、そんなクーピーの淡い色合い好きという方も多いです。

未就学のお子さんはクーピーを使うことが多いです。

クーピーの中でも、芯が硬く、発色が悪いタイプもあるので、いろんなメーカーの使い心地を試して発色の良い物を選びましょう。

「年齢に応じて」選びましょう。

2歳からクーピーは使えます。

色鉛筆よりも、使いやすいので、未就学のうちはクーピーをおすすめします。

クーピーの形は数種類と限られています。

よく見かけるタイプのものものから、太くて短いものや、三角になっているものもあります。

最初は太くて短い三角ペンシルが、折れにくくて持ちやすいです。

「文具メーカー」から選びましょう。

おもちゃ屋さんや、生活雑貨店などでもノーブランドのクーピーは販売されています。

パッケージがかわいいキャラクターの物もあるので、ついついそちらを選んでしまいがちですが、ノーブランドの物だと失敗してしまうこともあります。

文房具用品に特化した文具メーカーのクーピーおすすめします。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、クーピーのおすすめ色鉛筆のメリットとデメリットを見ていきましょう!!

クーピーのおすすめ色鉛筆|メリットとデメリット

クーピーのおすすめ色鉛筆のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・塗りやすい
・手が汚れにくい
・削る必要がない
・消しゴムで消せる

デメリット

・色が薄い
・細かい部分が苦手
・大人向けではない
・折れやすい

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、おすすめのクーピーと選び方を紹介していきます!!

クーピーのおすすめ色鉛筆|『さぶろぐ』のイチオシ

クーピーペンシル 単色

クーピーペンシルは持ち手から全部の部分が芯になっている色鉛筆です。

持ち手の部分も芯でできていますが、手が汚れることはありません。

更に付属のサクラクーピー消しゴムで消すことができます。

芯の量は、通常の色鉛筆の4倍あるため買い替えする頻度も減ります。

替え芯として単色購入できます。

クーピーのおすすめ色鉛筆|人気のおすすめ商品比較

手がよごれないクーピーペンシル単色

通常のクーピーペンシルより更に汚れにくいタイプです。

塗っている時に力をいれると出てきてしまう塗りカスが出にくく、紙も手も汚れにくくなっております。

通常のクーピーより短く太いため、持ちやすいうえに、折れにくく、小さいお子様にもおすすめの商品となっております。

替え芯として単色購入できます。

クーピーペンシル12色

クーピーペンシル基本の12色入りです。

削り器と専用の消しゴムもついております。

ケースは、ソフトケース・缶・紙箱の2種類あります。

12色入りの他にも15色・18色・24色・30色・60色と使う色の量に合わせてお買い求めいただくことができます。

シンカンセン クーピーペンシル12色

新幹線のデザインのケースのクーピーペンシルです。

色の種類は基本の12色ではなく、各新幹線のイメージに合わせた色を12色集めたカラーとなっております。

ドクターイエローのきいろ、E4MAXのレモンいろ、みずほさくらのブルーグレーなど細かいイメージ色を組み合わせたセットです。

すみっコぐらし クーピーペンシル12色

お子様に今大人気のキャラクター「すみっコぐらし」をあしらったデザインのクーピーペンシル12色入りです。

ケースは箱で、すみっコぐらしのイラストが描かれており、可愛いデザインになっております。

更に付属の消しゴムもすみっコぐらしのデザインとなっています。

小学生専用クーピーペンシル12色+3色

クーピー12色入りに、小学校の授業で役に立つ自然色のおうどいろ・あかむらさき・はいみどりの3色を追加した小学生向けのセットです。

この3色が追加されることで自然観察で絵を描くとき、地図を塗るときに色を表現しやすくなります。

使いやすいソフトケースで、消しゴム・削り器・名前シールがついています。

クーピーペンシル100色 ブラックパッケージエディション

サクラクレパス創業100周年を記念して作られた限定の商品です。

クーピーシリーズの中で最も多い100色セットで、100色中40色は限定色となっており、ブラックパッケージエディションでしか手に入らない色もあります。

黒い紙で綺麗に発色することができるパール色が12色含まれているところも魅力の一つです。

クーピーペンシル30 カラーオンカラー

クーピーペンシルの中でも淡い色を30色集めたケースです。

本格的な塗り絵をされたい方におすすめの商品で、重ねて色付けすることで様々な色を表現することもできます。

自然で深みのある色を表現できます。

更に塗り絵の下絵付きですぐに本格的な塗り絵をはじめることができます。

手がよごれないクーピーペンシル12色

手がよごれないクーピーペンシルの12色入りです。

元あった位置に戻しやすいように色の名前シールがケースについております。

箱入り、ゴムで止めるケースになっております。

パッケージデザインにブタのイラストが描かれており可愛いため、お子様におすすめです。

さんかくクーピー8・12

形が三角形で、クーピーの中でも最も太い色鉛筆です。

小さい子様でも弱い力でしっかり色がつき、三角形のため正しい持ち方を学ぶこともできます。

色は8色入りと12色入りの2種類ございます。

ケースはホック付きとなっていてソフトケースなので簡単に開け閉めしやすく、柔らかく安心です。

クーピーのおすすめ色鉛筆|まとめ

幼児期から色を発見する楽しみを見つけて、想像力が育ち、創作意欲が持てます。

【徹底比較】イラストレータおすすめの色鉛筆10選【徹底比較】価格の安いおすすめの色鉛筆10選【徹底比較】無印のおすすめ色鉛筆10選【徹底比較】ステッドラーのおすすめ色鉛筆10選