プロが認める風量と仕上がり! BLOW+Spiralでサロンクオリティを手に入れよう!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

自宅でもサロンクオリティの仕上がりが欲しいなぁ…


BLOW+Spiralはこんな悩みを解決してくれるドライヤーです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・髪を早く乾かせる
・サロンクオリティに
・傷みを防止できる
・使い方が簡単
・軽い
・腕が疲れにくい
・コンパクトに収納できる
・お手入れ簡単



BLOW+Spiralはご自宅でもサロンクオリティの仕上がりを体感できることがウリのOnedamから発売されるドライヤーです。


髪型がキマかどうかでその日一日の気分も違いますよね。


簡単に、そして女性でも扱いやすい仕様で「最高の一日」を過ごしてください。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、BLOW+Spiralをご紹介していきます!

BLOW+Spiral|仕様と特徴

圧倒的な風速

BLOW+Spiralは30m/秒オーバーの圧倒的な風速で速乾を叶えてくれます。

風速テストを見たらわかるように、他のドライヤーよりとは格別な風量を誇っています。

熱で髪を傷めにくい

BLOW+Spiralは3つのモード全ての最高温度が約50度なので、一般的なドライヤーよりも熱で髪を傷めにくいです。

熱で乾かすのではなく、風量で乾かしてくれることが一目瞭然です。

3つのモード

BLOW+Spiralは3つのモードがあり、スライドさせるだけで簡単に切り替えられます。

HIGHでは「速乾ドライ」、MIDDLEでは「ドライからスタイリング」、LOWでは「繊細なスタイリング」となっており、目的に応じて使い分けられます。

髪と地肌を守る

BLOW+Spiralはプラズマテクノロジーにより発生する1000万個/cc以上のWコートイオンが水分を微細化し、髪に浸透しやすくします。

キューティクルを引き締め、潤いを守り、艶やかで美しい髪へと導きます。

プラズマテクノロジーが静電気を抑制

乾燥や摩擦で髪に静電気が生じると、ちりやほこり、花粉などが付着し、髪を傷める原因となります。

BLOW+Spiralでは、プラズマテクノロジーで発生させたWコートイオンがブローするだけでこの静電気を抑制します。

コンパクト収納

BLOW+Spiralは持ち手部分がクルリと回り、コンパクトに収まるので持ち運びの際もかさばりません。

初めは戸惑うかもしれませんが、慣れれば軽い力で簡単に回せるので女性でも扱いやすいです。

スパイラルノズルでムラのないドライとスカルプケア

BLOW+Spiralのノズル内部に内蔵された小型プロペラが、ドライヤーから出てくる風をスパイラル状に変化させてくれるので、均一なドライと熱ダメージを抑えます。

また、高風速のスパイラルの心地よい風が頭皮をランダムに刺激することで適度にスカルプケアを行えます。

温風・冷風の切り替えが分かりやすい

BLOW+Spiralはボタンを押すだけで温風と冷風を簡単に切り替えられます。

また、一目で状態も分かるので使いやすいです。

さぶろぐ
さぶろぐ

仕様や特徴を確認したところで、実際のレビューをチェック!!

BLOW+Spiral|レビュー

重い?

BLOW+Spiralを使ってみたところ、そこまで重いと感じませんでした。

他のドライヤーだと片手で使ってるうちに腕が疲れて持ち替えることもしばしばあったのですが、持ち替え不要で使えたのはありがたいです。

また、箱を見てみても軽量設計約430㎏とあるので旅先でもサロンクオリティが楽しめるのは嬉しいです。

ほんとに早く乾くの?

BLOW+Spiralを使ってみるとまず驚いたのが風量です。

また、広範囲に一気に風を当てることができるので早く乾いた気がします。

具体的な分数は分かりませんが、「まだ乾かないかなー」と飽きる前に乾いたので驚きました。

強いて言うなら、他のドライヤーと同じように風量分の音はでます。

髪はきしむ?

BLOW+Spiralを使ってみて、以前よりも髪がきしんだ感じはありません。

むしろツヤが出て、まとまりやすくなったと思います。

やはり、熱を長時間当てないのはいいのかもしれません。

お手入れ方法は?

BLOW+Spiralのお手入れはファン部分が簡単に外せるのですぐにできます。

中に入っているものも取り外して洗えるフィルターと吸込口なのでいつでも清潔な状態を保てます。

BLOW+Spiral|よくある疑問

BLOW+ Speedとの違いは?

BLOW+SpiralとBLOW+Speedと基本的なスペックは同じです。

強いて違いを上げるとすれば、 BLOW+Speedはサロン様向け、 BLOW+Spiralは一般家庭向けに電源コードが0.7m短くなっているくらいです。

おすすめの使い方は?

BLOW+SpiralのHOT,HIGHモードで髪をある程度乾かした後、COOLにして仕上げることで 髪にツヤが出たり、セットした髪型が長持ちします。

スパイラルノズルを使用して満遍なく乾かすことで素早く乾かすことが可能です。

製品保証は?

通常の使用においてBLOW+Spiralご購入から1年以内に故障が発生した場合、無償にて修理対応いたします。
※片道送料はお客様のご負担となります。

返品・交換について

BLOW+Spiral到着後、通常の使用において2週間以内に不良および故障が発生した場合、無償にて新品交換いたします。

※送料は弊社にて負担させていただきます。

BLOW+Spiral|メリットとデメリット


 width=500

サロンクオリティが手に入るBLOW+Spiralですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・静音ではない
・持ち手に慣れない

メリット
・髪を早く乾かせる
・サロンクオリティに
・傷みを防止できる
・使い方が簡単
・軽い
・腕が疲れにくい
・コンパクトに収納できる

・お手入れ簡単

さぶろぐ
さぶろぐ

毎日使うものだからこそこだわりたい


BLOW+Spiral|まとめ

BLOW+Spiralを使う前はお風呂から出ても髪を乾かすのが暑いし、面倒でなかなか取り掛かれませんでした。


ですが、びっくりするくらい早く乾き、腕が疲れないので苦に思わなくなりました。


また、コンパクトに収まること軽いことから収納場所にも迷わず、旅先でも使いやすいので重宝しています。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・サロンクオリティを求める人
・髪ダメージが気になる人
・ドライヤーが面倒な人
・時短したい人
・毛量が多い人
・持ち運びたい人


本日ご紹介したBLOW+Spiral

BLOW+Spiralに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

\サロンクオリティの風量と仕上がりを体感!/

makuake プロジェクトをチェック!!

プロが認める風量と仕上がり! BLOW+Spiralでサロンクオリティを手に入れよう!【2021年最新】家電芸人が本当におすすめするドライヤーはどれ!?【口コミ】風量が半端ない!!コイズミ ドライヤーの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】結局どれがおすすめ?シャープドライヤーの評判を徹底比較!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)