【海外でも絶賛】リスニングやゲームにもおすすめなATH-M50xをレビュー

ATH-M50xをレビュー

音質にこだわったヘッドホンが欲しい。
でもどれ買えば良いか分からないんだよなぁ・・。

 

オーディオテクニカのATH-M50xはこんな悩みを解決してくれるモニターヘッドホンです。

 

▼こんなメリットがあります

・驚くほど音質が良い
・洋楽やEDMと相性◎
・作りが堅牢で長持ち
・コンパクトに畳める
・長く使える
・ライブ会場のような臨場感
・ゲームも楽しめる
・映画も楽しめる

 

ATH-M50xはとても解像度が高く、厚みのある低音と明瞭な高音が特徴で、洋楽やクラブミュージックと相性が抜群。

 

日本ではMDR-CD900STが主流ですが、海外で絶大な評価を受けており、Amazonのレビューはアメリカ人ばかり笑

 

ベース音なんかは段違いで、まるでライブ会場のような分厚いサウンドを楽しめます。

 

そんな音楽好きにピッタリなATH-M50xをレビューしていきます!

この記事はオーディオテクニカ様より製品をお借りして作成しています。

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

本体

ATH-M50xをレビュー

この重圧感のあるデザインがめちゃくちゃカッコイイ・・・。

 

頭のとこ

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

クッションがほどよく、頭頂部が痛くなることはありませんでした。

ロゴがかっこいい

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

こんなに大きいロゴでもかっこよく仕上がる字面に感心

 

イヤーパッド

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

イヤーパッドの厚みもほどよく、テレビの音量が半減するくらいには遮音してくれます。

 

コンパクト

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

現場での使用を想定しているため、持ち運びやすい形状に折りたためます。

自宅だと普通にヘッドホンスタンドを使うほうが快適です。

 

穴さすとこ

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

ケーブルが脱着式になっていて、3種類のケーブルを付属しています。

そのままPCにも繋がるんで「よく分からない」って方も大丈夫。

 

付属品

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

付属は以下の通りで、収納用のポーチも付いてきます。

 

3mストレートケーブル
1.2mカールケーブル(伸長時3m)
1.2mストレートケーブル
ポータブル用の合皮ポーチ

 

限定カラーは中古の白しか見当たりませんでした。

 

オーディオテクニカ ATH-M50x|仕様と特徴

世界が認めた“M50”

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

ATH-M50xは大口径の強磁力「φ45mmCCAWボイスコイルドライバー」で情報量豊かで高解像度なサウンドを実現しました。

 

スタジオレコーディングなどに最適

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

ATH-M50xは広帯域でフラットなサウンドが解像度の高いモニタリングを実現。

DJやトラックメイカーにもピッタリなヘッドホンです。

 

優れた遮音性能

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

ATH-M50xは楕円形状のイヤカップが遮音性を高め、長時間使用でも快適なモニタリングを実現しました。

 

90度の反転モニター機構

オーディオテクニカ ATH-M50x|外観とデザイン

ATH-M50xは前方90度/後方15度の反転モニター機構を採用。

ヘッドホンを首からかけて音楽を楽しみたい場合にとても便利です。

 

 

オーディオテクニカ ATH-M50x|レビュー

オーディオテクニカ ATH-M50x|レビュー

ATH-M50xはモニター用としてだけでなく、力強く厚みのある低音がリスニングも充実させてくれます。

とはいえ安いヘッドホンではないので、用途に合うかしっかりとチェックしておきましょう!

 

良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!

 

音質

ATH-M50xを聴いてまず感じたのは”低音がめちゃくちゃ良い”ということでした。

締まりやキレのある音というよりは、厚さがありとても深みを感じる音で、重低音を強調するような違和感のある味付けは一切ありません。

楽器やボーカルの下でしっかりと響く低音が、全体の厚みを増してまるでライブ会場にいるかのようなサウンドです。

高音も耳に刺さらないバランスの良いフラットな音で、分離が良く低音と被らずに素直に鳴らしてくれます。

密閉型ということもあり、音場は少し狭いかなと感じました。

モニター用途でなくても、低予算で本格的なサウンドを楽しんでみたい!という方にも非常におすすめです。

 

上を見たら値段は青天井

 

フィット感

ATH-M50xはモニターヘッドホンということもあり、かなり丈夫な作り

現場での使用でなくても、せっかく良いヘッドホンなんだから長く使いたいという方にピッタリです。

反面、側圧が強めで長時間の使用には向かないとの口コミが多いです。

私はデモ機をお借りしたせいか、特にキツくは感じませんでした

少しキツイなと感じる方はダンボールやティッシュの箱にでもかけておけば柔らかくなりそうです。

 

とても堅牢で長く使っていけそう

 

ゲーム

ATH-M50は厚みのある低音、解像度が高く定位感があるのが特徴です。

ということで早速ゲームをやってみると期待通りの迫力・・・笑

さすがにガチFPSゲーマーには向かないですが、カジュアルにFPSを楽しむ分には十分な定位を味わえました。

「ゲーミングヘッドセットは音質が悪いからな・・」という方にもピッタリなヘッドホンです。

 

まさかモニターヘッドホンでゲームまで楽しめるとは

 

イヤーパッド

ATH-M50xのイヤーパッドはほどよい柔らかさで、痛みなどは感じませんでした。

メガネをしていても痛くなることがないのがかなりの好印象で、ゲーマーにはますますおすすめのヘッドホンです笑

超人気モデルということもあって、今でも替えのイヤーパッドは販売されています。

 

メガネで痛くなるのはあるある

 

バランス接続

ATH-M50xは公式でバランス接続の対応は謳われていません。

AmazonでATH-M50x対応のバランス接続ケーブルなるものが販売されていますが、自己責任で購入しましょう。

 

使った方は是非コメントお願いします

 

Bluetooth

ATH-M50xはワイヤレスモデルも販売されています。

口コミを見る限りは評判は良さそうでが、こちらも後日レビューしていきます!

 

総評

ATH-M50xは2万円で本格的なサウンドを楽しむには最良の選択肢といっても過言ではないでしょう。

鑑賞用としては聞こえなくても良いような雑音まで聞こえ、とても臨場感のあるサウンドを楽しめます。

インピーダンスが低いので、そのままPCやスマホに刺して使えるところもとっつきやすいですよね。

後にDACを買えばFiio K3Q1 MarkⅡなら手ごろにアップグレードできます。

 

プロの方にはもちろん、音楽好きな初心者にもピッタリです。

 

 

オーディオテクニカ ATH-M50x|メリットとデメリット

オーディオテクニカ ATH-M50x|メリットとデメリット

そんな誰もが持っておいて損はないATH-M50xですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

・側圧が強めで長時間は痛くなりがち
・スマホ直刺しはさすがに勿体ない感
・ノイキャンはない
・ハイレゾ対応ではない

 

 

メリット

・厚みと深みのある低音
・フラットで耳に刺さらない高音
・分離が良く1つ1つの音が分かる
・家にいながらライブ感を味わえる
・洋楽やEDMとの相性抜群
・作りがしっかり長持ち
・コンパクトに畳める
・ケーブルが断線しても変えればOK
・とりあえずPC直刺しでも楽しめる
・長く使えるので結果的にコスパ◎
・ゲームも楽しめる
・もちろん映画も楽しめる
・音が軽い配信楽曲にも厚みが出る

 

 

改めてまとめるとメリット多い

 

オーディオテクニカ ATH-M50x|まとめ

オーディオテクニカ ATH-M50x|まとめ

なんか専門的な言葉を並べられてもよく分からない。「とりあえず音質良いのどれ?」

 

そんな方にこそ2万円程度で買える高音質ヘッドホンとして、「とりあえずATH-M50xがおすすめ」と言えます。

 

低音が素晴らしいと散々言ってきましたが、高音も十分にキレイに鳴らしてくれるので、繊細なシンガーソングライターの楽曲まで幅広く楽しめます

 

▼こんな方におすすめ

・良いヘッドホンが欲しい
・洋楽やEDMが好き
・ゲームや映画も観る
・長く使いたい
・配信楽曲をよく聴く

 

本日ご紹介したオーディオテクニカのATH-M50x

 

高音質なサウンドを楽しみたいという方は是非チェックしてみて下さい👇

 

人気記事【まとめ】生活の質を向上するおすすめ贅沢家電

人気記事【まとめ】生活を快適にするおすすめ時短家電

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です