【低音好き必見】驚きの迫力!! SOLID BASSがTWSになった『ATH-CKS5TW』をレビュー

ATH-CKS5TW レビュー

ワイヤレスイヤホンって音が軽くて迫力がイマイチ・・。。
それにバッテリー短くて地味に不便・・。

 

オーディオテクニカのATH-CKS5TWはこんな悩みを解決してくれる完全ワイヤレスイヤホンです。

 

▼こんなメリットがあります

・上品でオシャレ
・低音の効きが抜群
・映画の迫力◎
・セリフも聞き取りやすい
・バッテリー長持ち
・マジで外れない

 

『ATH-CKS5TW』は10mmドライバーを採用しており、ワイヤレスイヤホンとは思えないほどの迫力

 

音響メーカーのオーディオテクニカの「SOLID BASS」シリーズが完全ワイヤレスイヤホンになったのがこのATH-CKS5TWなんですよね。

 

EDMやHIPHOPだけでなく、映画やゲームの迫力も圧巻で、重低音が好きな方にとっては非常におすすめなイヤホンです。

 

それでは早速、ATH-CKS5TWをレビューしていきましょう!

 

この記事はオーディオテクニカ様より製品をお借りして作成しています。

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

パッケージ

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

パッケージはこんな感じ。今回はデモ機をお借りしました。

 

付属品

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

5TWの特徴である、シリコンリングは付け替えも可能です。

メーカー保証は1年間でした。

 

・充電用USBケーブル(30cm)
・イヤーピース(XS、S、M、L)
・シリコンリング
・説明書
・保証書

 

ケース

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

少し長めのフォルムがちょうど良く手にフィットします。

 

イヤホン本体

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

落ち着いたシックなデザイン。めちゃくちゃカッコイイですよね。

 

フックがある

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

ATH-CKS5TWはシリコンリングにフックがついていて、装着感を抜群に向上してくれます。

耳の形に合わない場合には、付け替えることも可能です。

 

充電

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|外観とデザイン

充電端子はType-C。

 

安っぽさは一切なく、リッチな雰囲気。

 

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

自由なリスニングと重低音

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

ATH-CKS5TWは完全ワイヤレスイヤホンにも関わらず、量感のある低域表現を実現。

SOLID BASSシリーズならではの、音の厚みとインパクトのある重低音サウンドを楽しめます。

 

重低音とクリアな中高域

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

ATH-CKS5TWは2層の振動板を採用した専用φ10mmドライバーを搭載

硬度の異なる素材を組み合わせることで、低音の厚みと中高域のクリアさを際立たせています。

 

安定したフィット感

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

ATH-CKS5TWは薄くて柔軟なシリコン素材のイヤピースにより、抜群のフィット感を実現。

放射形状デザインによって音抜けを改善し、より高音質を楽しむことができます。

 

音切れしにくい

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

ATH-CKS5TWは「Qualcomm® TrueWireless™️ Stereo Plus」に対応。

安定した接続で最新のストリーミングを楽しめます。

 

バッテリー長持ち

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

ATH-CKS5TWはイヤホン単体で最大15時間、ケースを含めると最大45時間の再生を実現。

重低音重視のサウンドと相まって、映画やゲームをしっかり楽しみたい場合にもピッタリです。

 

カラーバリエーション

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|仕様と特徴

ATH-CKS5TWは「ブラック」「ブルー」「カーキ」のカラーラインナップ。

 

スペック

商品名ATH-CKS5TW
インピーダンス16 Ω
音圧感度110 db
再生周波数帯域5Hz~40kHz
ドライバサイズ10 mm
充電端子USB Type-C
BluetoothVer.5.0
連続再生時間最大約15時間
充電時間ヘッドホン:約2時間
充電ケース:約3.5時間
対応コーデックSBC
AAC
aptX
マルチペアリング
防水・防滴性能IPX2
カラーブラック
ブルー
カーキ
重量8 g

 

 

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|使い方

ペアリング

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|使い方

ATH-CKS5TWのペアリング方法は以下の手順で簡単に行えます。

 

1.左右のイヤホンをケースから取り出す
2.白点滅を確認
3.スマホから「ATH-CKS5TW」とペアリング
4.パスキー要求されたら「0000」

 

接続

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|使い方

androidでaptX接続していると通信が安定しないことがあります。

Bluetooth設定から「ATH-CKS5TW」を選択し、「高音質」のチェックを外しましょう。

屋内などの混線が少ない環境で「aptX」接続にするのがおすすめです。

 

iphoneで途切れる場合は、SBC接続にすると非常に安定します。

 

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|レビュー

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|レビュー

ATH-CKS5TWは重低音が好きな方にはピッタリで、音楽だけでなく映画やゲームも楽しめることができます。

とはいえ安いイヤホンではないので、用途に合うかしっかりとチェックしておきましょう!

 

良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!

 

音質

ATH-CKS5TWは重低音をウリにしているだけあって、さすがの迫力です。

イコライザで更に強調しても音が割れることはなく、低音に関してはかなりのポテンシャルを持ったイヤホンと言えます。

低音の量感はとても素晴らしいですが、少し締まりがなく、全体的にこもったような音に聞こえてしまう印象もあります。

とはいえ、ワイヤレスイヤホンということを考えると妥協点かなと思える範囲で、低音から中音にかけて厚みのあるサウンドは高い満足感。

女性ボーカルなどの曲よりも、洋楽EDMやHIPHOP、ダンスミュージックにピッタリです。

 

10mmドライバ搭載は伊達じゃない

 

フィット感

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|レビュー

ATH-CKS5TWは耳の内側からフックをひっかけることで、抜群の安定感

かなり激しく動いても外れることはなく、イヤーピースが柔らかいのと相まって、気持ち良くホールドされるので、長時間付けていても疲れませんでした。

耳形に合わない場合には、シリコンピースを付け替えることで、一般的な形状に戻すことができます。

 

スポーツにも使える

 

接続

ATH-CKS5TWは接続がとても安定しています。

完全ワイヤレスイヤホンの特性上、環境によっては途切れやすくなる場合があるので、設定から接続優先に切り替えると途切れることはありませんでした。

動画視聴しても遅延は体感できないレベルで、音ゲー以外のゲームでも問題ありません。

SBC接続だとさすがに遅延が気になるので、ゆっくりと動画やゲームなどを楽しむ場合には設定からAACかaptX接続にするのがおすすめです。

 

このへんはワイヤレスイヤホンそのものの特性

 

マイク

ATH-CKS5TWのマイク性能はイマイチで、屋外で使用すると雑音が入ってしまいます。

静かな環境であれば問題なく使えるという程度で、運動しながらなど、頻繁に通話をする方には向いていません。

WEB会議など、屋内での使用適したイヤホンといえます。

 

集音が良すぎる印象でした。

 

機能性

ATH-CKS5TWの圧倒的なバッテリーの持ちは、人によっては最大の魅力ではないでしょうか?

うっかりケースを充電をし忘れて、気が付いたらすぐにイヤホンのバッテリーが切れちゃうことがあるんですよね。

イヤホン単体で最大15時間はすさまじく、映画鑑賞など長時間使う場合にも再充電が不要なのでとても快適です。

 

長時間バッテリーは慣れるとクセになる

 

注意点

ATH-CKS5TWは防水性能がIPX2なので、ほぼ防水対応していないといっていいレベルです。

小雨くらいなら付けたままでもいいかなと思いますが、安いイヤホンでもないので、なるべく控えたほうがよさそうです。

 

総評

ATH-CKS5TWは重低音好きな方にとって、まさにうってつけのワイヤレスイヤホンです。

やはりワイヤレスイヤホンで高音質を求めると3万円くらいはしてしまいます。

とりあえず重低音を効かせたEDMやHIPHOPなどでテンションを上げたい方にとってはかなりコスパの優れた選択肢ではないでしょうか。

イコライザで調整するとボーカルの声やセリフなども更に聞き取りやすくなりますので、隙間時間にAmazon primeなどで映画を楽しむのもおすすめです。

 

繊細さよりも迫力重視

 

 

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|メリットとデメリット

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|メリットとデメリット

そんなワイヤレスイヤホンでも迫力あるサウンドを楽しめるATH-CKS5TWですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

・高音は弱く、女性ボーカルやクラシックには向かない
・イヤホンが大きめで8gと重い
・マイクがイマイチ

 

 

メリット

・デザインがオシャレ
・量感のある低音で迫力がある
・圧倒的なバッテリーの持ち
・フィット感が抜群で外れることがない
・映画やゲームも楽しめる
・ボーカルやセリフも聞き取りやすい

 

 

低音好きにとってはかなり高音質に感じられそうです。

 

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|まとめ

オーディオテクニカ ATH-CKS5TW|まとめ

そもそも完全ワイヤレスイヤホンで繊細な音を高音質で楽しむ場面ってそんなに多くないんですよね。

 

手軽にサッと重低音を効かせたサウンドでテンションを上げたい方や、ワイヤレスでゲームや映画を楽しみたい方にピッタリかなと思います。

 

長時間のバッテリーもとても使い勝手がよく、日常使いとしておすすめなイヤホンです。

 

▼こんな方におすすめ

・低音重視
・予算が1万円台
・映画やゲームもする
・充電忘れがち
・洋楽EDMやHIPHOPが好き

 

本日ご紹介したオーディオテクニカのATH-CKS5TW

低音好きだよ~!って方は是非チェックしてみて下さい👇

 

人気記事【まとめ】生活の質を向上するおすすめ贅沢家電

人気記事【まとめ】生活を快適にするおすすめ時短家電

 

1 COMMENT

【低音控えめでスッキリ】ノイキャン搭載のATH-ANC300TWをレビュー | さぶろぐ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です