【口コミ】anlan ウォーターピーリングの評判から使い方まで徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

毛穴汚れ気になるなぁ
でも強引に取ると傷つけそう


anlan ウォーターピーリングはこんな悩みを解決してくれるウォーターピーラーです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・毛穴がすっきり洗える
・洗顔の残り汚れを除去
・顔筋を刺激できる
・美容成分の効果が高める
・お風呂でも使える
・使い方が簡単

・コスパが良い



anlan ウォーターピーリング は超音波の力で汚れを浮かせて除去するウォーターピーリング超音波美顔器です。


プラスイオンと超音波振動の力で汚れを吸着し、EMSリフトケア、 マイナスイオン浸透モード 、超音波ピーリングなど、4つのモードが美肌をサポートします。


操作もシンプルでヘッド部分がステンレス製のため、さび、汚れ、傷などに強く、アレルギーを起こしにくいメリットもあります。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、 anlan ウォーターピーリング をご紹介していきます!

anlan ウォーターピーリング |仕様と特徴

45℃温熱+超音波ピーリング

anlan ウォーターピーリング は水を瞬時に温かいミスト状にして、洗顔で落としきれない汚れや角質をそぎ落とします。

EMS

anlan ウォーターピーリング のEMSmodeは微電流を流すことで、顔の筋肉に働きかけリフトアップや小顔効果を狙います。

イオン導入

anlan ウォーターピーリング のイオン導入modeは化粧水やマスクの美容成分をイオン化し、肌へより効果的に働きかけます。


超音波温熱技術

anlan ウォーターピーリング の温熱ケアでより深くマッサージができ、ハリや柔軟性があるなめらかな肌へ導きます。

お風呂で使える防水

anlan ウォーターピーリング は浸水はできませんが、IPX5防水技術で、湿気がある場所、お風呂しながら使用可能です。


さぶろぐ
さぶろぐ

仕様を把握したところで口コミをチェック

anlan ウォーターピーリング|口コミと評判

良い口コミ・評判

どれにするか迷いに迷って買った念願のウォーターピーリング 

顔の脂が初めて使って耳かきに半分ぐらい取れました!(◎_◎;)
そのあと化粧水で暖かくなる機能を使ったら肌色がピンクになりました。

朝、顔を洗うとつるつるで肌色もワントーン上がってる気がして

ニコニコです。

Amazonより引用

自分用に買ったのですが、夫が使いたがったため、一緒に使っています。
女性のレビューはたくさんあると思うので、男性の使った感じのレビューを書きます。
面白いくらい小鼻の角栓が取れました。
本人は昔から小鼻の角栓を気にしていたらしく、毛穴スッキリパックやオイルクレンジングなど色々使っていましたが、これが1番効果があるようです。
私が見ても使ったあとは鼻全体がトーンアップしています。

男性にもおすすめできる商品だと思います。

Amazonより引用

姉の誕生日プレゼントとして、美容好きな姉が喜んでくれるものを探していて、こちらを見つけたので購入しました。
早速使った感想を聞いたところ、使い心地はあたたかくて気持ちいいなという感じで、使い終わって顔に残った水が白くなっていて、こんなに汚れが詰まってたんだ!と実感したと言っていました。
そのあと普通にスキンケアをしたら化粧水がいつもより浸透する感じで、お肌がすべすべになって大満足だそうです!

Amazonより引用

anlan ウォーターピーリング の良い口コミや評判を見ていくと、汚れ落ちが良い、という声が多い印象。


超音波ピーラーが汚れ落ちが良くて、使用後濁った水を見て驚いたという声もありました。


使用感も電気のピリピリ感が無くて使いやすいようです。


さぶろぐ
さぶろぐ

お風呂で温まりながらゆっくり使える


悪い口コミ・評判

みんな良いレビュー書いてるけど私には全く使い物にならなかったです。
毛穴の汚れどころか皮脂すら取れず!暖かくもならず!いったい何分続けて使用すれば45度になるのか…。説明書も分かりにくいです。

Amazonより引用

他社製品では音しなかったけど、結構音がします。

機能的には問題ないですが。

Amazonより引用

anlan ウォーターピーリング の悪い口コミや評判を見ていくと、温まりが悪く汚れが取れない、という声がちらほらあります。

また、充電の残り残量が分からないので、突然使えなくなって困ったというコメントもありました。

さぶろぐ
さぶろぐ

汚れが落ちないという声も


anlan ウォーターピーリング|効果

Twitter@PC57481606さんの投稿

anlan ウォーターピーリング はクレンジングとリフトする効果が期待できます。

Twitter@tiny_lily_さんの投稿

anlan ウォーターピーリング は皮脂汚れを落としつるつるの肌に導きます。

Twitter@mamii7326namiさんの投稿

anlan ウォーターピーリング|使い方

効果的な使い方

肌を濡らす

全てのmodeに共通して必ず肌が濡れている状態で行ってください。

電源を入れ、お好みのmodeを選択

anlan ウォーターピーリング の電源ボタンを押しお好みのmodeを選択し、内側から外側へ鼻→顎→口回り→頬の順にピールします。

終了

anlan ウォーターピーリング の電源ボタンを長押しして電源を落とし、水洗いし綺麗にして終了です。

使用頻度

anlan ウォーターピーリング は1週間に2回程が目安でやりすぎないようにご注意ください

向き

anlan ウォーターピーリングは電源ボタンを内側にして の汚れを落とすmodeを使う時は下から、イオン導入modeを使う時は下から上へ向けて使用します。

モード

anlan ウォーターピーリング のmode選択は電源ボタンを数回押します。

anlan ウォーターピーリング|おすすめの種類比較

防水+温感タイプ

anlan ウォーターピーリング 6役をこなすタイプは、防水性能と温感モードを備えています。

ダブルヘッド搭載

anlan ウォーターピーリング のダブルヘッド搭載タイプは一回り小さいスモールタイプのヘッドがついていて 小鼻の際などのお手入れもしやすい です。

シンプル機能

anlan ウォーターピーリング の1役4役のシンプルタイプは、機能は最小限ですが、充電スタンド付きです使いやすいのが魅力です。

結局どれがおすすめ?

anlan ウォーターピーリング|よくある疑問

防水?

anlan ウォーターピーリング はIPX5の防水仕様ですが、完全防水ではないため浸水にご注意ください。

お風呂で使える?

anlan ウォーターピーリング はお風呂でご使用いただけます。

販売店はどこ?最安値は?

  • Amazon・・・4,980円(送料無料)
  • 楽天・・・5,988円(送料無料)
  • ヤフー・・7,976円(送料無料)

anlan ウォーターピーリング のARCPJ06-02最安値はAmazonです。

説明書

anlan ウォーターピーリング の説明書はネットに掲載されていません。

anlan ウォーターピーリング|メリットとデメリット

多機能ウォーターピーラー anlan ウォーターピーリング ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・音がうるさい
・完全防水じゃない
・充電の残りが分からない

メリット
・毛穴がすっきり洗える
・洗顔の残り汚れを除去
・顔筋を刺激できる
・美容成分の効果が高める
・お風呂でも使える
・使い方が簡単

・コスパが良い

さぶろぐ
さぶろぐ

毛穴汚れをスッキリそぎ落とす


anlan ウォーターピーリング|安く買うには?


Amazonって本当に便利ですが、なんとなく使っている方がほとんどなんですよね。

特にアマゾンギフト券でのポイント付与はあまり浸透してなくて、知らないうちに損してる方も多いはず。

初回限定で1000円貰えるキャンペーンも開催中なので、合わせてチェックしてみて下さい。

【1分でできる】アマゾンチャージで1000円分貰えるキャンペーン


anlan ウォーターピーリング|まとめ

anlan ウォーターピーリングを使用しだして毛穴の黒ずみや白い角栓汚れの悩みから解放されました


ニキビも減って黒ずんでいた肌がだんだん綺麗になっていくのが嬉しいです。


汚れ落ちはそこそこですが、使わないより使っていた方が肌が生き生きして見えるようです。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・毛穴汚れに悩んでいる
・角質がすぐ溜まる
・意識高い系で美容が好き
・話題のものを試したい
・化粧水の効果を高めたい
・お家時間が沢山ある


本日ご紹介した anlan ウォーターピーリング

anlan ウォーターピーリング に興味がある方は是非チェックしてみて下さい??

【口コミ】効果なし?? 美顔器 MEミニョンの使い方から評判まで徹底解説!!【口コミ】効果ない??ヤーマン フォトプラスの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】効果ある??ルメント アイケアプロの評判から使い方まで徹底解説!!【口コミ】anlan ウォーターピーリングの評判から使い方まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)